新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧「ラフェスタ ハイウェイスター」の仕様を一部変更 / navi

クルマニュース

「ラフェスタ ハイウェイスター」の仕様を一部変更 / navi

(2014/10/03)


日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、社長:カルロス ゴーン)は10日、「ラフェスタ ハイウェイスター」の仕様を一部変更し、同日より全国一斉に発売すると発表しました。

ハイウェイスター G (4WD)


「ラフェスタ ハイウェイスター」は、スタイリッシュなデザインと高い機能性、環境性能を兼ね備えた7人乗りのミニバンとして、お客さまから好評を得ています。

今回の一部仕様変更では4WD車にVDCを装備することで、VDCを全車標準装備とし安全性を高め、あわせて一部グレード体系を見直しました。

なお「ラフェスタ ハイウェイスター」は、2WDの「ハイウェイスターG」及び「ハイウェイスター」グレードが「環境対応車普及促進税制」の減税措置*1により、自動車取得税が80%と自動車重量税が75%の減税、「ハイウェイスター G スプレモ」は自動車取得税が60%と自動車重量税が50%の減税となります。

*1: エコカー減税の詳細については、「『ラフェスタ ハイウェイスター』エコカー減税サイト」をご参照ください。

<全国希望小売価格(消費税込み)>
(単位:円)
■ハイウェイスター:2,206,440~2,376,000
■ハイウェイスター G:2,302,560 ~2,607,120
■ハイウェイスター G スプレモ:2,570,400

「ラフェスタ ハイウェイスター」の詳細情報はこちらよりご覧ください。
WEBカタログ http://www.nissan.co.jp/LAFESTA/
エコカー減税サイト http://www.nissan.co.jp/EVENT/TAX/LAFESTA/

クリックでタグの選択
最新ニュース
ホンダ 新型インサイトに試乗。スポーティセダンに生まれ変わり、走りも見た目もゆとりを手に入れた(2019/02/19)
見た目と走りはスポーティな味付けだが静粛性が高く同乗者も快適なステップワゴン“Modulo X”(2019/02/18)
メルセデス・ベンツ 新型Aクラスに試乗。小型ハッチバックとしては決して安くない。だが車としてのバリューは価格以上だ(2019/02/17)
大幅改良された新型デリカD:5に試乗。マイナーチェンジの域を超えた進化に驚いた!(2019/02/06)
日産リーフ「e+(イープラス)」誕生! 航続距離延長“以外”の良さは?(2019/02/03)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027