新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧トヨタ ヴォクシー/ノア【フルモデルチェンジ】 / navi

クルマニュース

トヨタ ヴォクシー/ノア【フルモデルチェンジ】 / navi

(2014/01/20)

トヨタ ヴォクシー/ノア【フルモデルチェンジ】(写真はヴォクシー)|ニューモデル速報

5ナンバーサイズの人気ミニバンであるトヨタ ヴォクシー/ノアがフルモデルチェンジ。新たにハイブリッドモデルも投入された

ハイブリッドモデルを追加したスペースミニバン

「子育てファミリーの絆をより強くする」を目標に開発

新型では「Spacious FUN Box~家族の夢を丸ごと載せるFun,Utility,Nenpiの良いハコ」がコンセプトに掲げられた。

変更の大きなポイントは3つある。1つ目はデザインだ。広くて使いやすい箱型の魅力を追求しながらエモーショナルさを両立したデザインとなった。

2つ目は、新開発の低床フラットフロアによって大幅に向上した室内の広さと乗降性。そして3つ目は、本格ハイブリッドモデルの投入と、大きく高められたガソリン車の燃費性能だ。

それぞれのキャラクターをよりいっそう強調

エクステリアは両モデルともエアロボディのワイド&ローのスタイルで、スポーティさやダイナミズムが表現されている。より迫力のあるデザインとなった。

もちろん従来モデルと同様に、ヴォクシーとノアで差別化が図られている。ヴォクシーはヘッドランプと連続する上下二段構成のフロントマスクなどによって独自性を強調。クールさや大胆さが表現されている。

ノアでは、ミニバンの親近感と誠実さが表現されている。特徴的なのはアンダーグリルと連続する大きなフロントグリルだ。ダークグレーメタリック塗装の横バーの中にメッキモールが配置されている。全体として堂々とした佇まいが印象的だ。

インテリアでは、インストルメントパネルのデザインが変更された。広さと見晴らしの良さが追求されている。また、フロントサイドのガラスも大型化され、従来型よりベルトラインも60mm下げられている。

ミニバンとしての利便性も向上した。床下収納スペースはさらに容量を拡大。高さのある物やスーツケースなどの収納に便利だ。室内でも助手席大型オープントレイをはじめ多彩な収納スペースが設置されている。

新たにハイブリッドモデルを投入

注目は新たにハイブリッドモデルが投入されたこと。システムは、1.8Lのアトキンソンサイクルユニットにモーターを組み合わせたもの。JC08モード燃費で23.8km/Lを達成している。

ガソリンエンジンも、低燃費と高出力を両立するバルブマチックの進化や、可変バルブ機構のデュアルVVT-iの作動領域の拡大などによって、FFの一部グレードではクラストップのJC08モード燃費16.0km/Lとなった。

価格は、FFでガソリンモデルのエントリーグレード「ヴォクシー X “C Package”/ノア X “V Package”」の218万円から、ハイブリッドの「ヴォクシー ハイブリッド V/ノア ハイブリッド G」の297万円まで。なお、発売はガソリンモデルが1月25日から、ハイブリッド車が2月24日からとなる。

写真はノア。大胆さを前面に打ち出したヴォクシーに比べ、王道的なスタイルとなっている。堂々とした佇まいが魅力的だ

写真はノア。大胆さを前面に打ち出したヴォクシーに比べ、王道的なスタイルとなっている。堂々とした佇まいが魅力的だ

メーター類が運転席前に配置されるとともにメーターフードが低く抑えられたことで、より見晴らしが良くなっている

メーター類が運転席前に配置されるとともにメーターフードが低く抑えられたことで、より見晴らしが良くなっている

最大のトピックはハイブリッドモデルがラインナップされたこと。写真はハイブリッド車専用のシステムインジケーターだ

最大のトピックはハイブリッドモデルがラインナップされたこと。写真はハイブリッド車専用のシステムインジケーターだ

グレードヴォクシー X “C Package”/ノア X“V Package”ヴォクシーZS/ノア Siヴォクシー ハイブリッド V/ノア ハイブリッド G
駆動方式FF4WDFF
トランスミッションCVT
全長×全幅×全高(mm)4695×1695×18254710×1730×18704695×1695×1825
ホイールベース(mm)2850
車両重量(kg)200021202005
乗車定員(人)87
エンジン種類直4DOHC直4DOHC+モーター
総排気量(cc)19861797
最高出力[kW(ps)rpm]112(152)/610073(99)/5200+60(82)
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]193(19.7)/3800142(14.5)/4000+207(21.1)
JC08モード燃費(km/L)14.614.823.8
ガソリン種類/容量(L)レギュラー/55
車両本体価格(万円)218.0275.94297.0
■発表日:平成26年1月20日 ■取り扱い:ヴォクシー:ネッツ店/ノア:カローラ店
クリックでタグの選択
最新ニュース
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)
【試乗】新型 ミニ クラブマン ジョンクーパーワークス|初期のミニを思わせるエッセンスが取り入れられた最上位グレード(2020/02/13)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
7
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ Aクラスセダン|ハッチバックを凌駕する!? 小さなセダンがもつ大いなるゆとり(2020/01/28)
10
up
【試乗】新型 ダイハツ タント|凄いぞ、DNGA! 恐らく売れるのはカスタム。だが移動手段として優秀なのはNAだ(2019/08/27)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027