新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧シボレー コルベット【フルモデルチェンジ】 / navi

クルマニュース

シボレー コルベット【フルモデルチェンジ】 / navi

(2013/12/09)

シボレー コルベット【フルモデルチェンジ】|ニューモデル速報

伝統のV8エンジンや特徴的なデザインを進化させた第7世代のコルベットが発表された

レースの経験を基に開発されたハイパフォーマンススポーツ

シャシー、パワートレイン、フレーム構造などを全面刷新

新型では、剛性の高い軽量アルミフレームが採用された。さらに、カーボンファイバー製のエンジンフードや、取り外し可能なルーフパネルなどの軽量素材と最先端の製造技術によって、前後50:50の重量配分を実現。世界トップレベルのパワーウェイトレシオとなった。

ドライバーモードセレクターが採用されたこともトピックだ。ドライバーの好みや運転状況にあわせて「ウェザー」「エコ」「ツアー」「スポーツ」「トラック」の5モードが選択。シフトレバー横のダイアルで簡単に操作できる。

モードの変化に応じて、ステアリングやトラクションコントロールなど12種類の要素がオートで変化。メータークラスターの表示なども自動的に変更される。

歴代のDNAを継いだ機能的かつエレガントなエクステリア

ル・マンで培われたエアロダイナミクスがフィードバックされたエクステリアは非常に機能的。新しいグリルやラジエーター、ボンネットベントが採用され、高速走行時におけるステアリングのレスポンスが向上した。

また、60年間受け継がれてきた伝統的なデザインを踏襲しつつ、エレガントさも強調されている。HIDヘッドランプや2灯式テールランプなどの特徴的なライトによって夜間でもその存在感が強くアピールされる。

インテリアでは、シートフレームに軽くて剛性も高いマグネシウムが採用され、スポーツ走行時でも、しっかり体をサポートしてくれる。さらに、ダイレクトな操作感を楽しめる小径ステアリングによって車との一体感が増している。

ディテールにもこだわりが見られる。アルミやカーボンなどの高品質な素材が随所に用いられ、シートやステアリングのステッチは緻密で丁寧なハンドメイドとなっている。

クーペとコンバーチブルをラインナップ

エンジンは、先端技術の粋を集めた新型6.2L V8OHVを採用。最高出力は、クーペ/コンバーチブル用は460ps、クーペZ51(ズィーフィフティーワン)/コンバーチブルZ51用は466psとなる。

エンジンには、アクティブ・フューエル・マネージメントという気筒休止システムが採用された。これによって、加速中はV8エンジンとして、クルージング時はV4として機能する。前述の「エコ」モードでは急加速しない限り、基本的にV4状態で走行する。ちなみに組み合わされるミッションは6ATと7MTとなる。

価格は、7MTのコルベットクーペの918万2000円から、6ATのコンバーチブルZ51の1159万円まで。発売はクーペ/クーペZ51が2014年4月12日から、コンバーチブル/コンバーチブルZ51は同年5月24日からとなる。

従来型から流用した部分はほとんどないものの、コルベットらしいロングノーズやジェット戦闘機を思わせるキャビンなどは健在だ

従来型から流用した部分はほとんどないものの、コルベットらしいロングノーズやジェット戦闘機を思わせるキャビンなどは健在だ

ドライブモードに応じてメーター表示も変化。トラックモードではラップタイマーなども表示される。ヘッドアップディスプレイも装備された

ドライブモードに応じてメーター表示も変化。トラックモードではラップタイマーなども表示される。ヘッドアップディスプレイも装備された

トランスミッションは6ATに加え、写真の7MTも用意される。手前にあるダイアルが走行モードを切り替えるドライブモードセレクターだ"

トランスミッションは6ATに加え、写真の7MTも用意される。手前にあるダイアルが走行モードを切り替えるドライブモードセレクターだ

刷新された6.2L V8OHVエンジン。新たに気筒休止システム「アクティブ・フューエル・マネージメント」が採用され、クルージング時には4気筒で走行する

刷新された6.2L V8OHVエンジン。新たに気筒休止システム「アクティブ・フューエル・マネージメント」が採用され、クルージング時には4気筒で走行する

グレードクーペクーペZ51
駆動方式FR
トランスミッション7MT6AT
全長×全幅×全高(mm)4495×1880×1230
ホイールベース(mm)2710
車両重量(kg)1580
乗車定員(人)2
エンジン種類V8OHV
総排気量(cc)6153
最高出力[kW(ps)rpm]339(460)/ -343(466)/ -
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]624(63.6)/ -630(64.2)/ -
JC08モード燃費(km/L)-
ガソリン種類/容量(L) - / -
車両本体価格(万円)918.21099.0
■発表日:平成25年12月5日 ■取り扱い:シボレー正規販売店
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 BMW 3シリーズ│ドライバーの心も濡れた路面もがっちりつかむ次世代スポーツセダン(2019/03/24)
【試乗】キャデラック XT5 クロスオーバー|欧州車に引けを取らない繊細なアメ車だった(2019/03/21)
【試乗】アウディ A5カブリオレ|優雅に風を流す美しい幌。随所にこだわりを感じる唯一無二のA5 カブリオレを試乗(2019/03/19)
【試乗】フォルクスワーゲン ポロ Rライン|大衆車ながら高い質感で走りも良い実益を兼ねたモデル(2019/03/19)
【雪上試乗】新型 三菱 デリカD:5|もはやミニバンということを忘れる走破性の高さだ!(2019/03/18)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼルツーリング|ボディ剛性がアップし足回りもしなやか! ついつい遠出したくなるようなコンパクトSUV(2019/03/15)
2
keep
【試乗】新型マツダ3(アクセラ)|素晴らしくマニアックな進化をしている! はっきりいって期待大だ!(2019/03/09)
3
up
【試乗】フォルクスワーゲン ポロ Rライン|大衆車ながら高い質感で走りも良い実益を兼ねたモデル(2019/03/19)
4
down
メルセデス・ベンツ 新型Aクラスに試乗。小型ハッチバックとしては決して安くない。だが車としてのバリューは価格以上だ(2019/02/17)
5
keep
【試乗】新型 スバル フォレスター|ハイブリッド車とガソリン車を豪雪地帯で乗り比べ!(2019/03/12)
6
up
【雪上試乗】新型 三菱 デリカD:5|もはやミニバンということを忘れる走破性の高さだ!(2019/03/18)
7
keep
【試乗】新型 トヨタ マークX “GRMN”|2019年モデルは限定350台! 国産最高峰のFR 4ドアスポーツセダンだ!(2019/02/22)
8
up
8ATとなったプジョー 3008 GT BlueHDiは、ディーゼルSUV市場の隠れた優等生だ(2019/01/06)
9
up
ホンダ 新型インサイトに試乗。スポーティセダンに生まれ変わり、走りも見た目もゆとりを手に入れた(2019/02/19)
10
keep
満を持してトヨタ スープラが復活!! 抜群の走行安定性と乗り心地に魅了される(2019/01/15)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027