新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧【フォトレポート】日産 エルグランド【マイナーチェンジ】 / navi

クルマニュース

【フォトレポート】日産 エルグランド【マイナーチェンジ】 / navi

(2014/02/14)

日産 エルグランド【マイナーチェンジ】|ニューモデル速報

2014年1月15日にビッグマイナーチェンジした日産 エルグランド。エントリーグレードの250XGを除き、内外装のデザインが大きく変更された。特に、2.5Lモデルが追加された上級グレードの「ハイウェイスター プレミアム」はより質感が高められている。その“進化”を写真でチェックしていこう。

「キング・オブ・ミニバン」奪還に向けて、より便利に、よりスタイリッシュにパワーアップ

エクステリアにおける最大の変更点は、この一体型のフロントグリル&フロントバンパーだ。大型化されたグリルの外周にはクロームメッキが施されており、押し出し感と高級感が高められた

エクステリアにおける最大の変更点は、この一体型のフロントグリル&フロントバンパーだ。大型化されたグリルの外周にはクロームメッキが施されており、押し出し感と高級感が高められた

ヘッドランプも一新された。ランプがLED化されただけでなく、ランプ周辺に「シグネチャーLEDポジションランプ」が配置され“目ヂカラ”が強調されたデザインとなっている

ヘッドランプも一新された。ランプがLED化されただけでなく、ランプ周辺に「シグネチャーLEDポジションランプ」が配置され“目ヂカラ”が強調されたデザインとなっている

ハイウェイスター専用の18インチアルミホイールにはマルチスポークデザインを採用。切削処理も施され、足元も高級感とラグジュアリーさが際立っている。なお、250XGのフロントフェイスとホイールは従来のままだ

ハイウェイスター専用の18インチアルミホイールにはマルチスポークデザインを採用。切削処理も施され、足元も高級感とラグジュアリーさが際立っている。なお、250XGのフロントフェイスとホイールは従来のままだ

リアコンビネーションランプも変更されている。これまでは横一文字の赤いランプだったが、新たにクリアテールランプが採用され、より洗練されたデザインとなった

リアコンビネーションランプも変更されている。これまでは横一文字の赤いランプだったが、新たにクリアテールランプが採用され、より洗練されたデザインとなった

ハイウェイスター プレミアムでは、カラードクロームを配したブラック木目の専用フィニッシャーが装備された。さらに、ダイヤ型キルティングの本革シートを含む「グランドブラックインテリア」が設定されている

ハイウェイスター プレミアムでは、カラードクロームを配したブラック木目の専用フィニッシャーが装備された。さらに、ダイヤ型キルティングの本革シートを含む「グランドブラックインテリア」が設定されている

メーターパネルは3眼式から大型の2眼メーターへと変更された。中央には5インチのカラー液晶ディスプレイ「アドバンスドドライブアシストディスプレイ」が設置され、車両情報や航続可能距離などを確認できる

メーターパネルは3眼式から大型の2眼メーターへと変更された。中央には5インチのカラー液晶ディスプレイ「アドバンスドドライブアシストディスプレイ」が設置され、車両情報や航続可能距離などを確認できる

全車に「クルーズコントロール」が標準装備されたのもトピック。さらに、グレード別に「踏み間違い衝突防止アシスト」や、MOD(移動物検知)機能を搭載した「アラウンドビューモニター」などの先進装備も用意されている

全車に「クルーズコントロール」が標準装備されたのもトピック。さらに、グレード別に「踏み間違い衝突防止アシスト」や、MOD(移動物検知)機能を搭載した「アラウンドビューモニター」などの先進装備も用意されている

サンルーフ装着車を除き室内高が25mm高くなり、車内がより広くなった。特に前席はヘッドクリアランスが20mmも拡大されており開放感が増している。結果、ウォークスルーをはじめ室内での移動もしやすくなった

サンルーフ装着車を除き室内高が25mm高くなり、車内がより広くなった。特に前席はヘッドクリアランスが20mmも拡大されており開放感が増している。結果、ウォークスルーをはじめ室内での移動もしやすくなった

3列目シートに240mmのスライド機能が追加されている。これによって、3列目シートに人が座っていてもラゲージを拡大できるようになった。もちろん3列目を倒してさらにラゲージを広げることも可能だ

3列目シートに240mmのスライド機能が追加されている。これによって、3列目シートに人が座っていてもラゲージを拡大できるようになった。もちろん3列目を倒してさらにラゲージを広げることも可能だ

フロアに合わせたラゲージボードが採用された。ボードを開けてアンダーボックスを利用すれば長尺物も収納可能だ。積載能力は非常に高く、9インチのゴルフバッグを最大6セットまで載せることができる

フロアに合わせたラゲージボードが採用された。ボードを開けてアンダーボックスを利用すれば長尺物も収納可能だ。積載能力は非常に高く、9インチのゴルフバッグを最大6セットまで載せることができる

クリックでタグの選択
最新ニュース
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)
【試乗】新型 ミニ クラブマン ジョンクーパーワークス|初期のミニを思わせるエッセンスが取り入れられた最上位グレード(2020/02/13)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
7
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ Aクラスセダン|ハッチバックを凌駕する!? 小さなセダンがもつ大いなるゆとり(2020/01/28)
10
up
【試乗】新型 ダイハツ タント|凄いぞ、DNGA! 恐らく売れるのはカスタム。だが移動手段として優秀なのはNAだ(2019/08/27)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027