新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧TOYOTA、プレミオならびにアリオンを一部改良 / navi

クルマニュース

TOYOTA、プレミオならびにアリオンを一部改良 / navi

(2014/10/03)


TOYOTAは、プレミオならびにアリオンを一部改良し、プレミオは全国のトヨペット店、アリオンは全国のトヨタ店を通じて、9月29日に発売した。

プレミオ 1.5F“EXパッケージ”(2WD) プレミオ 1.5F“EXパッケージ”(2WD)


アリオン A15“G-plusパッケージ”(2WD) <オプション装着車> アリオン A15“G-plusパッケージ”(2WD) <オプション装着車>



今回の一部改良では、1.5L・2WD車にアイドリングストップ機能(Toyota Stop & Start System)を搭載することで19.2km/L*1の低燃費を実現。「平成27年度燃費基準*2+10%」を達成するとともに、「平成17年度基準排出ガス75%低減レベル*3」の認定とあわせ、「エコカー減税」の対象とした。
また、優れた車両安定性を確保するS-VSC*4ならびに、坂道で発進する際の車両後退の不安を軽減するヒルスタートアシストコントロールを全車に標準装備。4WD車には、電子制御式のアクティブトルクコントロール4WDを採用。走行状態に合わせて最適なトルクを後輪に配分することで、安定した走りを追求している。

あわせて、ウェルキャブ(メーカー完成特装車)についても、ベース車と同様の改良を施している。

*1 JC08モード走行燃費、国土交通省審査値
*2 省エネ法に基づき定められている燃費目標基準
*3 国土交通省の低排出ガス車認定制度
*4 S-VSC Steering-assisted Vehicle Stability Control

【メーカー希望小売価格】

(北海道、沖縄のみ価格が異なる。単位 : 円)
<プレミオ>
■1.5F:1,847,782~2,119,745
■1.8X:1,986,218~2,525,237
■2.0G:2,284,691~2,840,400

<アリオン>
■A15:1,836,982~2,094,218
■A18:1,971,491~2,499,709
■A20:2,249,345~2,789,345

【ウェルキャブメーカー希望小売価格】

(北海道、沖縄のみ価格が異なる。単位 : 円)
<プレミオ>
■助手席回転スライドシート“Aタイプ”:2,052,000~2,406,437
■助手席回転スライドシート“Bタイプ”:1,995,000~2,323,000
■フレンドマチック取付用専用車:2,163,927~2,358,327

<アリオン>
■助手席回転スライドシート“Aタイプ”:2,041,200~2,370,109
■助手席回転スライドシート“Bタイプ”:1,985,000~2,290,000
■フレンドマチック取付用専用車:2,127,600~2,322,000


プレミオ車両情報はこちら:http://toyota.jp/premio/
アリオン車両情報はこちら:http://toyota.jp/allion/

クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 BMW 1シリーズ|FR至上主義を卒業させてくれる、歓びが体現されたホットハッチ(2020/01/10)
【試乗】光岡自動車 ロックスター|ベースのロードスターと異なりゆったりとしたドライブが似合う(2020/01/07)
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
【試乗】新型 スバル インプレッサスポーツ|しなやかな乗り心地は評価できるが、あまり変化を感じないビッグマイナーチェンジだ(2020/01/02)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
3
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
4
keep
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
5
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
keep
【試乗】新型 スバル インプレッサスポーツ|しなやかな乗り心地は評価できるが、あまり変化を感じないビッグマイナーチェンジだ(2020/01/02)
7
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
8
keep
トヨタ アルテッツァ AS200 【プレイバック試乗記】(2008/09/19)
9
keep
【試乗】新型 ダイハツ タント|凄いぞ、DNGA! 恐らく売れるのはカスタム。だが移動手段として優秀なのはNAだ(2019/08/27)
10
keep
【試乗】光岡自動車 ロックスター|ベースのロードスターと異なりゆったりとしたドライブが似合う(2020/01/07)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027