新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧フォード エコスポーツ【新型車】 / navi

クルマニュース

フォード エコスポーツ【新型車】 / navi

(2014/05/08)

フォード エコスポーツ|ニューモデル速報

フォードのコンパクトハッチバックであるフィエスタと同じプラットフォームを用いたSUVが、エコスポーツだ。

グローバル展開されるフォード最小のコンパクトSUV

コンパクトカーとSUVの性能を高次元で融合

エコスポーツは、フォードのSUVラインナップ中、最もコンパクトなモデル。コンパクトカーの俊敏性と実用性、SUVの機能性と走破性を高いレベルで備えている。

エンジンは、最高出力111psを発生する1.5L Ti-VCT(吸排気独立可変バルブタイミング)。組み合わされるトランスミッションは、最新のデュアルクラッチテクノロジーを採用した6速パワーシフトだ。駆動方式はFFとなる。

アクティブで遊び心あふれるスタイリング

エクステリアは、フォードの新グローバルデザインテーマ「New Global Design Language」を反映。台形をモチーフとしたクロームのフロントグリルや切れ長のヘッドランプ、シャープなサイドのプレスラインなど、躍動感あふれるスタイルが与えられている。

また、オフロード走行も想定した大きなアプローチアングル(フロントバンパー下部と前輪の接線と地面との角度)や、樹脂製素材でカバーされたバンパーとサイドシルなど、SUVらしいデザイン要素も盛り込まれた。

インテリアでは、先進的なデザインを追求しながらも、人間工学に基づき設計。操作性も優れている。また、オートスピードコントロールやオートエアコンなどの快適装備が標準採用されている。

ラゲージスペースは、通常時で333Lを確保。リアシートを畳めば最大1238Lの荷物を積載できる。さらに、350mlの缶を6本収納できるグローブボックスに冷却機能が備わっているなど、SUVユーザーのニーズに応える工夫がなされている。

世界で勝負するべく、高い安全性を確保

安全性能も高い。ボディには高張力鋼板と超高張力鋼板が多用され、高剛性となっている。さらに、ABSやエマージェンシーブレーキアシスト、横滑り防止装置のEPS、ニーエアバッグを含めた7つのエアバッグなども標準装備されている。

モノグレードで、価格は246万円。発売は5月31日からとなる。

背面に搭載されるフルサイズのスペアタイアや、ボディ下部を覆う樹脂パーツなどSUVらしいデザインとなっている。駆動方式はFFのみ

背面に搭載されるフルサイズのスペアタイアや、ボディ下部を覆う樹脂パーツなどSUVらしいデザインとなっている。駆動方式はFFのみ

フォードの新デザインテーマが採用されている。シャープなサイドのキャラクターラインなどによって、躍動感あふれるスタイリングとなった

フォードの新デザインテーマが採用されている。シャープなサイドのキャラクターラインなどによって、躍動感あふれるスタイリングとなった

グレードタイタニアム
駆動方式FF
トランスミッション6AT
全長×全幅×全高(mm)4195×1765×1655
ホイールベース(mm)2520
車両重量(kg)1270
乗車定員(人)5
エンジン種類直4DOHC
総排気量(cc)1497
最高出力[kW(ps)rpm]82(111)/6300
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]140(14.3)/4400
JC08モード燃費(km/L)14.5
ガソリン種類/容量(L)プレミアム/52
車両本体価格(万円)246.0
■発表日:平成26年4月23日 ■取り扱い:フォード販売店
クリックでタグの選択
最新ニュース
公道試乗でわかった! 新型フォレスターのガソリンモデルとHVモデルの違い(2018/10/08)
クラス最高峰の美しさとスポーティな走り「アウディ A7 Sportback」に酔いしれる(2018/10/05)
いよいよ完成の域に達したSUVでは国産唯一無二のPHEVモデル(2018/10/03)
新型CLSは獰猛な顔付きに似合わず、驚くほど静かでスムーズなモデルだ!(2018/10/02)
エンジンに大きく手が加えられ、さらに気持ちいい走りを可能にしたロードスターとRF(2018/09/27)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027