新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧TOYOTA、エスティマ、エスティマハイブリッドを一部改良 -同時に、特別仕様車“VERY Edition”を新設定- / navi

クルマニュース

TOYOTA、エスティマ、エスティマハイブリッドを一部改良 -同時に、特別仕様車“VERY Edition”を新設定- / navi

(2014/09/09)

TOYOTAは、エスティマ、エスティマハイブリッドを一部改良するとともに、特別仕様車“VERY Edition”を新設定し、全国のトヨタ店ならびにトヨタカローラ店を通じて、9月2日に発売した。

エスティマ 特別仕様車 2.4アエラス “VERY Edition” (7人乗り・2WD) エスティマ 特別仕様車 2.4アエラス “VERY Edition” (7人乗り・2WD)
エスティマ ハイブリッド 特別仕様車 エスティマ ハイブリッド 特別仕様車 アエラス “VERY Edition” (7人乗り)

今回の一部改良では、エスティマ全車にS-VSC*1を標準装備することで、より安全性に配慮するとともに、エスティマ、エスティマハイブリッド全車にリバース連動・オート電動格納機能付のドアミラーを新採用することによって、より利便性を向上。

特別仕様車は、女性ライフスタイル誌「VERY」*2とコラボレーションした、エスティマ特別仕様車2.4アエラス“VERY Edition”(ベース車 : アエラス2.4L・7人乗り)、エスティマハイブリッド特別仕様車アエラス“VERY Edition”(ベース車 : アエラス7人乗り)を新設定。VERY編集長と読者モデルらの視点を車の内外装の随所に取り入れ、黒基調のシンプルなデザインとした。

具体的には、外装は、フロントバンパーモール、サイドモール、フロントエンブレム、バックドアガーニッシュ、フロントフォグランプにスモークメッキを施すなど、上質な印象を一層高めている。内装は、インストルメントパネル、フロントドアアームレストにサイバーカーボン調(ブラック)の専用加飾を施したほか、ルーフ・ピラーをブラックとした。また、シート表皮にはブラックが映えるベージュの合成皮革を採用。さらに、フロントドアガラスにスーパーUVカット・IRカット機能を追加したことに加え、ナノイー®*3や快適温熱シート(運転席・助手席)、リヤオートエアコンを特別装備することで、より魅力的な仕様としている。

【上記以外の主な特別装備】

▽ ディスチャージヘッドランプ(オールブラック塗装)
▽ ソフトレザートリム(フロントドア・スライドドア・クォーター)
▽ LEDスポットランプ(フロントドア左右/スライドドア左右)
▽ ドアカーテシランプ(フロントドア左右)
▽ 脱着式デッキボード
▽ フロントピラーガーニッシュ(植毛付)

あわせて、従来より設定の特別仕様車“Premium Edition”、ウェルキャブ(メーカー完成特装車)についても、ベース車と同様の改良を施している。

*1 S-VSC : Steering-assisted Vehicle Stability Control
*2 「VERY」 : ファッションに加え、美容、インテリア、食、ライフスタイル全般を提案する、30代主婦向けの雑誌
*3 ナノイー®はパナソニック(株)の登録商標。


【メーカー希望小売価格】

(北海道、沖縄のみ価格が異なる。単位 : 円)
<エスティマ>
■X:2,878,691~2,975,000
■アエラス:3,104,509~4,073,563
■G:3,382,363~3,818,291

<エスティマハイブリッド>
■X:3,918,437~3,959,673
■アエラス:4,157,000~5,235,055
■G:5,142,763


【特別仕様車 メーカー希望小売価格】(北海道、沖縄のみ価格が異なる。単位 : 円)
<エスティマ>
■特別仕様車2.4アエラス“VERY Edition”:3,338,182
■特別仕様車2.4アエラス“Premium Edition”:3,228,218

<エスティマハイブリッド>
■特別仕様車アエラス“VERY Edition”:4,363,200
■特別仕様車アエラス“Premium Edition”:4,237,527


【ウェルキャブ メーカー希望小売価格】(北海道、沖縄のみ価格が異なる。単位 : 円)
<エスティマ>
■助手席リフトアップシート車“Aタイプ”*3:2,974,000~3,158,000
■サイドリフトアップシート車(脱着タイプ)“手動式”*4:3,138,000~3,313,000
■フレンドマチック取付用専用車[ウェルライド]:3,239,000~3,423,000
<エスティマハイブリッド>
■サイドリフトアップシート車(脱着タイプ)“手動式”*4:4,099,000~4,320,000



エスティマ車両情報はこちら : http://toyota.jp/estima/
エスティマハイブリッド車両情報はこちら :
http://toyota.jp/estimahybrid/
エスティマ特別仕様車2.4アエラス“VERY Edition”車両情報はこちら :
http://toyota.jp/estima/very/
エスティマ特別仕様車2.4アエラス“Premium Edition”車両情報はこちら :
http://toyota.jp/estima/premium/
エスティマハイブリッド特別仕様車アエラス“VERY Edition”車両情報はこちら :
http://toyota.jp/estimahybrid/very/
エスティマハイブリッド特別仕様車アエラス“Premium Edition”車両情報はこちら :
http://toyota.jp/estimahybrid/premium/
エスティマ ウェルキャブ車両情報はこちら :
http://toyota.jp/welcab/estima/
エスティマハイブリッド ウェルキャブ車両情報はこちら :
http://toyota.jp/welcab/estimahybrid/

クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
4
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
5
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
down
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
7
down
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
8
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
10
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027