新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ダイハツ コペン【フルモデルチェンジ】 / navi

クルマニュース

ダイハツ コペン【フルモデルチェンジ】 / navi

(2014/06/19)

ダイハツ コペン|ニューモデル速報

ダイハツの人気軽オープン、コペンが2代目へとフルモデルチェンジした。

ダイハツの新たな取組みを織り込んだ軽スポーツ

開発・生産と営業活動の両面からユーザーをサポート

新型コペンでは、「開発・生産」と「営業活動」の両面で新たな取組みが行われた。

開発・生産では、新骨格構造「D-Frame」や内外装着脱構造「DRESS-FORMATION」の採用によって、高い走行性能と自分らしさを表現できるデザイン性を両立した。

営業活動では、販売会社が中心となりコペン認定ショップ「コペンサイト」を全国の店舗に設置。気軽にオーナーが交流できるドライバーズサロンであり、オープンカーを満喫できるイベントなども提案していくという。

新技術「D-Frame」と「DRESS-FORMATION」を採用

「D-Frame」によって、初代コペン比で上下曲げ剛性3倍、ねじり剛性1.5倍の高剛性ボディを実現した。初代でも好評だった電動開閉式のハードトップは新型でも踏襲。センターコンソールにあるスイッチ操作により、約20秒でフルオープンにすることが可能だ。

エクステリアで特徴的なのは、内外装脱着構造「DRESS-FORMATION」だ。外板を13個の樹脂パーツの集合体と捉え、そのパーツを変えることで、購入後もユーザーの嗜好に合わせたデザインやカラーに変更できる。

エンジンは専用チューニングが施された660ccターボ

エンジンは、最高出力64ps/最大トルク92N・mを発生させる660cc 直3ターボが採用された。他ダイハツ車にも採用されるユニットだが、コペンに合わせたチューニングがされ、アクセル操作に対するレスポンスが向上している。スポーツカーらしさが前面に押し出されたユニットとなった。

組み合わされるトランスミッションは、5速MTと7速スーパーアクティブシフト付CVTの2種類。いずれもライトウエイトスポーツらしい、操る楽しさが追求されている。

モデルラインナップは、スポーツカーとしての躍動感や流麗さを表現した「ローブ」と、樹脂パーツなどでSUVのような力強さを演出した「X(クロス)モデル」(仮称)を用意。後者は2014年秋からの発売予定だ。

価格は、ローブのCVT車が179万8200円、同5MT車は181万9800円となる。

ドア以外の外板パーツは樹脂製で、購入後でもデザインとカラーの変更が可能。交換できるのは、前後フェンダーやフロントフードなど13カ所だ

ドア以外の外板パーツは樹脂製で、購入後でもデザインとカラーの変更が可能。交換できるのは、前後フェンダーやフロントフードなど13カ所だ

内装も外板と同様に、運転席、助手席の加飾パネルやオーディオクラスターをユーザーの好みに合わせて変更できる

内装も外板と同様に、運転席、助手席の加飾パネルやオーディオクラスターをユーザーの好みに合わせて変更できる

初代でも好評だった電動ハードトップは継承された。センターコンソールのスイッチ操作により、約20秒でオープンルーフとなる

初代でも好評だった電動ハードトップは継承された。センターコンソールのスイッチ操作により、約20秒でオープンルーフとなる

専用チューニングが施された660ccターボ。エキゾーストサウンドも配慮され、走り出しの力強さや、高回転時の気持ち良さを味わえる

専用チューニングが施された660ccターボ。エキゾーストサウンドも配慮され、走り出しの力強さや、高回転時の気持ち良さを味わえる

グレードローブ
駆動方式FF
トランスミッションCVT5MT
全長×全幅×全高(mm)3395×1475×1280
ホイールベース(mm)2230
車両重量(kg)870850
乗車定員(人)2
エンジン種類直3DOHC+ターボ
総排気量(cc)658
最高出力[kW(ps)rpm]47(64)/6400
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]92(9.4)/3200
JC08モード燃費(km/L)25.222.2
ガソリン種類/容量(L)レギュラー/30
車両本体価格(万円)179.82181.98
■発表日:平成26年6月19日 ■取り扱い:ダイハツ店
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
4
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
5
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
7
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
8
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
10
up
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027