新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧スバル レヴォーグ【新型車】 / navi

クルマニュース

スバル レヴォーグ【新型車】 / navi

(2014/04/15)

スバル レヴォーグ|ニューモデル速報

スバルが培ってきたグランドツアラーのノウハウと、新世代スポーティカーの技術とアイディアを融合させた「革新スポーツツアラー」がレヴォーグだ。

日本のユーザーのために専用開発された

従来のスバル車の魅力に、新たな価値を追加

レヴォーグでは、スバルが追求してきたシンメトリカルAWDやワゴンパッケージ、スポーティな走りがより進化。新世代のスポーティカーにふさわしいパッケージングやデザイン、クオリティ、環境性能といった新しい「価値」も加えられている。さらに、EyeSight(ver.3)を搭載するなど、高い安全性能も備えている。

スタイリッシュさと機能を両立させたスタイリング

レヴォーグは、スポーツクーペのスタイリッシュさとワゴンのユーティリティという相反する要素を併せ持つ「スポーツツアラー」という新ジャンルを開拓。ワゴンにとって重要なユーティリティ性能も優れており、ボディは現行レガシィツーリングワゴンより小型ながら、荷室容量は+2Lの522Lという大容量となっている。

エクステリアは、ヘキサゴングリルの採用などによって立体感のあるデザインとなっている。また、ワイドさを強調したホークアイヘッドランプによってスポーティさを演出。流れるようなルーフラインとつながるスポイラーとリアゲートによって走りの躍動感も表現している。

インテリアでは、ピアノブラック調パネルを中心に金属調アクセントやメッキ加飾が配されたインパネが印象的。上質さを感じさせるデザインとなっている。さらに、ホールド性の高いフロントシートや、質感だけでなく居住性も高いリアシートなど、長時間のドライブでもくつろげるつくりとなっている。

新開発の1.6Lターボと2Lターボを用意

エンジンは、1.6Lと2Lという2種類のボクサー4ターボを用意。1.6Lはクランクシャフトを除く、ほぼ全てのパーツを専用開発した新ユニットだ。専用のチューニングが施されたリニアトロニックとの組み合わせにより、優れた環境性能が実現。現在の2.5L NAと同等の最高出力と、それを上回る最大トルクおよびトルク特性を発揮する。

2Lは最高出力300ps/最大トルク400N・mという動力性能と優れた環境性能を両立。トランスミッションは、高出力に対応したスポーツリニアトロニックが採用される。1.6Lと2Lともにエコカー減税の対象車であり、前者は免税、後者でも自動車取得税60%・重量税50%低減される。

価格は、1.6Lを採用する「1.6GT」の266万7600円から、2Lの「2.0GT-S EyeSight」の356万4000円まで。発売は5月13日からとなる。

リアのデザインはスタイリッシュかつスポーティだ。流れるようなルーフラインとつながるスポイラーとリアゲートが特徴的だ

リアのデザインはスタイリッシュかつスポーティだ。流れるようなルーフラインとつながるスポイラーとリアゲートが特徴的だ

スポーティなDシェイプのステアリング。パドルシフトも備えている。ピアノブラックのセンタークラスターや各部に配された金属調パーツが上質さを表現

スポーティなDシェイプのステアリング。パドルシフトも備えている。ピアノブラックのセンタークラスターや各部に配された金属調パーツが上質さを表現

ホールド性の高いフロントシートや、レバーで5段階のリクライニングができるリアシートを採用。前後席共にロングツーリングでの快適性も高い

ホールド性の高いフロントシートや、レバーで5段階のリクライニングができるリアシートを採用。前後席共にロングツーリングでの快適性も高い

クランクシャフトを除き、ほぼ全てのパーツを専用開発した1.6Lボクサー4直噴ターボ。優れた環境性能と2.5L NAエンジンを上回るトルク特性が持ち味だ

クランクシャフトを除き、ほぼ全てのパーツを専用開発した1.6Lボクサー4直噴ターボ。優れた環境性能と2.5L NAエンジンを上回るトルク特性が持ち味だ

グレード1.6GT1.6GT-S EyeSight2.0GT-S EyeSight
駆動方式4WD
トランスミッションCVT
全長×全幅×全高(mm)4690×1780×14854690×1780×1490
ホイールベース(mm)2650
車両重量(kg)152015501560
乗車定員(人)5
エンジン種類水平対向4DOHC+ターボ
総排気量(cc)15991998
最高出力[kW(ps)rpm]125(170)/4800-5600221(300)/5600
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]250(25.5)/1800-4800400(40.8)/2000-4800
JC08モード燃費(km/L)17.416.013.2
ガソリン種類/容量(L)レギュラー/60プレミアム/60
車両本体価格(万円)266.76305.64356.4
■発表日:平成26年4月15日 ■取り扱い:スバル特約店
クリックでタグの選択
最新ニュース
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)
【試乗】新型 ミニ クラブマン ジョンクーパーワークス|初期のミニを思わせるエッセンスが取り入れられた最上位グレード(2020/02/13)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
7
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ Aクラスセダン|ハッチバックを凌駕する!? 小さなセダンがもつ大いなるゆとり(2020/01/28)
10
up
【試乗】新型 ダイハツ タント|凄いぞ、DNGA! 恐らく売れるのはカスタム。だが移動手段として優秀なのはNAだ(2019/08/27)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027