新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ミニ ミニ【フルモデルチェンジ】 / navi

クルマニュース

ミニ ミニ【フルモデルチェンジ】 / navi

(2014/04/14)

ミニ ミニハッチバック

ミニの基幹モデルであるハッチバックモデルの「ミニ」がモデルチェンジした。

コンセプトを継承しながらも内外装やパワートレインを一新

プレミアムコンパクトセグメントの新たなスタンダード

BMWの開発・製造となってから3代目となる新型。「プレミアムコンパクトセグメントの新たなスタンダードとなる必要条件をすべて満たしている」とメーカーが評するとおり、全体のクオリティが高められている。

また、視認性および操作性の高いナビシステムが搭載された。前車接近警告機能、衝突被害軽減ブレーキ(自動ブレーキ)、アクティブクルーズコントロール、ヘッドアップディスプレイなど数々の先進技術も採用されている。

ひと目でミニとわかるデザインがさらに進化

フロントフェイスでは、ミニのデザインアイコンである丸型ヘッドライト、六角形グリルなどは踏襲。デザインは現代風にアレンジされた。

フロントグリルは縦方向に拡大。より初代ミニへのオマージュが強調された。また、新たに導入されたLEDヘッドライトによって、夜間での存在感もより強くなっている。

サイドビューは、独特のキャビンデザインや前後の短いオーバーハングなど従来モデルのデザインを引き継いでいる。一方で、後方に向かってなだらかに下がるルーフラインや、より寝かされたバックガラスの角度により、スポーティさと軽快感が演出された。

インテリアでも、トグルスイッチなどのデザインアイコンは引き続き採用される。しかし、インパネは大きく変更されている。従来のセンターメーターの場所にセンターディスプレイを配置。スピードメーターは、ステアリングコラム上に設置された。よりモダンで質感の高いデザインとなっている。

新開発のターボエンジンを全モデルに採用

エンジンは、クーパーには最高出力100kw/最大トルク220N・mを発生する1.5L 直3ターボ、クーパーSには同141kw/280N・mを発生する2L 直4ターボを採用。いずれも可変制御システムと直噴ターボが組み合わされ、出力と効率が高められた。特にクーパーは、先代モデルと比べトルクが約40%も向上しながら、燃料消費率は約15%も低減している。

価格は、6速MTを採用する「クーパー」の266万円から、6ATの「クーパーS」の332万円までとなる。

クーパーSのリアスタイル。ルーフスポイラーやセンター2本出しのエキゾースト、バンパー下部のディフューザー風の処理などスポーティさが増している

クーパーSのリアスタイル。ルーフスポイラーやセンター2本出しのエキゾースト、バンパー下部のディフューザー風の処理などスポーティさが増している

こちらはクーパーのリアルスタイル。従来型に比べて大型化されたリアコンビネーションランプによって、個性豊かな表情となっている

こちらはクーパーのリアルスタイル。従来型に比べて大型化されたリアコンビネーションランプによって、個性豊かな表情となっている

従来モデルでは、センターメーターのあった場所には、新たにディスプレイが配された。トグルスイッチには、新たにエンジンスタート/ストップスイッチを設置

従来モデルではセンターメーターのあった場所に、ディスプレイが配された。トグルスイッチには、エンジンスタート/ストップスイッチを新たに設置している

クーパーは1.5Lのダウンサイジングターボを搭載。従来型よりトルクが向上しながらも燃費は約15%も低減している

クーパーは1.5Lのダウンサイジングターボを搭載。従来型よりトルクが向上しながらも燃費は約15%も低減している

グレードクーパークーパーS
駆動方式FF
トランスミッション6MT6AT6MT6AT
全長×全幅×全高(mm)3835×1725×14303860×1725×1430
ホイールベース(mm)2495
車両重量(kg)1170120012401270
乗車定員(人)4
エンジン種類直3DOHC+ターボ直4DOHC+ターボ
総排気量(cc)14981998
最高出力[kW/rpm]100/4400141/5000
最大トルク[N・m/rpm]220/1250-4300280/1250-4600
JC08モード燃費(km/L)19.217.915.817.6
ガソリン種類/容量(L)-/40-/44
車両本体価格(万円)266.0280.0318.0332.0
■発表日:平成26年3月25日 ■取り扱い:ミニ正規ディーラー
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 日産 キックス|e-POWERの制御は素晴らしいが、インテリアの質感には課題が残る(2020/09/10)
【試乗】新型 ダイハツ タフト|ギア感あふれる見た目にふさわしい力強い走りの軽(2020/09/02)
【試乗】新型 トヨタ ハリアー|価格と高級感がバランスし、デザインと走りがともに成熟(2020/08/30)
【Car as Art !】メルセデス・ベンツ GLE 450 4MATIC Sports(2020/08/26)
【試乗】新型 三菱 eKクロススペース|外観とは裏腹な、しなやかな乗り心地に好感(2020/08/20)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 トヨタ ハリアー|価格と高級感がバランスし、デザインと走りがともに成熟(2020/08/30)
2
up
【試乗】新型 アウディ SQ2│小さくても侮ることなかれ! 300馬力のエンジンは高いパフォーマンスを発揮する(2020/06/07)
3
down
【試乗】ホンダ フリード+ クロスター│滑らかな走りと広々室内が魅力の1台(2020/04/29)
4
up
【試乗】トヨタ 86GR|新車価格にも納得のクオリティの高さ! さすがメーカーの息がかかったチューニングモデルだ(2020/07/11)
5
down
【試乗】マツダ MAZDA3ファストバックとミニ ミニ ジョン・クーパー・ワークス|和洋ハッチバックに乗って感じた、対極に思えるモデルでも共通点があるのだと(2020/08/11)
6
down
【試乗】新型 日産 キックス|e-POWERの制御は素晴らしいが、インテリアの質感には課題が残る(2020/09/10)
7
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス ガソリン&ハイブリッド│ボディ剛性と静粛性が高い! ついスポーティな走りがしたくなる(2020/05/30)
8
up
【試乗】新型 日産 ルークス|競合スーパートールワゴンより確実に高い「質」を用意した1台(2020/08/17)
9
up
【試乗】新型 ダイハツ タフト|ギア感あふれる見た目にふさわしい力強い走りの軽(2020/09/02)
10
down
【Car as Art !】メルセデス・ベンツ GLE 450 4MATIC Sports(2020/08/26)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027