新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧レクサス CT【マイナーチェンジ】 / navi

クルマニュース

レクサス CT【マイナーチェンジ】 / navi

(2014/01/27)

レクサス CT【マイナーチェンジ】|ニューモデル速報

レクサスのハイブリッド専用プレミアムコンパクトモデル、CT200hがマイナーチェンジした

スタイルがダイナミックになった

レクサス共通のスピンドルグリルを採用

今回のマイナーチェンジでは、デザインに大きく手が加えられた。エクステリアでは、レクサス共通のスピンドルグリルやワイド感を強調したフロントバンパーなどが採用されている。

リアデザインでは、踏ん張り感のあるバンパーへと変更され、新デザインのホイールの採用などと相まって、ダイナミックかつスポーティなスタイリングになった。

インテリアでは、シートと内装色、オーナメントパネルの組み合わせが約80通りに拡大。シートには、本革に近い風合いと手触りを追求した合成皮革の「L TEX」が採用された。もちろんファブリックや本革シートも用意されている。

装備も充実した。ナビやオーディオの情報をメーター内に表示する「4.2インチTFTカラーマルチインフォメーションディスプレイ」の採用などによって利便性と快適性が向上している。

走りと乗り心地も追求

レクサスらしい俊敏な走りや上質な乗り心地もさらに追求された。吸・遮音材の改良などにより静粛性が向上。さらに、スポット溶接打点の追加などによってボディ剛性が強化され、ハンドリングのレスポンスも高められた。

空力性能も配慮されている。フロントピラーとリアコンビネーションランプにエアロスタビライジングフィンが、エンジンアンダーカバーなどに整流フィンが追加された。これらによって車両の安定性も向上している。

スポーティなF SPORTもラインナップ

モデルバリエーションは装備の違いによる4モデル。F SPORTには、メッシュタイプのスピンドルグリルやブラックルーフなど、レクサススポーツのエントリーモデルとしての専用装備が与えられている。

価格はエントリーモデルのCT200hの356万円からVersion Lの448万円までとなる。エントリーモデルの価格は据え置き。他モデルはプライスアップとなった。

レクサスCTのスポーツイメージを牽引するF SPORT。専用のブラックルーフや大型リアスポイラーなどが装備されている

レクサスCTのスポーツイメージを牽引するF SPORT。専用のブラックルーフや大型リアスポイラーなどが装備されている

SDカードを使ったナビシステムや4.2インチのカラーマルチインフォメーションディスプレイが採用されたメーターパネル。利便性が向上している

SDカードを使ったナビシステムや4.2インチのカラーマルチインフォメーションディスプレイが採用されたメーターパネル。利便性が向上している

シート地にはファブリックと本革に加え、本革のような風合いと手触りの合成皮革「L TEX」も用意された。内装は約80通りの組み合わせから選べる

シート地にはファブリックと本革に加え、本革のような風合いと手触りの合成皮革「L TEX」も用意された。内装は約80通りの組み合わせから選べる

グレードCT200hCT200h version L
駆動方式FF
トランスミッションCVT
全長×全幅×全高(mm)4350×1765×14504350×1765×1460
ホイールベース(mm)2600
車両重量(kg)13801440
乗車定員(人)5
エンジン種類直4DOHC+モーター
総排気量(cc)1797
最高出力[kW(ps)rpm]73(99)/5200+60(82)
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]142(14.5)/4000+207(21.1)
JC08モード燃費(km/L)30.426.6
ガソリン種類/容量(L)レギュラー/45
車両本体価格(万円)356.0448.0
■発表日:平成26年1月16日 ■取り扱い:レクサス店
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
4
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
5
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
down
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
7
down
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
8
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
10
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027