新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧三菱 パジェロ【スクープ!】 / navi

クルマニュース

三菱 パジェロ【スクープ!】 / navi

(2014/04/01)

三菱 パジェロ予想イラスト|ニューモデル速報

三菱車といえば、4WD技術を駆使したSUVのイメージが強い。その代表格ともいえるパジェロは次期モデルでどうなるのか。

次期パジェロはプラグインEVに進化する!?

給電機能でアウトドアでも実力を発揮

現行モデルは台所事情が苦しい時期に開発されたが、新型には三菱が注力している電動化技術が惜しみなく与えられ、プラグインEVがラインナップされるようだ。

2013年の東京モーターショーに出品されたスタディモデル「コンセプトGC-PHEV」で暗示されたように、三菱はプロペラシャフトを持つ後輪駆動ベースのプラグインEVの開発を始めている。

エンジンとモーターはフロントに、リチウムイオン電池はSUVならではの車高の高さを生かし床下に配される。バッテリー残量が十分にあればモーターだけで発進し、低速域における燃費の悪さをカバーするだろう。走りながらの充電などは、アウトランダーPHEVと同じ制御が組み込まれるはずだ。

プラグインEVの強みである給電機能にも注目だ。アウトランダーPHEVやエスティマハイブリッド同様、屋外で最大1500Wの電力を取り出して電化製品を使うことができ、アウトドアでのレジャーや災害時に実力を発揮する。

エクステリアでは、SUVらしい力強さと洗練されたモダンさがミックスされる。上級感をもたらす3ウェイツートンやキャッツアイ型ヘッドランプなど、歴代モデルが受け継いできた要素は踏襲されるだろう。

※2014年4月1日現在における新型車の発表についての予測記事です。発表を保証するものではありません

2006年にデビューした現行モデル。3.2Lのクリーンディーゼルユニット搭載車種が追加設定されるなど、細かいブラッシュアップが続けられている

2006年にデビューした現行モデル。3.2Lのクリーンディーゼルユニット搭載車種が追加設定されるなど、細かいブラッシュアップが続けられている

2013年の東京モーターショーで公開された「コンセプト GC-PHEV」。FRタイプのプラグインハイブリッドEVシステムを搭載するラージSUVのスタディモデルだ

2013年の東京モーターショーで公開された「コンセプト GC-PHEV」。FRタイプのプラグインハイブリッドEVシステムを搭載するラージSUVのスタディモデルだ

予想発表時期2016年
全長×全幅×全高4750×1875×1870(mm)
搭載エンジン3L V6+モーターほか
■Photo&Text/マガジンX編集部
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ スペーシアギア|デザインだけじゃなく走りもちゃんと力強いアクティブな軽自動車(2019/03/27)
【試乗】アウディ R8|異次元の走りをみせるR8。パワー・エンジン音・安定性すべてが最高峰(2019/03/26)
【雪上試乗】日産 人気現行モデル|雪上で感じる人気現行各モデルの安定性や楽しさ!(2019/03/26)
【試乗】新型 BMW 3シリーズ│ドライバーの心も濡れた路面もがっちりつかむ次世代スポーツセダン(2019/03/24)
【試乗】キャデラック XT5 クロスオーバー|欧州車に引けを取らない繊細なアメ車だった(2019/03/21)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027