新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧BMW 2シリーズクーペ【新型車】 / navi

クルマニュース

BMW 2シリーズクーペ【新型車】 / navi

(2014/03/18)

BMW 2シリーズクーペ

BMWから新たなプレミアムコンパクトモデル、2シリーズクーペが発売された。

伝説の「02シリーズ」の系譜を継ぐ2ドアクーペ

BMWによる新たなシリーズ展開

2シリーズクーペは1966年に登場した「02シリーズ」の系譜を継ぐモデル。プレミアムコンパクトセグメントの新たなベンチマークとなるべく開発された。

同時に、1シリーズクーペの後継モデルでもある。3シリーズからクーペモデルが4シリーズクーペとして独立したのと同様に、2ドアモデルが1シリーズから独立し新シリーズとして誕生。スポーティで美しいデザインと優れた運動性能を備え、1シリーズと異なった個性が与えられている。

ダイナミックでスタイリッシュなデザイン

2シリーズクーペの最大の特徴は、エクステリアだ。ワイドで逞しいボディと、サイドに流れる躍動的なキャラクターラインが、筋肉質なアスリートのようなダイナミックさが表現されている。

BMWの象徴であるキドニーグリルと丸型4灯ヘッドライトによって、スポーティでスタイリッシュなフロントフェイスとなっている。またサイドビューもBMWの伝統に則って、ショートオーバーハング、ロングホイールベース、流れるようなルーフラインによる美しいプロポーションが与えられた。

インテリアでは、複数のラインやサーフェス(面)を重ねて視覚的に空間を分ける「レイヤリング」というデザイン手法が採用されている。空間の広がりを強調するとともに、モダンな雰囲気が演出された。

スポーティなハンドリングと、優れた環境性能を両立

クーペならではの走りも追求されている。現行モデルではプレミアムコンパクトセグメント唯一の後輪駆動であり、約50:50の前後重量配分とワイドトレッドにより、俊敏なハンドリング性能が実現された。

エンジンは最高出力184ps/最大トルク270N・mを発生する2Lの直4ターボ。組み合わされるトランスミッションは高効率な8ATとなる。さらに、アイドリングストップ機構の「エンジンオートスタート/ストップ機能」や、低燃費走行をサポートする「ECO PROモード」が採用され、JC08モード燃費16.7km/Lを達成している。

BMW M社によるハイパフォーマンスモデル、M235iも用意された。M社がチューンした最高出力326ps/最大トルク450N・mを発生する3L 直6ターボを搭載。サスペンション、ブレーキなども専用のセッティングが施されている。こちらには、8ATに加え6MT仕様もラインナップされる。

車両本体価格は「220iクーペSport」の444万円から、8AT仕様の「M235i クーペ」の598万円までとなる(価格は消費税5%で計算)。

BMWが求める完璧なプロポーションが実現されている。また、空気抵抗の低減に貢献する「エアカーテン」が採用されるなど、空力性能も追求された

BMWが求める完璧なプロポーションが実現されている。また、空気抵抗の低減に貢献する「エアカーテン」が採用されるなど、空力性能も追求された

ドライバー中心のコックピット。センターコンソールは運転席側に向けてわずかに傾けられており、重要な操作系がドライバーの手が届く範囲に配置されている

ドライバー中心のコックピット。センターコンソールは運転席側に向けてわずかに傾けられており、重要な操作系がドライバーの手が届く範囲に配置されている

インテリアでは、電動調節式のサイドサポートが備わるスポーツシートを装備するなど、クーペらしいスポーティさが表現されている

インテリアでは、電動調節式のサイドサポートが備わるスポーツシートを装備するなど、クーペらしいスポーティさが表現されている

独自のiDriveナビゲーションを標準装備。地図の拡大/縮小や文字入力が指で可能なタッチパッド付コントローラーが採用されている

独自のiDriveナビゲーションを標準装備。地図の拡大/縮小や文字入力が指で可能なタッチパッド付コントローラーが採用されている

グレード220i Sport220i M SportM235i Coupe
駆動方式FR
トランスミッション8AT6MT8AT
全長×全幅×全高(mm)4440×1775×14204470×1775×1410
ホイールベース(mm)2690
車両重量(kg)145015301550
乗車定員(人)4
エンジン種類直4DOHC+ターボ直6DOHC+ターボ
総排気量(cc)19972979
最高出力[kW(ps)rpm]135(184)/5000240(326)/5800
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]270(27.5)/1250-4500450(45.9)/1300-4500
JC08モード燃費(km/L)16.712.012.5
ガソリン種類/容量(L)プレミアム/52
車両本体価格(万円)444.0468.0584.0598.0
※車両本体価格は消費税5%で計算されています。登録が2014年4月1日以降の場合は、消費税率8%が適用されます
■発表日:平成26年2月26日 ■取り扱い:BMW正規ディーラー
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 アルピーヌ A110S │腕自慢に乗ってほしい! 本場アルプスで鍛えられた、超ストイックなリアルスポーツカー(2020/05/22)
【試乗】新型 BMW X7|500km以上の道のりでも駆けぬける歓びが絶えず湧き上がるラグジュアリーSUV(2020/05/18)
【試乗】ポルシェ パナメーラスポーツツーリスモ GTS│ワゴンながらその名に恥じない運動性能の高さがたまらない(2020/05/14)
【試乗】ホンダ フリード+ クロスター│滑らかな走りと広々室内が魅力の1台(2020/04/29)
【試乗】BMW 8シリーズグランクーペ M850i xドライブ│長距離は大得意! とにかくエレガントな4ドアクーペ(2020/04/28)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型トヨタ グランエース│後席が快適なことはもちろんドライバーにも気を利かせたモデル(2020/04/12)
3
up
【試乗】マツダ CX-8/CX-5/CX-30│まさかここまでとは! オフロード試乗でわかった、マツダSUVシリーズ真の実力(2020/02/28)
4
down
【試乗】ホンダ フリード+ クロスター│滑らかな走りと広々室内が魅力の1台(2020/04/29)
5
up
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
6
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
7
up
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
8
down
【試乗】新型 ホンダ N-WGN│室内広々、出だしは力強い! 街乗りにピッタリな1台(2020/04/18)
9
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLCクーペ|力強い体躯を軽快にコントロールする新エンジン(2020/02/27)
10
down
【試乗】ポルシェ パナメーラスポーツツーリスモ GTS│ワゴンながらその名に恥じない運動性能の高さがたまらない(2020/05/14)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027