新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧トヨタ スープラ後継車【スクープ!】 / navi

クルマニュース

トヨタ スープラ後継車【スクープ!】 / navi

(2014/04/08)

トヨタ スープラ後継車予想イラスト|ニューモデル速報

86の上に位置するであろうトヨタのラージスポーツに関する情報をお伝えする。これはスープラの後継車に当たり、一番のサプライズは、トヨタ自身の生産ではなく提携相手のBMWが手がけることだ。

トヨタが作らないトヨタスポーツ!

少量生産への設備投資を見送ってBMWに委託

トヨタとBMWがスポーツカー開発に関する提携を結んで1年。ようやく共同開発車のアウトラインが見えてきた。それこそが、スープラ後継車だ。BMWにとってはZ4の次期モデルに当たる。

2社の役割分担を整理しよう。プラットフォームは共同開発される。プラットフォームの開発にBMWが絡むとなれば、相当レベルの高い走りが期待できる。カーボンファイバーなどの先端技術を活用した軽量化にも両社のノウハウが反映される。

その他の部分はトヨタとBMWがそれぞれ分業する。トヨタはハイブリッドユニットの開発&提供を、BMWはエンジン、ボディ設計、生産を担当。まさに適材適所といえる。

注目のパワーユニットは、ガソリンとハイブリッドの2本立てだ。ガソリンで有力なのはBMWの3L直6ターボ。これは3.5L並みの性能を誇るダウンサイジングターボで、フィーリングも申し分ない。

生産はBMWが請け負うことになる。86同様、トヨタは生産台数が少ないスポーツカーを自社生産するつもりはないようだ。つまり、この車は国内では輸入車として販売されるのだ。

トヨタとBMWの共同開発の技術的成果は、両社の他車種にもフィードバックされるので、この車が今後のトヨタ車とBMW車の出来を左右するといっても過言ではない。どのような車になるか楽しみだ。

※2014年4月8日現在における新型車の発表についての予測記事です。発表を保証するものではありません

2014年のデトロイトモーターショーでサプライズモデルとして登場したコンセプトモデル「FT-1」。次期ラージサイズクーペを暗示するモデルと言われている

2014年のデトロイトモーターショーでサプライズモデルとして登場したコンセプトモデル「FT-1」。次期ラージサイズクーペを暗示するモデルと言われている

このラージサイズクーペは、BMWにとってはZ4(写真は現行モデル)の次期モデルに当たる。走りも期待できそうだ

このラージサイズクーペは、BMWにとってはZ4(写真は現行モデル)の次期モデルに当たる。走りも期待できそうだ

予想発表時期2018年10月
全長×全幅×全高4395×1800×1275(mm)
搭載エンジンBMW製3L 直6ターボほか
■Photo&Text/マガジンX編集部
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 日産 GT-R(2020年モデル)│「さすがにもう進化は難しいのでは……?」そんな不安は乗ってすぐに払拭された(2019/10/09)
【試乗】新型 シトロエン C3エアクロスSUV/C5エアクロスSUV│守り抜く哲学を体現する車(2019/10/06)
【新型】BMW Z4|BMWのオープンスポーツが約2年ぶりに復活(2019/09/27)
【新型】BMW X5|プレミアムSUVの先駆者が4代目へと進化(2019/09/26)
【新型】三菱 eKクロス|SUVテイストを前面に押し出した新感覚軽ワゴン(2019/09/24)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027