新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧キャデラック CTS【フルモデルチェンジ】 / navi

クルマニュース

キャデラック CTS【フルモデルチェンジ】 / navi

(2013/12/11)

キャデラック CTS【フルモデルチェンジ】|ニューモデル速報

GMの高級ブランドであるキャデラックのミディアムラージセダン、CTSがフルモデルチェンジした

デザイン、ラグジュアリー、テクノロジーが大幅に進化

プロポーションで高級感を表現

新型では、プロポーションで高級感が表現された。より低く、より長く、よりスリムで美しく、かつ引き締まったボディとなった。

全長は従来型に比べて100mm延長。ルーフラインやフードライン、ウインドシールド基部は約25mm低く設定され、ロングノーズがより強調されている。

伝統の縦型ヘッドランプにはLEDがふんだんに使用され、個性の強いフロントフェイスとなっている。また、リアでは、キャデラックの象徴であるフィンを連想させる立体的な3層構造のテールランプが採用され、ひと目でCTSとわかるデザインとなった。

職人の手によって作られたインテリア

インテリアは、最新技術と職人の手によって仕上げられた装備の組み合わせで、ドライバー志向のコックピットに仕立てられている。

トリムには、サペリウッド(エントリーグレード)やカーボンファイバー(上級グレード)など厳選された素材が使用され、ハンドメイドのレザーシートが標準装備された。

さらに、効果的に吸音材と遮音材が使用され静粛性が向上。スマートフォンのように情報を表示しオーディオの操作ができる独自のインターフェイスCUE(キャデラック・ユーザー・エクスペリエンス)の採用によって利便性も高められている。

2Lの直4直噴ダウンサイジングターボを採用

ボディは、アルミ製ドアの採用などによって軽量化されただけでなく、重量配分にも考慮され前後50:50という理想的なバランスを実現している。ハンドリングと車内の快適さが向上した。

エンジンは軽量かつ高効率、フラットトルクを実現した2Lの直4直噴ターボを採用。最高出力276ps/最大トルク400N・mを発生させながら、バランスシャフトを備えることで振動を抑え、従来のV6エンジン並の滑らかな動きを可能にしている。

燃費性能も高く、米国での複合燃費では9.8km/Lを実現している。

モデルバリエーションは、装備の違いによる2モデル。エントリーグレードのラグジュアリーは599万円、上級グレードのエレガンスは699万円となる。なお、発売は2014年4月12日からとなる。

キャデラックを象徴するフィンを思い出させるテールランプは立体的な3層構造。前後ランプ類の華やかさはアメリカ車らしいデザインだ

キャデラックを象徴するフィンを思い出させるテールランプは立体的な3層構造。前後ランプ類の華やかさはアメリカ車らしいデザインだ

職人のハンドメイドによる本革シートを採用。フロントシートには、シートヒーターとベンチレーションが標準装備されている

職人のハンドメイドによる本革シートを採用。フロントシートには、シートヒーターとベンチレーションが標準装備されている

吸音材などの適材配置に加え、BOSE社と共同開発したアクティブノイズキャンセレーションにより高い静粛性が実現している

吸音材などの適材配置に加え、BOSE社と共同開発したアクティブノイズキャンセレーションにより高い静粛性が実現している

グレードラグジュアリーエレガンス
駆動方式FR
トランスミッション6AT
全長×全幅×全高(mm)4970×1840×1465
ホイールベース(mm)2910
車両重量(kg)16801700
乗車定員(人)5
エンジン種類直4DOHC+ターボ
総排気量(cc)1998
最高出力[kW(ps)rpm]203(276)/5500
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]400(40.8)/3000-4500
JC08モード燃費(km/L)-
ガソリン種類/容量(L) - / -
車両本体価格(万円)599.0699.0
■発表日:平成25年12月4日 ■取り扱い:キャデラック正規販売店
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ Eクラス|1.5L 4気筒エンジンを昇華させた、まぎれもないラグジュアリーモデル(2020/12/03)
【試乗】ボルボ 新型XC40リチャージプラグインハイブリッド T5 インスクリプション|電動化戦略第1弾における最後の1台が登場(2020/11/29)
美力を上げたモダンスポーツ JAGUAR F-TYPE CONVERTIBLE【Car as Art !】(2020/11/21)
【試乗】レクサス 新型LCコンバーチブル|待望のオープンが登場。優雅でエレガントな佇まいと走りが魅力(2020/11/18)
【試乗】アウディ 新型e-tronスポーツバック|満を持して日本のプレミアム電気自動車市場に登場したアウディのピュアEV(2020/11/17)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリスクロス|走破性も静粛性も乗り心地も良し! 価格以上のクオリティを実現したモデルだ(2020/11/02)
2
keep
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLB|見た目も走りもマッチョなプレミアムSUV(2020/10/25)
3
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLAクラス|メルセデスの名に恥じない上質さを進化させた「GL兄弟」の末っ子(2020/11/03)
4
keep
トヨタ アルテッツァ AS200 【プレイバック試乗記】(2008/09/19)
5
up
【試乗】新型トヨタ RAV4 PHV|306psは伊達じゃない! 販売が絶好調なのにも納得の性能を楽しめる(2020/10/29)
6
down
【試乗】新型 トヨタ ハリアー|価格と高級感がバランスし、デザインと走りがともに成熟(2020/08/30)
7
up
【試乗】マツダ MAZDA3ファストバックとミニ ミニ ジョン・クーパー・ワークス|和洋ハッチバックに乗って感じた、対極に思えるモデルでも共通点があるのだと(2020/08/11)
8
down
【試乗】レクサス 新型LCコンバーチブル|待望のオープンが登場。優雅でエレガントな佇まいと走りが魅力(2020/11/18)
9
keep
【試乗】ボルボ 新型XC40リチャージプラグインハイブリッド T5 インスクリプション|電動化戦略第1弾における最後の1台が登場(2020/11/29)
10
keep
【試乗】新型 日産 キックス|e-POWERの制御は素晴らしいが、インテリアの質感には課題が残る(2020/09/10)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027