新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧「ノートNISMO」を発売 / navi

クルマニュース

「ノートNISMO」を発売 / navi

(2014/10/14)

日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、社長:カルロス ゴーン)は、「ノートNISMO」を10月10日より全国一斉に発売すると発表しました。

ノート NISMO S



NISMOブランドのラインナップは、2013年2月に発売した「ジュークNISMO」を皮切りに、「マーチNISMO」、「フェアレディZ NISMO」、そして「NISSAN GT-R NISMO」と、コンパクトカーからSUV、スポーツカーまで広がりを見せています。

今回発売する「ノートNISMO」は量販車種「ノート」に追加するNISMOシリーズ第5弾となるモデルです。
従来からの熱狂的なモータースポーツファンや、スポーツドライビング志向のお客さまに限らず、より幅広い層のクルマ好きなお客さまにもNISMOの情熱とこだわりを注いだクルマをご提供するため「NISMO」、「NISMO S」の2グレードを設定します。

「NISMO」は格好よく洗練されたスポーティなデザインで自己表現をしたいお客さまや、スポーティな走りと低燃費を両立させたいお客さまに、「NISMO S」はモータースポーツで培ったパフォーマンスを自分のものにしたいスポーツドライビング志向のお客さまにご満足頂ける仕様となっています。

ニスモビジネスオフィスのチーフ・プロダクト・スペシャリストである田村宏志は「"もっとどこまでも走り続けたくなるような車"を最大のコンセプトとして企画しました。コンパクトな車に上質なパフォーマンスを織り込むことで、NISMOはあなたのドライビングライフを1グレードアップいたします。」と述べました。

「ノート NISMO」 の特長は以下の通りです。

○トータルバランスに優れた運動性能が上質なパフォーマンスを実現

NISMOがモータースポーツ活動で培ってきた技術を惜しみなく投入し、パワートレイン、車体、タイヤ、サスペンション、空力などをトータルで最適チューニングすることで、バランスの取れた優れた運動性能を実現

「NISMO S」には専用チューンを施したHR16DEエンジンに5速マニュアルトランスミッションを組み合わせ、低速からの力強いトルクとマニュアルならではの自在に操る快感を実現

○NISMOレッドを活かしたひと目でNISMOと分かるスタイリッシュなエクステリア

NISMO専用エンブレムに加え、専用のフロントグリル、フロントパンパー、サイドシルプロテクター、リヤバンパー、ルーフスポイラー、NISMO専用レッドの電動格納式リモコンカラードドアミラーを装備

○各部の高いポテンシャルを最大限に引き出す要となるボディ剛性を強化

完成車メーカーのファクトリーチューンならではの強化したボディ剛性と、スムーズなエンジンパフォーマンスが、もっとどこまでも走り続けたくなるような、心地よいドライビングを提供

○多彩なシートバリエーション

「ノート NISMO S」に標準装備、「ノート NISMO」にメーカーオプション設定の「専用スポーツシート」に加え、「ノート NISMO S」には日産とRECARO社が共同開発したNISMO専用チューニングを施した「RECARO製スポーツシート」をメーカーオプションで設定

<全国希望小売価格(消費税込み)>(単位:円)

■NISMO:1,952,640
■NISMO S:2,244,240

NISMO、NISMO S共通の主要装備



・NISMO専用フロントグリル、フロントバンパー、サイドシルプロテクター、リヤバンパー、ルーフスポイラー
・NISMO専用LEDハイパーデイライト(車幅灯連動)
・NISMO専用エンブレム(センタークラスター)
・NISMO専用車速感応式電動パワーステアリング
・NISMO専用レッドフィニッシャー(エアコン吹き出し口、プッシュエンジンスターター)
・NISMO専用ダークシルバーフィニッシャー(センタークラスターサイド、パワーウインドウスイッチベース、オートエアコンセンター)
・サイドターンランプ付電動格納式リモコンカラードドアミラー(NISMO専用レッド)
・リヤフォグランプ
・シャークフィンアンテナ
・全4色のカラーバリエーション:
ブリリアントホワイトパール(3P) <特別塗装色>、ダークメタルグレー(M)、スーパーブラック、ブリリアントシルバー(M) *2

*2: (3P)は3コートパール、(M)はメタリックの略

NISMO専用装備(上記共通装備に加えて)



・NISMO専用本革・アルカンターラ®巻3本スポークステアリング(レッドセンターマーク、レッドステッチ付)
・NISMO専用エンブレム(フロント・リヤ)
・NISMO専用サスペンション
・NISMO専用チューニングコンピューター(ECM)
・NISMO専用シート地(トリコット)&専用ドアトリムクロス
・NISMO専用シフトノブ&シフトベース
・NISMO専用エキゾースト(φ85)
・NISMO専用ボディ補強(フロントトンネルステー/リヤトンネルステー)

NISMO S専用装備(上記共通装備に加えて)



NISMO S専用本革・アルカンターラ®巻3本スポークステアリング(レッドセンターマーク、レッドステッチ付)
NISMO S専用エンブレム(フロント・リヤ)
NISMO S専用サスペンション
NISMO S専用チューニングコンピューター(ECM)
NISMO S専用エキゾーストシステム(φ100)
NISMO専用ブレーキシステム(リヤディスクブレーキ)
NISMO専用スエード調スポーツシート(nismoロゴ入り、レッドステッチ付)&ドアトリムクロス
NISMO専用コンビメーター(nismoロゴ入り、260km/hスケール)
NISMO専用シフトノブ&シフトベース(レッドフィニッシャー付)&シフトブーツ(レッドステッチ付)
NISMO専用アルミ製アクセル・ブレーキ・クラッチペダル、フットレスト(nismoロゴ入り)
NISMO専用ブリヂストンPOTENZA S007(205/45R17 84W)タイヤ&17インチアルミホイール
NISMO専用ボディ補強(フロントトンネルステー/リヤトンネルステー、フロントサスペンションメンバーステー、リヤクロスバー、リヤアンダーフロアVバー、リヤサスペンションメンバーステー)
NISMO専用エアインテークシステム
HR16DEエンジン(NISMO S専用チューン)*3
5速マニュアルトランスミッション

*2: エンジンの最高出力は103kW(140PS)/6400rpm、最大トルクは163N・m(16.6kgf・m)/4800rpm

NISMOについて


・NISMOは、日産の「今までなかったワクワクを(Innovation and excitement)」を具現化するパフォーマンスブランドです。
・NISMOはストリート用の商品ラインナップも有し、革新的な技術とパフォーマンスをこれまでよりも広いお客さまに届けていくことに力を入れていきます。NISMOのクルマはモータースポーツで培われた空力スタイリング、卓越したハンドリングときびきびとした走りでお客さまにワクワクしたドライビングを提供していきます。
・モータースポーツの世界では、日本のSUPER GTや世界耐久選手権(WEC)等のGTカーやスポーツカーの最高峰のレースに自ら参戦するとともに、ルマン24時間レースやヨーロッパ ル・マンシリーズ(ELMS)に参戦しているチームにエンジンを供給しています。

クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
4
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
5
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
7
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
8
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
10
up
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027