新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧日産 キューブ【スクープ!】 / navi

クルマニュース

日産 キューブ【スクープ!】 / navi

(2014/06/03)

日産 キューブ予想イラスト|ニューモデル速報

コンパクトな3列シートのミニバンとして成功を収めたホンダ フリードを横目に、日産は5人乗りのキューブで国内需要に応えてきた。そのキューブが大きく変わる可能性が浮上してきた。

キューブ3列シート化

イメージ一新!大きく変わるキューブに注目

日産がフリードに対抗する3列シートミニバンを開発しているようだ。ベースとなるのはノートで、プラットフォームや足回りも流用される。エンジンは1.2L+スーパーチャージャーが用いられ、ダウンサイジング過給コンセプトが反映される。

最近の日産のグローバルでの動向を見るに、新型ミニバンは国内専売車ではないはず。ゴーン体制のもと、“リストラ”が行われた日産の商品群を踏まえると、今の日産が日本国内だけのために車を開発することがないのは明白だ。

では、新型車はどの地域を視野に入れて開発されるのか。おそらく中国とアジア諸国がターゲットとなるだろう。この地域は、本格的なモータリゼーションが到来し、自家用車の需要が増している点と、大家族が一緒に暮らすライフスタイルであるという点が、コンパクトな3列シートミニバンにピッタリだからだ。

かつて国内では、コンパクトミニバンのキューブキュービックが販売されていたが、現行キューブの登場に合わせて廃止されている。しかしながら、ボディサイズの大小を問わず、国内では3列シート車の需要が多いことは日産も実感しているはずだ。

となると、コンパクトミニバンはキューブ後継車を兼ねる可能性もある。なぜならば、3代目にあたる現行キューブは2008年の発表から5年以上が経過しているからだ。新型キューブがコンパクトミニバンに生まれ変わるとしたら大きな話題となるだろう。

※2014年6月3日現在における新型車の発表についての予測記事です。発表を保証するものではありません

2008年の登場以降、マイナーチェンジなどを繰り返し5年以上ものロングセラーとなる現行モデル。新型はフリードの対抗車となるのだろうか

2008年の登場以降、マイナーチェンジなどを繰り返し5年以上ものロングセラーとなる現行モデル。新型はフリードの対抗車となるのだろうか

旧型のホイールベースを延長した3列シートのキューブキュービック。今となっては、日産もこのサイズのミニバンが欲しいはず

旧型のホイールベースを延長した3列シートのキューブキュービック。今となっては、日産もこのサイズのミニバンが欲しいはず

予想発表時期2015年4月
全長×全幅×全高4400×1695×1700(mm)
搭載エンジン1.2L 直4+スーパーチャージャーほか
■Photo&Text/マガジンX編集部 
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
4
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
5
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
7
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
8
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
10
up
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027