新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧「マツダ アクセラ」ハイブリッド車を一部改良 / navi

クルマニュース

「マツダ アクセラ」ハイブリッド車を一部改良 / navi

(2014/10/31)

−衝突被害軽減ブレーキ標準化など、装備を充実−

マツダ株式会社は、エモーショナルなデザインや優れた応答性をもつ楽しい走り、先進の環境・安全性能が高く評価されている『マツダ アクセラ』において、ハイブリッド車を一部改良し、全国のマツダ系、マツダアンフィニ系およびマツダオートザム系販売店を通じて11月20日に発売します。

マツダ アクセラ「HYBRID-S L Package」



今回の改良において、『アクセラ』のハイブリッド車に、低速走行時の衝突被害をブレーキの自動制御で回避または軽減する「スマート・シティ・ブレーキ・サポート(SCBS)」&AT誤発進抑制制御を標準装備化しました。これにより安全を重視してクルマ選びをされるお客様のニーズに応えます。衝突被害の回避または軽減をサポートする自動ブレーキを、ハイブリッド車の全機種に標準装備化するのは、日本メーカーでは初めて*1です。

また、ハイブリッド車の最上級機種「HYBRID-S L Package」には、夜間の前方視界確保をサポートする「ハイ・ビーム・コントロールシステム(HBC)」と車線逸脱の危険をドライバーに警告する「車線逸脱警報システム(LDWS*)」を標準装備化しました。さらに、これまでハイブリッドでは選択できなかった18インチタイヤ&アルミホイールを設定し、ハイブリッド車でもアクセラらしく、外観デザインの躍動感をさらに高めるとともに、操縦安定性を向上させました。

■「マツダ アクセラ」一部改良の概要は以下の通り
ハイブリッド全機種に衝突被害の回避または軽減をサポートする自動ブレーキを標準装備

・「スマート・シティ・ブレーキ・サポート(SCBS)&AT誤発進抑制制御」を標準装備化。

18インチタイヤ&アルミホイールや先進安全装備、その他快適装備を追加

・215/45R18 89Wタイヤ&18×7Jインチアルミホイールを標準装備化[「HYBRID-S L Package」]、およびメーカーセットオプションとして新設[「HYBRID-S」]
・「ハイ・ビーム・コントロールシステム(HBC)」と「車線逸脱警報システム(LDWS*)」を標準装備化[「HYBRID-S L Package」]、およびメーカーセットオプションとして新設[「HYBRID-S」] *LDWS:Lane Departure Warning System
・「自動防眩ルームミラー」および「クルーズコントロール」を標準装備化[「HYBRID-C」]

■『アクセラ』ハイブリッド車のメーカー希望小売価格(消費税込)は以下のとおり(今回変更した機種のみ)
■HYBRID-C:2,473,200円
■HYBRID-S:2,586,600円
■HYBRID-S L Package※:2,813,400円


ガソリンエンジン車、ディーゼルエンジン車には装備・価格の変更はなし。 詳細はアクセラホームページ(http://www.axela.mazda.co.jp/)をご確認ください。 - 上記メーカー希望小売価格に加えて、購入時にリサイクル料金11,150円が別途必要。 - 特別塗装色「ソウルレッドプレミアムメタリック」を選択した場合は54,000円高、「スノーフレイクホワイトパールマイカ」を選択した場合は32,400円高(ともに消費税込)

*1 日本メーカーのハイブリッド車(プラグインハイブリッド車除く、2014年10月現在、マツダ調べ)

■マツダの先進安全技術「i-ACTIVSENSE(アイ アクティブセンス)」概要と一覧

http://www.mazda.com/jp/publicity/release/2012/201209/120921a.html

クリックでタグの選択
最新ニュース
スズキ、新型「スペーシア」、「スペーシア カスタム」を発売(2017/12/14)
デビュー時とは別物! 新グレード「1.4ターボ」にスズキ エスクードの成熟を見た(2017/12/08)
新型リーフは先代に比べて良くなったし、航続距離もそこそこ延びた。しかし、アームレストは微妙だ(2017/12/02)
マイチェンで安心感がアップ。スズキ SX4 S-CROSSは乗れば乗るほど味が出る車である(2017/11/25)
新型ステップワゴンは、スポーツハイブリッド導入で速くて快適なミニバンへと進化した(2017/11/19)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027