新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧トヨタ プリウスPHV【スクープ!】 / navi

クルマニュース

トヨタ プリウスPHV【スクープ!】 / navi

(2014/06/17)

トヨタ プリウスPHV予想イラスト|ニューモデル速報

外部充電機能がウリのプリウスPHV(プラグインハイブリッド)は、2012年1月に発売された。だが、デビュー直後から現在に至るまで、市場の反応は思わしくない。4代目にもPHVモデルは用意されるようだが、どのように売り出されるのだろうか?

2種類のバッテリー容量を選べる新型プリウスPHV

ハイブリッドモデルとの差別化を強調

不振の理由はいくつか考えられる。ユーザーが充電する手間を煩わしく感じたり、住居に充電設備がなかったりすることでメリットを十分に享受できないこと。ベース車であるプリウスとの価格差が明確で、差額に基づいた損得勘定が容易なこと。そして、ベース車との相違が少なすぎたことも問題だったといえる。

では、新型プリウスPHVはどうなるのか。最大のトピックは、容量が異なる2つのバッテリーがラインナップされ、消費者が予算に合わせて選べるようになることだ。

チョイ乗りが多いユーザー向けには、航続距離(EV走行距離)が約20kmとなる手頃な価格のモデルが用意される。一方、PHVの長所を生かしたいユーザー向けに約60km(同上)走れる大容量バッテリー搭載モデルも設定。エンジンに頼らない航続距離が現行モデルの26.4kmから大幅に伸びる点も朗報だ。この2種類のバッテリーはグレードによって使い分けられるのだろう。

以前にもお伝えしたが、ハッチゲート全体とバックウインドウは樹脂製になり軽量化される。ハッチゲートからバンパーにかけては台形をモチーフにしたデザインが採用され、安定感がもたらされる。駆動用バッテリーがリアシート下に移され、荷台とハッチゲート開口部が下がる点も要チェックだ。

さらに、PHVの独自性を強調すべく、プリウス標準車とは異なる顔つきとなるようだ。デビューは当初、2014年末に予定されていたが、2015年夏までズレこむようだ。ただし、2015年1月の北米国際自動車ショー(デトロイトモーターショー)で姿だけは先行公開されるかもしれない。

※2014年6月17日現在における新型車の発表についての予測記事です。発表を保証するものではありません

現行モデルのプリウスPHV。2013年9月には約20万円値下げされた。2014年8月には、現行モデルでは最後となる小改良が実施される予定だ

現行モデルのプリウスPHV。2013年9月には約20万円値下げされた。2014年8月には、現行モデルでは最後となる小改良が実施される予定だ

2014年4月にお伝えした新型プリウスの予想イラスト。新型プリウスPHVは標準車と差別化され、異なるフロントフェイスが与えられるようだ

2014年4月にお伝えした新型プリウスの予想イラスト。新型プリウスPHVは標準車と差別化され、異なるフロントフェイスが与えられるようだ

予想発表時期2015年8月
全長×全幅×全高4415×1745×1490(mm)
搭載エンジン1.8L 直4+モーター
■Photo&Text/マガジンX編集部
クリックでタグの選択
最新ニュース
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)
【試乗】新型 ミニ クラブマン ジョンクーパーワークス|初期のミニを思わせるエッセンスが取り入れられた最上位グレード(2020/02/13)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
7
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ Aクラスセダン|ハッチバックを凌駕する!? 小さなセダンがもつ大いなるゆとり(2020/01/28)
10
up
【試乗】新型 ダイハツ タント|凄いぞ、DNGA! 恐らく売れるのはカスタム。だが移動手段として優秀なのはNAだ(2019/08/27)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027