新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧日産 ティアナ【フルモデルチェンジ】 / navi

クルマニュース

日産 ティアナ【フルモデルチェンジ】 / navi

(2014/01/20)

日産 ティアナ【フルモデルチェンジ】|ニューモデル速報

日本やアメリカ、中国などを中心に世界120ヵ国以上で年間60万台以上、販売された日産のミディアムラージサイズのセダン、ティアナがフルモデルチェンジした

モダンリビング、おもてなしに加え、走行性能も強化された3代目

目的地までの移動そのものを楽しめるセダンに

新型では、歴代モデルが築いてきた室内や乗り心地の良さはそのままに走りも楽しめるセダンへと進化。ティアナならではのセンスが表現されている。

まず、移動そのものを楽しむセダンを目標に走行性能の向上が図られている。新開発のリアマルチリンクサスペンションが採用され、快適な乗り心地と優れた操縦安定性が両立している。

また、コーナリング時の操舵性を向上させる「アクティブトレースコントロール」などの先進デバイスや、アラウンドビューモニター、車線逸脱警報のLDWなどの運転支援システムも採用された。

歴代モデルの魅力をさらに向上させた内外装

エクステリアでは、従来型が持っていた上質感に加え、フロントフェンダーから後方に流れる抑揚のあるキャラクターラインなどによって、走りを感じさせる躍動感が表現されている。また、存在感のあるフロントグリルや、鋭い眼光を感じさせるヘッドランプなど、フロントフェイスが大胆に洗練された。

インテリアは、2代目のコンセプトである「おもてなし」を継承しつつ快適性がさらに向上。無重力下での人の姿勢を参考に開発した「スパイナルサポート機能付シート」などが採用されている。

さらに全高を低めながらもサイドガラスを垂直に近い角度に立てることで充分なヘッドクリアランスを確保。前席の形状を最適化することで約10mmも広くなった後席ニールームなど、随所に工夫が凝らされ居住性が高められている。

パワートレインは1種類、装備の違いによる3グレードを用意

エンジンは、最高出力173ps/最大トルク234N・mを発生する2.5L直4DOHCを採用。組み合わされるトランスミッションは、燃費と加速性能を両立する新開発のエクストロニックCVTとなる。

また、走行抵抗の低減や、オルタネーター回生制御技術と電動パワーステアリングの採用などにより、従来型に対してJC08モード燃費は26%向上し14.4km/Lとなった。平成27年度燃費基準を達成している。

装備の違いによる3グレードが用意され、価格はベーシックグレード「XE」の242万9700円から、レザーシートなどが備わる最上級グレード「XV」の304万5000円までとなる。

エクステリアでは躍動感とスピード感が表現された。コの字型のLEDリアコンビネーションランプがシャープさを強調している

エクステリアでは躍動感とスピード感が表現された。コの字型のLEDリアコンビネーションランプがシャープさを強調している

奥行きを感じさせるアドバンスドドライブアシストディスプレイとファインビジョンメーターが組み合わされたメーターパネル

奥行きを感じさせるアドバンスドドライブアシストディスプレイとファインビジョンメーターが組み合わされたメーターパネル

中折れ形状のスパイナルサポート機能付シートによってロングドライブでも快適。さらに助手席にはオットマンも用意される

中折れ形状のスパイナルサポート機能付シートによってロングドライブでも快適。さらに助手席にはオットマンも用意される

2.5L直4エンジンは燃焼効率や排気効率の改善などにより中低速のトルクが厚くなった。JC08モード燃費も従来型比+26%向上している

2.5L直4エンジンは燃焼効率や排気効率の改善などにより中低速のトルクが厚くなった。JC08モード燃費も従来型比+26%向上している

グレードXEXV
駆動方式FF
トランスミッションCVT
全長×全幅×全高(mm)4880×1830×1470
ホイールベース(mm)2775
車両重量(kg)14601470
乗車定員(人)5
エンジン種類直4DOHC
総排気量(cc)2488
最高出力[kW(ps)rpm]127(173)/6000
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]234(23.9)/4000
JC08モード燃費(km/L)14.4
ガソリン種類/容量(L)レギュラー/65
車両本体価格(万円)242.97304.5
■発表日:平成26年1月20日 ■取り扱い:日産ディーラー
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLCクーペ|力強い体躯を軽快にコントロールする新エンジン(2020/02/27)
【試乗】新型 スカイライン 400R|国産らしさをしっかり残した、職人の仕事場のようなモデルだ(2020/02/25)
【試乗】新型 ボルボ S60 T6 ツインエンジン AWD インスクリプション|モーターとエンジンが違和感なく調和して乗りやすい(2020/02/25)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
up
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
down
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
7
keep
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
8
down
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
9
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
10
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027