新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧三菱 eKスペース【新型車】 / navi

クルマニュース

三菱 eKスペース【新型車】 / navi

(2014/02/25)

三菱 eKスペース|ニューモデル速報

三菱の人気軽自動車、eKワゴンおよびeKカスタムに続くeKシリーズ第2弾としてスーパーハイトワゴンのeKスペースが投入された。

三菱が満を持して投入したスーパーハイトワゴン

「思いやり機能」が車で過ごす時間をサポート

eKスペースは日産自動車との合弁会社NMKVが手がけたモデル。日産 デイズ ルークスとは兄弟車となる。

最大の特徴は、車内の時間をより快適にする「33の思いやり機能」が採用されたこと。例えば、シフトレバーをR(後退)に入れると車両後方の映像をルームミラー内のモニターに映す「リアビューモニター付ルームミラー」を標準装備。ほかにも、室内の空気を循環させるリアサーキュレーターや、リアドアガラスのロールサンシェード、助手席背面に折りたたみ式の「助手席シートバックテーブル」などが採用されている。

ノーマルとカスタム、2種類のモデルを用意

エクステリアは、フロントとリアが連続した大きなガラスエリアや上下2本のキャラクターラインなどにより、動きを感じさせるデザインとなっている。

カスタムモデルには、さらに大型フロントバンパー、リアスポイラー、サイドエアダム(ボディサイドの下端に付けられるエアロパーツ)を採用。ダイナミックなフォルムとなった。また、フロントフェイスは、縦基調のグリルやLEDポジションランプとHIDヘッドライトなどにより、力強さと存在感が強調されている。

インテリアでは、後席の快適性が高められたことがトピック。室内高はクラストップの1400mmで、子供の着替え、高さのある荷物の積み降ろしなど様々なシーンに対応できる。また、ロングスライドするリアシートは、運転席から後席のチャイルドシートに座る子供の世話も可能だ。

高い環境性能が与えられた

エンジンは660ccのNAで、カスタムにはターボも用意。低燃費で高性能な小型・軽量の新世代MIVECユニットで、高効率なCVTが組み合わせられる。

価格はNAエンジンで2WDのエントリーモデルである「E」の122万4300円から、ターボエンジン+4WDの「カスタム T」の177万5550円までとなる。

上下2本のキャラクターラインが、モダンで動きのある印象を演出。スライドドア後部でキックアップしたウエストラインも特徴的だ

上下2本のキャラクターラインが、モダンで動きのある印象を演出。スライドドア後部でキックアップしたウエストラインも特徴的だ

ルーフを高くし、ピラーを細くしたことで、前方や右左折時の視界の広さを獲得。開放感のあるワイドビューとなっている

ルーフを高くし、ピラーを細くしたことで、前方や右左折時の視界の広さを獲得。開放感のあるワイドビューとなっている

クラス最大の室内高1400mmを実現し、利便性も高い。また、後席天井には空気を循環させるリアサーキュレーターが採用されている

クラス最大の室内高1400mmを実現し、利便性も高い。また、後席天井には空気を循環させるリアサーキュレーターが採用されている

縦基調のグリル、LEDポジションランプとHIDヘッドライトが与えられ、力強いフロントフェイスとなったカスタム

縦基調のグリル、LEDポジションランプとHIDヘッドライトが与えられ、力強いフロントフェイスとなったカスタム

グレードEカスタム Gカスタム T
駆動方式FF4WD
トランスミッションCVT
全長×全幅×全高(mm)3395×1475×1775
ホイールベース(mm)2430
車両重量(kg)9209401000
乗車定員(人)4
エンジン種類直3DOHC直3DOHC+ターボ
総排気量(cc)659
最高出力[kW(ps)rpm]36(49)/650047(64)/6000
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]56(6.0)/500098(10.0)/3000
JC08モード燃費(km/L)26.020.8
ガソリン種類/容量(L)レギュラー/30
車両本体価格(万円)122.43152.145177.555
■発表日:平成26年2月13日 ■取り扱い:三菱モータース
クリックでタグの選択
最新ニュース
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)
【試乗】新型 ミニ クラブマン ジョンクーパーワークス|初期のミニを思わせるエッセンスが取り入れられた最上位グレード(2020/02/13)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
7
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ Aクラスセダン|ハッチバックを凌駕する!? 小さなセダンがもつ大いなるゆとり(2020/01/28)
10
up
【試乗】新型 ダイハツ タント|凄いぞ、DNGA! 恐らく売れるのはカスタム。だが移動手段として優秀なのはNAだ(2019/08/27)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027