新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧トヨタ スープラ後継車【スクープ!】 / navi

クルマニュース

トヨタ スープラ後継車【スクープ!】 / navi

(2014/04/08)

トヨタ スープラ後継車予想イラスト|ニューモデル速報

86の上に位置するであろうトヨタのラージスポーツに関する情報をお伝えする。これはスープラの後継車に当たり、一番のサプライズは、トヨタ自身の生産ではなく提携相手のBMWが手がけることだ。

トヨタが作らないトヨタスポーツ!

少量生産への設備投資を見送ってBMWに委託

トヨタとBMWがスポーツカー開発に関する提携を結んで1年。ようやく共同開発車のアウトラインが見えてきた。それこそが、スープラ後継車だ。BMWにとってはZ4の次期モデルに当たる。

2社の役割分担を整理しよう。プラットフォームは共同開発される。プラットフォームの開発にBMWが絡むとなれば、相当レベルの高い走りが期待できる。カーボンファイバーなどの先端技術を活用した軽量化にも両社のノウハウが反映される。

その他の部分はトヨタとBMWがそれぞれ分業する。トヨタはハイブリッドユニットの開発&提供を、BMWはエンジン、ボディ設計、生産を担当。まさに適材適所といえる。

注目のパワーユニットは、ガソリンとハイブリッドの2本立てだ。ガソリンで有力なのはBMWの3L直6ターボ。これは3.5L並みの性能を誇るダウンサイジングターボで、フィーリングも申し分ない。

生産はBMWが請け負うことになる。86同様、トヨタは生産台数が少ないスポーツカーを自社生産するつもりはないようだ。つまり、この車は国内では輸入車として販売されるのだ。

トヨタとBMWの共同開発の技術的成果は、両社の他車種にもフィードバックされるので、この車が今後のトヨタ車とBMW車の出来を左右するといっても過言ではない。どのような車になるか楽しみだ。

※2014年4月8日現在における新型車の発表についての予測記事です。発表を保証するものではありません

2014年のデトロイトモーターショーでサプライズモデルとして登場したコンセプトモデル「FT-1」。次期ラージサイズクーペを暗示するモデルと言われている

2014年のデトロイトモーターショーでサプライズモデルとして登場したコンセプトモデル「FT-1」。次期ラージサイズクーペを暗示するモデルと言われている

このラージサイズクーペは、BMWにとってはZ4(写真は現行モデル)の次期モデルに当たる。走りも期待できそうだ

このラージサイズクーペは、BMWにとってはZ4(写真は現行モデル)の次期モデルに当たる。走りも期待できそうだ

予想発表時期2018年10月
全長×全幅×全高4395×1800×1275(mm)
搭載エンジンBMW製3L 直6ターボほか
■Photo&Text/マガジンX編集部
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
4
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
5
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
7
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
8
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
10
up
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027