新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧スバル レヴォーグ【新型車】 / navi

クルマニュース

スバル レヴォーグ【新型車】 / navi

(2014/04/15)

スバル レヴォーグ|ニューモデル速報

スバルが培ってきたグランドツアラーのノウハウと、新世代スポーティカーの技術とアイディアを融合させた「革新スポーツツアラー」がレヴォーグだ。

日本のユーザーのために専用開発された

従来のスバル車の魅力に、新たな価値を追加

レヴォーグでは、スバルが追求してきたシンメトリカルAWDやワゴンパッケージ、スポーティな走りがより進化。新世代のスポーティカーにふさわしいパッケージングやデザイン、クオリティ、環境性能といった新しい「価値」も加えられている。さらに、EyeSight(ver.3)を搭載するなど、高い安全性能も備えている。

スタイリッシュさと機能を両立させたスタイリング

レヴォーグは、スポーツクーペのスタイリッシュさとワゴンのユーティリティという相反する要素を併せ持つ「スポーツツアラー」という新ジャンルを開拓。ワゴンにとって重要なユーティリティ性能も優れており、ボディは現行レガシィツーリングワゴンより小型ながら、荷室容量は+2Lの522Lという大容量となっている。

エクステリアは、ヘキサゴングリルの採用などによって立体感のあるデザインとなっている。また、ワイドさを強調したホークアイヘッドランプによってスポーティさを演出。流れるようなルーフラインとつながるスポイラーとリアゲートによって走りの躍動感も表現している。

インテリアでは、ピアノブラック調パネルを中心に金属調アクセントやメッキ加飾が配されたインパネが印象的。上質さを感じさせるデザインとなっている。さらに、ホールド性の高いフロントシートや、質感だけでなく居住性も高いリアシートなど、長時間のドライブでもくつろげるつくりとなっている。

新開発の1.6Lターボと2Lターボを用意

エンジンは、1.6Lと2Lという2種類のボクサー4ターボを用意。1.6Lはクランクシャフトを除く、ほぼ全てのパーツを専用開発した新ユニットだ。専用のチューニングが施されたリニアトロニックとの組み合わせにより、優れた環境性能が実現。現在の2.5L NAと同等の最高出力と、それを上回る最大トルクおよびトルク特性を発揮する。

2Lは最高出力300ps/最大トルク400N・mという動力性能と優れた環境性能を両立。トランスミッションは、高出力に対応したスポーツリニアトロニックが採用される。1.6Lと2Lともにエコカー減税の対象車であり、前者は免税、後者でも自動車取得税60%・重量税50%低減される。

価格は、1.6Lを採用する「1.6GT」の266万7600円から、2Lの「2.0GT-S EyeSight」の356万4000円まで。発売は5月13日からとなる。

リアのデザインはスタイリッシュかつスポーティだ。流れるようなルーフラインとつながるスポイラーとリアゲートが特徴的だ

リアのデザインはスタイリッシュかつスポーティだ。流れるようなルーフラインとつながるスポイラーとリアゲートが特徴的だ

スポーティなDシェイプのステアリング。パドルシフトも備えている。ピアノブラックのセンタークラスターや各部に配された金属調パーツが上質さを表現

スポーティなDシェイプのステアリング。パドルシフトも備えている。ピアノブラックのセンタークラスターや各部に配された金属調パーツが上質さを表現

ホールド性の高いフロントシートや、レバーで5段階のリクライニングができるリアシートを採用。前後席共にロングツーリングでの快適性も高い

ホールド性の高いフロントシートや、レバーで5段階のリクライニングができるリアシートを採用。前後席共にロングツーリングでの快適性も高い

クランクシャフトを除き、ほぼ全てのパーツを専用開発した1.6Lボクサー4直噴ターボ。優れた環境性能と2.5L NAエンジンを上回るトルク特性が持ち味だ

クランクシャフトを除き、ほぼ全てのパーツを専用開発した1.6Lボクサー4直噴ターボ。優れた環境性能と2.5L NAエンジンを上回るトルク特性が持ち味だ

グレード1.6GT1.6GT-S EyeSight2.0GT-S EyeSight
駆動方式4WD
トランスミッションCVT
全長×全幅×全高(mm)4690×1780×14854690×1780×1490
ホイールベース(mm)2650
車両重量(kg)152015501560
乗車定員(人)5
エンジン種類水平対向4DOHC+ターボ
総排気量(cc)15991998
最高出力[kW(ps)rpm]125(170)/4800-5600221(300)/5600
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]250(25.5)/1800-4800400(40.8)/2000-4800
JC08モード燃費(km/L)17.416.013.2
ガソリン種類/容量(L)レギュラー/60プレミアム/60
車両本体価格(万円)266.76305.64356.4
■発表日:平成26年4月15日 ■取り扱い:スバル特約店
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 日産 キックス|e-POWERの制御は素晴らしいが、インテリアの質感には課題が残る(2020/09/10)
【試乗】新型 ダイハツ タフト|ギア感あふれる見た目にふさわしい力強い走りの軽(2020/09/02)
【試乗】新型 トヨタ ハリアー|価格と高級感がバランスし、デザインと走りがともに成熟(2020/08/30)
【Car as Art !】メルセデス・ベンツ GLE 450 4MATIC Sports(2020/08/26)
【試乗】新型 三菱 eKクロススペース|外観とは裏腹な、しなやかな乗り心地に好感(2020/08/20)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 トヨタ ハリアー|価格と高級感がバランスし、デザインと走りがともに成熟(2020/08/30)
2
up
【試乗】新型 アウディ SQ2│小さくても侮ることなかれ! 300馬力のエンジンは高いパフォーマンスを発揮する(2020/06/07)
3
down
【試乗】ホンダ フリード+ クロスター│滑らかな走りと広々室内が魅力の1台(2020/04/29)
4
up
【試乗】トヨタ 86GR|新車価格にも納得のクオリティの高さ! さすがメーカーの息がかかったチューニングモデルだ(2020/07/11)
5
down
【試乗】マツダ MAZDA3ファストバックとミニ ミニ ジョン・クーパー・ワークス|和洋ハッチバックに乗って感じた、対極に思えるモデルでも共通点があるのだと(2020/08/11)
6
down
【試乗】新型 日産 キックス|e-POWERの制御は素晴らしいが、インテリアの質感には課題が残る(2020/09/10)
7
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス ガソリン&ハイブリッド│ボディ剛性と静粛性が高い! ついスポーティな走りがしたくなる(2020/05/30)
8
up
【試乗】新型 日産 ルークス|競合スーパートールワゴンより確実に高い「質」を用意した1台(2020/08/17)
9
up
【試乗】新型 ダイハツ タフト|ギア感あふれる見た目にふさわしい力強い走りの軽(2020/09/02)
10
down
【Car as Art !】メルセデス・ベンツ GLE 450 4MATIC Sports(2020/08/26)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027