新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧トヨタ 86ベースセダン【スクープ!】 / navi

クルマニュース

トヨタ 86ベースセダン【スクープ!】 / navi

(2014/01/21)

トヨタ 86ベースセダン予想イラスト|ニューモデル速報

世界中で歓迎をもって迎えられたトヨタ86/スバルBRZ。この2ドアスポーツクーペのコンポーネントを利用した4ドアセダンをトヨタが開発中だという

86ベースのセダンはマークXの後継車か

ボクサー4気筒+ハイブリッドも用意

なぜ86ベースのセダンを開発しているのか。それは、いくら人気車とはいえ86/BRZ用プラットフォームの開発費用を2ドアクーペ1車種で回収するのが難しいためだという。派生車の市場投入は、もはやトヨタにとって必須課題となっている。

同車の位置づけが曖昧でわかりにくいが、どうやらトヨタブランドのFRスポーツ4ドアセダンとしてリリースされるようだ。現在ラインナップされている車種で強いて挙げるなら、マークXに近いコンセプトとなる。

パワートレインは、FA20型2Lボクサー4にターボを加えたユニットが検討されている。ただし、レガシィやフォレスター、2014年春に発売されるレヴォーグなどに搭載されるものとは異なり、トヨタ独自のユニットになるだろう。トランスミッションには、FR用6速AT、または最新の8速ATが採用されるようだ。

さらに、もうひとつ隠しダマがある。ハイブリッドだ。トヨタ社内では、以前から86のボクサー4エンジンに1モーター式のシンプルなHV機構を組み合わせる実験が行われていた。この成果が86セダンに活かされる可能性がある。こちらもスバルXV ハイブリッドのものとは異なり、ハイブリッドの第一人者であるトヨタが独自開発したユニットになる。

なお、マークXは、86セダンほどの本格スポーツセダンではないとはいえキャラが被る恐れがあるため、File No.137でお伝えしたプリウス派生スポーツに統合されるようだ。

※2014年1月21日現在における新型車の発表についての予測記事です。発表を保証するものではありません

写真はトヨタ 86。86セダンはホイールベースが100~150mmほど延長され、4ドアセダンとして必要とされる居住性が確保される

写真はトヨタ 86。86セダンはホイールベースが100~150mmほど延長され、4ドアセダンとして必要とされる居住性が確保される

86セダンとコンセプトが被るマークXは、プリウス派生のスポーツセダンに統合され、FF方式に生まれ変わるようだ

86セダンとコンセプトが被るマークXは、プリウス派生のスポーツセダンに統合され、FF方式に生まれ変わるようだ

予想発表時期2016年以降
全長×全幅×全高4400×1795×1350(mm)
搭載エンジン2L 水平対向4+ターボほか
■Photo&Text/マガジンX編集部
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
4
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
5
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
7
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
8
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
10
up
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027