新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧スズキ ハスラー【新型車】 / navi

クルマニュース

スズキ ハスラー【新型車】 / navi

(2013/12/24)

スズキ ハスラー【新型車】|ニューモデル速報

東京モーターショー2013のスズキブースで異彩を放っていた、ワゴンとSUVを融合させた新ジャンルの軽自動車、ハスラーが発売された

日常生活からアウトドアまで楽しめる軽クロスオーバー

軽ワゴン並みの室内空間とSUVのような悪路走破性を両立

ハスラーは、レジャーや買い物、ドライブなど様々なシーンで満足できる性能を目指し開発された車だ。ワゴンRのプラットフォームが採用され、Aピラーを立てるなどの工夫がなされた結果、体感的にも視覚的にも広々とした室内となった。

SUVのような高い悪路走破性も備えている。180mmという最低地上高(FF車)にはじまり、大径タイヤの装着や、フロントスタビライザーの採用などによって、クロスオーバーらしいドッシリとした乗り心地となっている。

デザインはSUVテイストで個性的!

エクステリアは、シルバー塗装の前後バンパーや黒のフェンダーアーチモールなどが装備され、SUVテイストあふれるデザインとなっている。さらに、立てられたAピラーや長くボクシー(箱型)なキャビンなどが、軽ワゴンとSUVを融合させたハスラー独自の個性をアピールしている。

インテリアは、カラーパネルをパイプでつないだインストルメントパネルなどで楽しさが演出されている。ドアトリムはインパネと同色のカラーパネルが用いられ、包み込むような安心感が表現された。

ユーティリティ性能も高く、収納装備が室内のあちこちに配された。テーブルに早変わりする助手席シートバックや、フルフラットにもできる多彩なシートアレンジが与えられたこともポイントだ。

ラゲージフロアには、汚れを拭き取りやすい素材が採用された。インパネに加えラゲージにも電源を供給できるアクセサリーソケットなど、SUVを意識した装備が備えられている。さらにアウトドアやレジャーに対応したアクセサリーも多数用意された。

新機能が盛り込まれた4WD仕様も用意

エンジンは、660ccのNAとターボがラインナップ。どちらのエンジンにも新アイドリングストップをはじめとするスズキグリーンテクノロジーが採用され、高い環境性能が与えられている。FFのNAエンジン&CVT仕様車では、JC08モード燃費29.2km/Lを達成。CVT車はすべてエコカー減税の対象となっている。

トランスミッションは、NAエンジン車はCVTか5MTの選択が可能。ターボ車はCVTのみとなる。駆動方式は、全グレードに2WDと4WDが用意された。なお、4WD車にはブレーキを操作しなくても約7km/hの一定速度で降坂できる「ヒルディセントコントロール」や、雪道やぬかるみなどでの発進をサポートする「グリップコントロール」などが採用された。どちらの装備も軽では初採用となる。

価格は、FFでNAエンジンを採用する5MTのベーシックグレード「A」の104万8950円から、4WD&ターボの組み合わせとなる「Xターボ」の157万6050円まで。

165/60R15サイズの大径タイヤを装着。黒のフェンダーアーチモールが装備されるなど、SUVテイストがデザインに盛り込まれた

165/60R15サイズの大径タイヤを装着。黒のフェンダーアーチモールが装備されるなど、SUVテイストがデザインに盛り込まれた

インテリアのコンセプトは「乗ってワクワク、使って楽しい」。ヘッドランプと同じモチーフでデザインされたエアコン吹き出し口など、遊び心が演出された

インテリアのコンセプトは「乗ってワクワク、使って楽しい」。ヘッドランプと同じモチーフでデザインされたエアコン吹き出し口など、遊び心が演出された

フルフラットになるなど、アウトドアレジャーでの使用を想定し、シートアレンジは非常に多彩。助手席は倒すことで簡易テーブルにもなる

フルフラットになるなど、アウトドアレジャーでの使用を想定し、シートアレンジは非常に多彩。助手席は倒すことで簡易テーブルにもなる

ラゲージスペースもレジャーでの使用が考慮されている。フロアには汚れを拭き取りやすい素材が採用され、アクセサリーソケットも備わっている

ラゲージスペースもレジャーでの使用が考慮されている。フロアには汚れを拭き取りやすい素材が採用され、アクセサリーソケットも備わっている

グレードAGGターボXターボ
駆動方式FF4WDFF4WD
トランスミッションCVT
全長×全幅×全高(mm)3395×1475×1665
ホイールベース(mm)2425
車両重量(kg)750840810870
乗車定員(人)4
エンジン種類直3DOHC直3DOHC+ターボ
総排気量(cc)658
最高出力[kW(ps)rpm]38(52)/600047(64)/6000
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]63(6.4)/400095(9.7)/3000
JC08モード燃費(km/L)26.028.026.825.0
ガソリン種類/容量(L)レギュラー/27
車両本体価格(万円)116.655133.455129.57157.605
■発表日:平成25年12月24日 ■取り扱い:スズキ店、アリーナ店
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
4
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
5
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
down
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
7
down
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
8
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
10
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027