新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧日産 エルグランド【マイナーチェンジ】 / navi

クルマニュース

日産 エルグランド【マイナーチェンジ】 / navi

(2014/01/15)

日産 エルグランド【マイナーチェンジ】|ニューモデル速報

日産のフラッグシップミニバンであるエルグランドがマイナーチェンジ。内外装のデザインが変更された

ビッグマイナーチェンジによって、さらに便利に、さらにカッコよく生まれ変わった

全周がクロームメッキで覆われたフロントグリルが特徴

今回のマイナーチェンジのポイントは、主に内外装の意匠が変更されたこと。エクステリアでは、「250XG」を除く全グレードでフロントフェイスなどのデザインが一新されている。

全周をクロームメッキで囲んだ大型のフロントグリルが採用され、押し出し感と高級感が演出された。また、LED化されたヘッドランプの周囲にはシグネチャーLEDポジションランプが配され“目ヂカラ”が強調された。

リアには新デザインのクリアコンビランプを採用。切削処理された専用の18インチアルミホイールも新たに与えられている。

室内の質感も向上した

インテリアでは、グレード毎に質感の向上が図られた。

上級グレードの「ハイウェイスター プレミアム」ではカラードクロームを配した専用のブラック木目を装備。さらに、精緻なステッチが施されたダイヤ型キルティングの本革シートが採用された「グランドブラックインテリア」も新たに設定されている。

新グレード「250ハイウェイスタープレミアム」の設定もトピックだ。2.5L車にも上級の3.5L車と同等のインテリアが選択できるグレードだ。

量販グレードの「ハイウェイスター」には、室内をダイナミックに演出するエボニー調の木目と質感を向上させたシートが採用された。メーターパネルにも手が加えられ、大型化された2眼メーターや、5インチのカラーディスプレイによる「アドバンスドドライブアシストディスプレイ」が装備されている。

ラゲージスペースの容量を拡大し、利便性が向上

3列目シートに240mmのスライド機能が追加された。これによって、3列目シートに人が座っていてもラゲージを拡大できるようになり、ゴルフバッグを6個積載できるなど、使い勝手が良くなった。

価格は、FFで2.5Lエンジンを採用する「250XG」の340万7250円から、4WDで3.5Lエンジンを採用する「350ハイウェイスタープレミアム」の547万2600円まで。全体的に価格は上がっている。

エクステリアでは前後のデザインが変更された。また、専用の18インチアルミホイールは切削加工が施されている

エクステリアでは前後のデザインが変更された。また、専用の18インチアルミホイールは切削加工が施されている

大型化された2眼メーターの中央には、車両情報を表示する5インチのカラー液晶ディスプレイが設置されている

大型化された2眼メーターの中央には、車両情報を表示する5インチのカラー液晶ディスプレイが設置されている

3列目シートにスライド機能が追加された。3列シート乗車時も必要に応じて、ラゲージスペースを拡大できるようになっている

3列目シートにスライド機能が追加された。3列シート乗車時も必要に応じて、ラゲージスペースを拡大できるようになっている

最上級グレードに設定されるダイヤ型キルティングが施された本革シート。プレミアムミニバンならではの、質感が高い装備だ

最上級グレードに設定されるダイヤ型キルティングが施された本革シート。プレミアムミニバンならではの、質感が高い装備だ

グレード250XG350ハイウェイスタープレミアム
駆動方式FF4WD
トランスミッションCVT
全長×全幅×全高(mm)4915×1850×18054945×1850×1815
ホイールベース(mm)3000
車両重量(kg)23502495
乗車定員(人)87
エンジン種類直4DOHCV6DOHC
総排気量(cc)24883498
最高出力[kW(ps)rpm]125(170)/5600206(280)/6400
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]245(25.0)/3900344(35.1)/4400
JC08モード燃費(km/L)10.89.0
ガソリン種類/容量(L)レギュラー/73プレミアム/73
車両本体価格(万円)340.725547.26
■発表日:平成26年1月15日 ■取り扱い:日産ディーラー
クリックでタグの選択
最新ニュース
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)
【試乗】新型 ミニ クラブマン ジョンクーパーワークス|初期のミニを思わせるエッセンスが取り入れられた最上位グレード(2020/02/13)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
7
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ Aクラスセダン|ハッチバックを凌駕する!? 小さなセダンがもつ大いなるゆとり(2020/01/28)
10
up
【試乗】新型 ダイハツ タント|凄いぞ、DNGA! 恐らく売れるのはカスタム。だが移動手段として優秀なのはNAだ(2019/08/27)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027