新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧スズキ、軽トラック「キャリイ」に新トランスミッション 「Auto Gear Shift(オートギヤシフト)」を搭載 / navi

クルマニュース

スズキ、軽トラック「キャリイ」に新トランスミッション 「Auto Gear Shift(オートギヤシフト)」を搭載 / navi

(2014/08/28)

キャリイ KC エアコン・パワステ セットオプション装着車
Auto Gear Shift(オートギヤシフト)


スズキ株式会社は、マニュアルトランスミッションとオートマチックトランスミッションの利点を両立させた新トランスミッション「Auto Gear Shift(オートギヤシフト:以下AGS)」搭載車を軽トラック「キャリイ」※1に設定し、8月26日より発売する。

今回キャリイに搭載したAGSは、5速マニュアルトランスミッション(5MT)をベースに、クラッチ及びシフト操作を自動で行う電動油圧式アクチュエーターを採用したAMT(Automated Manual Transmission)であり、軽自動車では唯一※2の搭載となる。

AGSはトランスミッションとエンジンの協調制御により、シフトチェンジのタイミングを最適化し、変速ショックの少ない滑らかなシフトフィーリングを実現した。
今回、優れた燃費性能や力強い走行性能などMTの利点に加え、クラッチ操作が不要というATの利点を兼ね備えたAGSを「キャリイ」に搭載することで、幅広いお客様のニーズに応えていく。

また、併せて「KC エアコン・パワステ農繁」には銀・紺の2色、「KX」に紺の車体色を追加した。

※1 KC エアコン・パワステ セットオプション装着車
※2 軽自動車新車市場において。2014年8月26日現在、スズキ調べ。

メーカー希望小売価格(消費税8%込み)

■KC エアコン・パワステ セットオプション装着車:926,640~1,075,680円
* 2WDは後輪駆動。
* 価格には、リサイクル料金、保険料、税金(除く消費税)、届出等に伴う費用は含まれない。
* セットオプション:助手席SRSエアバッグ、助手席シートベルトプリテンショナー、4輪ABS

「Auto Gear Shift(オートギヤシフト)」の概要

・クラッチ操作が不要で、AT限定免許で運転が可能。
・駐車時やエンジン始動時に使用するPレンジや、クリープ機能を採用。
・坂道で車両の後退を抑制するヒルホールドコントロールを採用。

「キャリイ AGS搭載車」の特長

1.優れた燃費性能
・コンピューターがギヤチェンジ操作を最適に制御することで、19.4km/L(2WD車)※3の低燃費を実現。
※3 燃料消費率JC08モード走行(国土交通省審査値)

2.力強い走破性
・悪路での力強い走破性や、減速時にMT同様のエンジンブレーキを実現。
・マニュアルモードを採用し、状況に応じた走行モードを選択可能。

3.高い登坂性能
・ローギヤード化することで、5MT車を上回る登坂性能を発揮。

4.高速走行時の優れた静粛性
・5MTをベースとすることで、高速走行時にエンジン回転数を低く抑えられるため、3AT車よりも高い静粛性を実現。

クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
4
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
5
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
down
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
7
down
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
8
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
10
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027