新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ミニ ミニ【フルモデルチェンジ】 / navi

クルマニュース

ミニ ミニ【フルモデルチェンジ】 / navi

(2014/04/14)

ミニ ミニハッチバック

ミニの基幹モデルであるハッチバックモデルの「ミニ」がモデルチェンジした。

コンセプトを継承しながらも内外装やパワートレインを一新

プレミアムコンパクトセグメントの新たなスタンダード

BMWの開発・製造となってから3代目となる新型。「プレミアムコンパクトセグメントの新たなスタンダードとなる必要条件をすべて満たしている」とメーカーが評するとおり、全体のクオリティが高められている。

また、視認性および操作性の高いナビシステムが搭載された。前車接近警告機能、衝突被害軽減ブレーキ(自動ブレーキ)、アクティブクルーズコントロール、ヘッドアップディスプレイなど数々の先進技術も採用されている。

ひと目でミニとわかるデザインがさらに進化

フロントフェイスでは、ミニのデザインアイコンである丸型ヘッドライト、六角形グリルなどは踏襲。デザインは現代風にアレンジされた。

フロントグリルは縦方向に拡大。より初代ミニへのオマージュが強調された。また、新たに導入されたLEDヘッドライトによって、夜間での存在感もより強くなっている。

サイドビューは、独特のキャビンデザインや前後の短いオーバーハングなど従来モデルのデザインを引き継いでいる。一方で、後方に向かってなだらかに下がるルーフラインや、より寝かされたバックガラスの角度により、スポーティさと軽快感が演出された。

インテリアでも、トグルスイッチなどのデザインアイコンは引き続き採用される。しかし、インパネは大きく変更されている。従来のセンターメーターの場所にセンターディスプレイを配置。スピードメーターは、ステアリングコラム上に設置された。よりモダンで質感の高いデザインとなっている。

新開発のターボエンジンを全モデルに採用

エンジンは、クーパーには最高出力100kw/最大トルク220N・mを発生する1.5L 直3ターボ、クーパーSには同141kw/280N・mを発生する2L 直4ターボを採用。いずれも可変制御システムと直噴ターボが組み合わされ、出力と効率が高められた。特にクーパーは、先代モデルと比べトルクが約40%も向上しながら、燃料消費率は約15%も低減している。

価格は、6速MTを採用する「クーパー」の266万円から、6ATの「クーパーS」の332万円までとなる。

クーパーSのリアスタイル。ルーフスポイラーやセンター2本出しのエキゾースト、バンパー下部のディフューザー風の処理などスポーティさが増している

クーパーSのリアスタイル。ルーフスポイラーやセンター2本出しのエキゾースト、バンパー下部のディフューザー風の処理などスポーティさが増している

こちらはクーパーのリアルスタイル。従来型に比べて大型化されたリアコンビネーションランプによって、個性豊かな表情となっている

こちらはクーパーのリアルスタイル。従来型に比べて大型化されたリアコンビネーションランプによって、個性豊かな表情となっている

従来モデルでは、センターメーターのあった場所には、新たにディスプレイが配された。トグルスイッチには、新たにエンジンスタート/ストップスイッチを設置

従来モデルではセンターメーターのあった場所に、ディスプレイが配された。トグルスイッチには、エンジンスタート/ストップスイッチを新たに設置している

クーパーは1.5Lのダウンサイジングターボを搭載。従来型よりトルクが向上しながらも燃費は約15%も低減している

クーパーは1.5Lのダウンサイジングターボを搭載。従来型よりトルクが向上しながらも燃費は約15%も低減している

グレードクーパークーパーS
駆動方式FF
トランスミッション6MT6AT6MT6AT
全長×全幅×全高(mm)3835×1725×14303860×1725×1430
ホイールベース(mm)2495
車両重量(kg)1170120012401270
乗車定員(人)4
エンジン種類直3DOHC+ターボ直4DOHC+ターボ
総排気量(cc)14981998
最高出力[kW/rpm]100/4400141/5000
最大トルク[N・m/rpm]220/1250-4300280/1250-4600
JC08モード燃費(km/L)19.217.915.817.6
ガソリン種類/容量(L)-/40-/44
車両本体価格(万円)266.0280.0318.0332.0
■発表日:平成26年3月25日 ■取り扱い:ミニ正規ディーラー
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
down
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
7
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
keep
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
9
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
10
up
【試乗】新型 レクサス RX|静粛性と乗り心地がもう一段向上されたラグジュアリーSUV(2019/11/29)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027