新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧日産 エルグランド【マイナーチェンジ】 / navi

クルマニュース

日産 エルグランド【マイナーチェンジ】 / navi

(2014/01/15)

日産 エルグランド【マイナーチェンジ】|ニューモデル速報

日産のフラッグシップミニバンであるエルグランドがマイナーチェンジ。内外装のデザインが変更された

ビッグマイナーチェンジによって、さらに便利に、さらにカッコよく生まれ変わった

全周がクロームメッキで覆われたフロントグリルが特徴

今回のマイナーチェンジのポイントは、主に内外装の意匠が変更されたこと。エクステリアでは、「250XG」を除く全グレードでフロントフェイスなどのデザインが一新されている。

全周をクロームメッキで囲んだ大型のフロントグリルが採用され、押し出し感と高級感が演出された。また、LED化されたヘッドランプの周囲にはシグネチャーLEDポジションランプが配され“目ヂカラ”が強調された。

リアには新デザインのクリアコンビランプを採用。切削処理された専用の18インチアルミホイールも新たに与えられている。

室内の質感も向上した

インテリアでは、グレード毎に質感の向上が図られた。

上級グレードの「ハイウェイスター プレミアム」ではカラードクロームを配した専用のブラック木目を装備。さらに、精緻なステッチが施されたダイヤ型キルティングの本革シートが採用された「グランドブラックインテリア」も新たに設定されている。

新グレード「250ハイウェイスタープレミアム」の設定もトピックだ。2.5L車にも上級の3.5L車と同等のインテリアが選択できるグレードだ。

量販グレードの「ハイウェイスター」には、室内をダイナミックに演出するエボニー調の木目と質感を向上させたシートが採用された。メーターパネルにも手が加えられ、大型化された2眼メーターや、5インチのカラーディスプレイによる「アドバンスドドライブアシストディスプレイ」が装備されている。

ラゲージスペースの容量を拡大し、利便性が向上

3列目シートに240mmのスライド機能が追加された。これによって、3列目シートに人が座っていてもラゲージを拡大できるようになり、ゴルフバッグを6個積載できるなど、使い勝手が良くなった。

価格は、FFで2.5Lエンジンを採用する「250XG」の340万7250円から、4WDで3.5Lエンジンを採用する「350ハイウェイスタープレミアム」の547万2600円まで。全体的に価格は上がっている。

エクステリアでは前後のデザインが変更された。また、専用の18インチアルミホイールは切削加工が施されている

エクステリアでは前後のデザインが変更された。また、専用の18インチアルミホイールは切削加工が施されている

大型化された2眼メーターの中央には、車両情報を表示する5インチのカラー液晶ディスプレイが設置されている

大型化された2眼メーターの中央には、車両情報を表示する5インチのカラー液晶ディスプレイが設置されている

3列目シートにスライド機能が追加された。3列シート乗車時も必要に応じて、ラゲージスペースを拡大できるようになっている

3列目シートにスライド機能が追加された。3列シート乗車時も必要に応じて、ラゲージスペースを拡大できるようになっている

最上級グレードに設定されるダイヤ型キルティングが施された本革シート。プレミアムミニバンならではの、質感が高い装備だ

最上級グレードに設定されるダイヤ型キルティングが施された本革シート。プレミアムミニバンならではの、質感が高い装備だ

グレード250XG350ハイウェイスタープレミアム
駆動方式FF4WD
トランスミッションCVT
全長×全幅×全高(mm)4915×1850×18054945×1850×1815
ホイールベース(mm)3000
車両重量(kg)23502495
乗車定員(人)87
エンジン種類直4DOHCV6DOHC
総排気量(cc)24883498
最高出力[kW(ps)rpm]125(170)/5600206(280)/6400
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]245(25.0)/3900344(35.1)/4400
JC08モード燃費(km/L)10.89.0
ガソリン種類/容量(L)レギュラー/73プレミアム/73
車両本体価格(万円)340.725547.26
■発表日:平成26年1月15日 ■取り扱い:日産ディーラー
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 日産 キックス|e-POWERの制御は素晴らしいが、インテリアの質感には課題が残る(2020/09/10)
【試乗】新型 ダイハツ タフト|ギア感あふれる見た目にふさわしい力強い走りの軽(2020/09/02)
【試乗】新型 トヨタ ハリアー|価格と高級感がバランスし、デザインと走りがともに成熟(2020/08/30)
【Car as Art !】メルセデス・ベンツ GLE 450 4MATIC Sports(2020/08/26)
【試乗】新型 三菱 eKクロススペース|外観とは裏腹な、しなやかな乗り心地に好感(2020/08/20)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 トヨタ ハリアー|価格と高級感がバランスし、デザインと走りがともに成熟(2020/08/30)
2
keep
【試乗】新型 アウディ SQ2│小さくても侮ることなかれ! 300馬力のエンジンは高いパフォーマンスを発揮する(2020/06/07)
3
keep
【試乗】ホンダ フリード+ クロスター│滑らかな走りと広々室内が魅力の1台(2020/04/29)
4
up
【試乗】新型 日産 キックス|e-POWERの制御は素晴らしいが、インテリアの質感には課題が残る(2020/09/10)
5
keep
【試乗】マツダ MAZDA3ファストバックとミニ ミニ ジョン・クーパー・ワークス|和洋ハッチバックに乗って感じた、対極に思えるモデルでも共通点があるのだと(2020/08/11)
6
up
【試乗】新型 日産 ルークス|競合スーパートールワゴンより確実に高い「質」を用意した1台(2020/08/17)
7
down
【試乗】トヨタ 86GR|新車価格にも納得のクオリティの高さ! さすがメーカーの息がかかったチューニングモデルだ(2020/07/11)
8
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス ガソリン&ハイブリッド│ボディ剛性と静粛性が高い! ついスポーティな走りがしたくなる(2020/05/30)
9
keep
【試乗】新型 ダイハツ タフト|ギア感あふれる見た目にふさわしい力強い走りの軽(2020/09/02)
10
up
トヨタ アルテッツァ AS200 【プレイバック試乗記】(2008/09/19)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027