新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧日産 デイズ ルークス【新型車】 / navi

クルマニュース

日産 デイズ ルークス【新型車】 / navi

(2014/02/24)

日産 デイズルークス【新型車】|ニューモデル速報

日産と三菱との合弁会社NMKVによる軽自動車、デイズシリーズの第2弾がデイズ ルークス。全高が高く広い室内を持つスーパーハイト軽ワゴンだ。なお、デイズ ルークスは、三菱 eKスペースの兄弟車に当たる。

デイズシリーズの第2弾は軽スーパーハイトワゴン

先進利便装備と高い環境性能を獲得

デイズ ルークスは、スーパーハイト軽ワゴンならではの広さと使い勝手を両立したモデル。また、車両周囲を上から見下ろしたような映像を映し出すアラウンドビューモニターなど、デイズで好評の最新装備が数多く採用されている。

軽量ボディや高効率な副変速機付エクストロニックCVT、アイドリングストップの採用などによる環境性能の高さもポイントだ。

さらに、減速時にオルタネーターで発電しニッケル水素電池にためた電力を電装品に使用することでガソリン消費を抑える独自のバッテリーアシストも装備されている。

これらにより、660ccのNAエンジン車(2WD)のJC08モード燃費は26.0km/Lを実現。NA、ターボともに免税・減税対象となっている。

躍動感と広さが演出された外装、上質なインテリア

エクステリアは、ウエストラインの低いグラスラウンドキャビンの採用で、外から見ても室内の広さを感じさせるデザインとなっている。

インテリアは、大きなウインドウやすっきりしたインパネデザインなどにより、明るさ、開放感が演出されている。シートのデザインもクロスの張り分けラインを横向きにすることで、室内の広さを強調している。

後席の快適性も高められた。空気循環のためのリアシーリングファンが天井に設置されており、ロールサンシェイドとの組み合わせで体感温度で室温が4度も低く感じられるという。

室内高はクラストップの1400mm。子供の着替え、高さのある荷物の積み降ろしなど様々なシーンに対応できる。また、ロングスライドするリアシートは、運転席から後席のチャイルドシートに座っている子供の顔にも手が届くくらい前席に近づけることも可能だ。

ノーマルモデルとハイウェイスターを用意

前述のとおり、エンジンは660ccのNAとスポーティなハイウェイスターにターボも用意される。

価格はNAエンジンで2WDのエントリーモデルである「S」の124万50円から、ターボエンジン+4WDの「ハイウェイスター ターボ」の185万2200円までとなる。

2本のキャラクターラインがボディの厚みと勢いを表現。スライドドア後部でウエストラインがキックアップする「シュプールライン」が特徴的だ

2本のキャラクターラインがボディの厚みと勢いを表現。スライドドア後部でウエストラインがキックアップする「シュプールライン」が特徴的だ

ルーフを高くしピラーを細くしたことで、前方や右左折時の視界の広さを獲得。開放感のあるワイドビューが実現された

ルーフを高くしピラーを細くしたことで、前方や右左折時の視界の広さを獲得。開放感のあるワイドビューが実現された

クラス最大の室内高1400mmを実現し、利便性は高い。後席の天井には、空気を循環させるリアシーリングファンを装備している

クラス最大の室内高1400mmを実現し、利便性は高い。後席の天井には、空気を循環させるリアシーリングファンを装備している

エンジンは、デイズと同様の660ccのNA(写真)とターボ。いずれも高い環境性能を実現し、免税・減税対象となっている

エンジンは、デイズと同様の660ccのNA(写真)とターボ。いずれも高い環境性能を実現し、免税・減税対象となっている

グレードSハイウェイスターX Gパッケージハイウェイスター ターボ
駆動方式FF4WD
トランスミッションCVT
全長×全幅×全高(mm)3395×1475×1775
ホイールベース(mm)2430
車両重量(kg)9209501000
乗車定員(人)4
エンジン種類直3DOHC直3DOHC+ターボ
総排気量(cc)659
最高出力[kW(ps)rpm]36(49)/650047(64)/6000
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]56(6.0)/500098(10.0)/3000
JC08モード燃費(km/L)26.020.8
ガソリン種類/容量(L)レギュラー/30
車両本体価格(万円)124.005159.495185.22
■発表日:平成26年2月13日 ■取り扱い:日産ディーラー
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
4
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
5
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
7
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
8
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
10
up
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027