新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ジープ チェロキー【フルモデルチェンジ】 / navi

クルマニュース

ジープ チェロキー【フルモデルチェンジ】 / navi

(2014/05/07)

ジープ チェロキー|ニューモデル速報

ラングラーと共にジープブランドの屋台骨を支えた看板モデル、チェロキーが6年ぶりに4代目へとモデルチェンジした。

オフロード性能はそのままに、内外装を刷新

9速ATを採用し、オン・オフを問わない走行性能を実現

新型では、クライスラーグループ初となる9速ATを採用。強力な発進や、高速走行時の滑らかな加速が可能となった。

エンジンは、2.4L 直4SOHCと、3.2L V6DOHCの2種類。前者には、バルブのリフト量を調整することでエンジン効率のロスを防ぐ「マルチエア技術」が採用されている。後者は、ラングラーやグランドチェロキーなどに搭載される3.6Lのボア(内径)を縮小したユニット。3.6Lと同様のフィーリングとなっている。

革命的な外装デザイン、おしゃれでモダンな内装

エクステリアでは、ジープ伝統の7本縦型グリル「7スロットグリル」や台形のホイールアーチなどが継続。しかし、エンジンフード一体型のフロントグリルや、LEDクリアランスランプ、ヘッドライト、フォグライトという3つのライトが採用されたフロントフェイスなど、イメージが刷新された。

インテリアは「エモーショナル(感情的)」であることを意識してデザインされた。流麗な造形、上質な素材、新鮮な色彩にこだわり、モダンな雰囲気が演出されている。

高い安全性能を獲得

ボディ構造の65%が高張力スチールとなるなど、安全性能が高められている。また、ウインカーを出さずに車線からはみ出るとステアリングを自動制御する「レーンセンス車線逸脱警報プラス」や、自動駐車システムの「ParkSense縦列/並列パークアシスト」も装備されている。

モデルラインナップは3種類。エントリーモデルの「ロンジチュード」には2.4Lのマルチエアを採用。駆動方式は2WDのみとなる。「トレイルホーク」は3.2Lエンジンを搭載。「Jeepアクティブドライブロック」により2WD・4WDを切り替えることができる。

最上級の「リミテッド」は、副変速機付の4WDシステム「JeepアクティブドライブII」を採用。前後のプロペラシャフトをロックすることで、険しい坂を登る、大きな岩を超えるなどのオフロード走行も可能だ。

価格は、ロンジチュードが379万800円、トレイルホークが429万8400円、リミテッドは461万1600円。なお、発売は5月17日からとなる。

職人の手仕事により仕立てられたインテリア。センターコンソールには、8.4インチUコネクトディスプレーが採用。ナビ機能やハンズフリー通話などが可能だ

職人の手仕事により仕立てられたインテリア。センターコンソールには、8.4インチUコネクトディスプレーが採用。ナビ機能やハンズフリー通話などが可能だ

「世界中の美しい景観からインスピレーションを得た」という内装。写真は上級のリミテッド。イタリアのヴィスヴィオ火山をモチーフにしている

「世界中の美しい景観からインスピレーションを得た」という内装。写真は上級のリミテッド。イタリアのヴィスヴィオ火山をモチーフにしている

直4の2.4Lエンジンには、グループ会社であるフィアットのマルチエア技術を採用。燃費性能の向上をはじめ、高効率を追求したユニットだ

直4の2.4Lエンジンには、グループ会社であるフィアットのマルチエア技術を採用。燃費性能の向上をはじめ、高効率を追求したユニットだ

3.2LのV6エンジンは、兄貴分にあたるグランドチェロキーやラングラーに採用される3.6Lユニットの縮小版。2種類の4WDシステムと組み合わされる

3.2LのV6エンジンは、兄貴分にあたるグランドチェロキーやラングラーに採用される3.6Lユニットの縮小版。2種類の4WDシステムと組み合わされる

グレードロンジチュードトレイルホールリミテッド
駆動方式FF4WD
トランスミッション9AT
全長×全幅×全高(mm)4630×1860×17004630×1905×17404630×1860×1700
ホイールベース(mm)270027202700
車両重量(kg)173019901880
乗車定員(人)5
エンジン種類直4SOHCV6DOHC
総排気量(cc)23593238
最高出力[kW(ps)rpm]130(177)/6400200(272)/6500
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]229(23.4)/3900315(32.1)/4300
JC08モード燃費(km/L)10.48.88.9
ガソリン種類/容量(L)レギュラー/60
車両本体価格(万円)379.08429.84461.16
■発表日:平成26年4月28日 ■取り扱い:クライスラー販売店
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型トヨタ ヤリス ガソリン&ハイブリッド│ボディ剛性と静粛性が高い! ついスポーティな走りがしたくなる(2020/05/30)
【試乗】新型 アルピーヌ A110S │腕自慢に乗ってほしい! 本場アルプスで鍛えられた、超ストイックなリアルスポーツカー(2020/05/22)
【試乗】新型 BMW X7|500km以上の道のりでも駆けぬける歓びが絶えず湧き上がるラグジュアリーSUV(2020/05/18)
【試乗】ポルシェ パナメーラスポーツツーリスモ GTS│ワゴンながらその名に恥じない運動性能の高さがたまらない(2020/05/14)
【試乗】ホンダ フリード+ クロスター│滑らかな走りと広々室内が魅力の1台(2020/04/29)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】マツダ CX-8/CX-5/CX-30│まさかここまでとは! オフロード試乗でわかった、マツダSUVシリーズ真の実力(2020/02/28)
3
keep
【試乗】ホンダ フリード+ クロスター│滑らかな走りと広々室内が魅力の1台(2020/04/29)
4
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス ガソリン&ハイブリッド│ボディ剛性と静粛性が高い! ついスポーティな走りがしたくなる(2020/05/30)
6
keep
【試乗】新型トヨタ グランエース│後席が快適なことはもちろんドライバーにも気を利かせたモデル(2020/04/12)
7
up
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
8
down
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
9
up
【試乗】新型 ホンダ フィット│心地よさと走行性能を両立させ、先代より大幅な進化を感じる車だ(2020/03/18)
10
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027