新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ホンダ ヴェゼル【新型車】 / navi

クルマニュース

ホンダ ヴェゼル【新型車】 / navi

(2013/12/19)

ホンダ ヴェゼル【新型車】|ニューモデル速報

取り回しのよいボディサイズに車としての多面的価値を凝縮させた新モデルがホンダ ヴェゼルだ

新時代のスペシャリティーカーを目指した意欲作

コンセプトは「艶・Crossover」

ヴェゼルのコンセプトは「艶・Crossover(クロスオーバー)」。SUVの持つ力強さ・安心感や、ミニバンの快適性と使いやすさ、クーペのあでやかさなど、複数のボディタイプの長所を兼ね備えている。また、クラスやヒエラルキーといった概念が取り払われ、プレミアムな魅力とオールラウンドな使いやすさが追求された。

開発は、1970~90年代にかけて人気を博したスペシャリティーカーを目指して進められた。「必要かどうか」ではなく「魅力的な車とはなにか」を基準に、これまで高級車にしか採用されなかった技術が惜しみなく投入されている。

クロスオーバーデザインで仕立てられた内外装

エクステリアでは、SUVのような力強さとクーペのようなあでやかさが表現された。ボディの下部は、サイドに描かれた抑揚のあるラインと絶妙なタイヤ配置によって安定感と安心感が強調されている。ボディ上部は、前後を絞り込んだキャビンが特徴的だ。また、ノーズからルーフへとつながる伸びやかなラインによってスタイリッシュな雰囲気が演出されている。

フロントフェイスに、新型フィットに採用された新デザインアイデンティティ「ソリッドウイングフェース」が導入されたのもトピックだ。

インテリアでは、ハイデッキのセンターコンソールとドライバー側に傾けられたセンターパネルなどによって、クーペのようなコックピットとなっている。運転することへの期待が高まるドライバーズシートだ。

リアシートは、上級セダンと同等の座面長と最適化されたシートバックによって、快適な乗り心地が実現している。また、リアシートを立てた状態でゴルフバック3個を積載できるラゲージスペースや、様々なシーンに対応する多彩なシートアレンジ、各所に配された収納スペースなどで利便性も高い。

1.5Lのガソリンモデルと同ハイブリッドモデルを用意

ラインナップは、1.5L直4直噴ユニットにCVTを組み合わせたガソリン車と、同1.5L直4+モーターとツインクラッチの7速デュアルクラッチトランスミッションを組み合わせたハイブリッド車の2種類。駆動方式は基本的にはFFだが、グレードによって4WDも選択できる。

価格は、FF+ガソリンモデルのベーシックグレード「G」の187万円から、4WD+ハイブリッドの「HYBRID X Lパッケージ」の268万円までとなる。

ボディ上部はクーペの艶やかさを、下部はSUVの安心感や安定感を感じさせる「クロスオーバーデザイン」が採用されている

ボディ上部はクーペの艶やかさを、下部はSUVの安心感や安定感を感じさせる「クロスオーバーデザイン」が採用されている

ドライバー側に傾けられたセンターパネルなど、運転席はクーペのようなデザインを採用。また、職人によるステッチが施されたソフトパッドが配置されている

ドライバー側に傾けられたセンターパネルなど、運転席はクーペのようなデザインを採用。また、職人によるステッチが施されたソフトパッドが配置されている

後部座席は多彩なシートアレンジが可能ながらも、上級セダンなみの座面長などによって上質な座り心地を実現。利便性と快適さが両立している

後部座席は多彩なシートアレンジが可能ながらも、上級セダンなみの座面長などによって上質な座り心地を実現。利便性と快適さが両立している

パワートレインは、写真の1.5L+モーターに7速ツインクラッチを組み合わせたハイブリッドと、1.5L直4+CVTの2種類が用意される

パワートレインは、写真の1.5L+モーターに7速ツインクラッチを組み合わせたハイブリッドと、1.5L直4+CVTの2種類が用意される

グレードGGHYBRIDHYBRID X Lパッケージ
駆動方式FF4WDFF4WD
トランスミッションCVT7AT
全長×全幅×全高(mm)4295×1770×1605
ホイールベース(mm)2610
車両重量(kg)119012701380
乗車定員(人)5
エンジン種類直4DOHC直4DOHC+モーター
総排気量(cc)1496
最高出力[kW(ps)rpm]96(131)/660097(132)/6600+22(29.5)/1313-2000
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]155(15.8)/4600156(15.9)/4600+160(16.3)/0-1313
JC08モード燃費(km/L)20.619.027.021.6
ガソリン種類/容量(L)レギュラー/40
車両本体価格(万円)187.0208.0219.0268.0
■発表日:平成25年12月19日 ■取り扱い:ホンダカーズ
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】日産 ノート e-POWER/セレナ e-POWER/エクストレイル│コンディションの悪い雪の公道で見えた、モデルごとの得手不得手(2020/03/30)
【試乗】日産 フェアレディZ/GT-R/ノート e-POWER│思わずギリギリまで攻めたくなった! 低・中速域のコントロール性を雪上コースでテスト(2020/03/28)
【試乗】日産 NV350キャラバン/スカイライン│雪上でクルクル定常円旋回! 全く異なる2台を、ドリフト状態に持ち込みテスト(2020/03/25)
【試乗】日産 スカイライン400R/リーフe+/デイズ│雪上でのフルブレーキ&スラローム走行でわかった! モデルごとの車両制御性能の良しあし(2020/03/24)
【試乗】新型 ホンダ フィット│心地よさと走行性能を両立させ、先代より大幅な進化を感じる車だ(2020/03/18)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
up
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
down
【試乗】新型 ホンダ フィット│心地よさと走行性能を両立させ、先代より大幅な進化を感じる車だ(2020/03/18)
4
keep
【試乗】マツダ CX-8/CX-5/CX-30│まさかここまでとは! オフロード試乗でわかった、マツダSUVシリーズ真の実力(2020/02/28)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
keep
【試乗】日産 ノート e-POWER/セレナ e-POWER/エクストレイル│コンディションの悪い雪の公道で見えた、モデルごとの得手不得手(2020/03/30)
7
up
トヨタ アルテッツァ AS200 【プレイバック試乗記】(2008/09/19)
8
up
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
9
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
10
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027