新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ダイハツ 新型軽乗用車「ウェイク」を発表 / navi

クルマニュース

ダイハツ 新型軽乗用車「ウェイク」を発表 / navi

(2014/11/10)

ウェイク G“SA” ウェイク G“SA”



ダイハツ工業(株)は、新型軽乗用車「ウェイク」を、11月10日から全国一斉に発売する。

「WAKE(ウェイク)※1」は、もっと軽にできることの追求として「視界の良さ」「荷室の広さ」に着目し、日常用途はもちろんレジャー用途まで多用途に使える新ジャンルの軽自動車を目指し開発。企画段階から45の使用シーンを想定し、それぞれのシーンで最適なクルマを目指して、驚きのパッケージアレンジとすることで、座って分かる見晴らしの良さ「ファインビジョン」や軽最大の室内空間※2「ウルトラスペース」を実現し、さらにレジャーシーンで活躍する様々な装備やオプション用品を設定した。

また、45の想定シーンの中でも、キャンプや釣りなどレジャー人口の多い6ジャンルの「レジャー・プロフェッショナル」と開発段階からコミュニケーションを図り、レジャーシーンでの利便性を向上した。

新型軽乗用車「ウェイク」の特長は以下のとおり
①座って分かる見晴らしの良さ「ファインビジョン」
②軽最大の室内空間「ウルトラスペース」
③高さを感じさせない安心・安全の基本性能「ファン&リラックスドライブコンセプト」
④圧倒的な荷室の使い勝手の良さ「ミラクルラゲージ」
⑤存在感と多用途性を感じる塊感のあるスタイリング「WAKUWAKU BOX」

※1:英語の「wake=目覚める、目覚めさす」の意味から、「ワクワクした気持ちを呼び覚ますクルマ」との思いを表現
※2:ダイハツ調べ。(室内長×室内幅×室内高)2014年10月現在

*「ウェイク」の特長*

座って分かる見晴らしの良さ「ファインビジョン」

◆運転しやすい軽自動車を追求
・目線の高さを1,387mm※3として、座って分かる「見晴らしの良さ」を実現。遠くまでしっかりと見通すことが出来るため、ドライバーが多くの情報をキャッチでき、ゆとりある運転が可能
・高速走行時も安心して運転できるように、車内での包まれ感を考慮したベルトライン高を設定※3:JM50(日本人男性平均身長170cm)での寸法

軽最大の室内空間「ウルトラスペース」

◆軽最大の室内空間を1,835mmの全高で実現
・全高1,835mm、室内高は軽自動車トップ※4の1,455mmとして、大人4人がゆったりと乗車でき、レジャー使用時に大人が車内で窮屈に感じることなく着替えが可能な室内空間
・地上からドア開口高までを1,700mmとして、乗り降りの際に子供はかがむことなく、成人やお年寄りは腰を曲げずに、ラクな姿勢で乗り込むことが可能に
※4:ダイハツ調べ。2014年10月現在

高さを感じさせない安心・安全の基本性能「ファン&リラックスドライブコンセプト」

◆全高1,835mmに対応した、高い車両安定性と乗り心地の良さ
・全高1,835mmを実現すべく、サスペンションやボディ構造を進化。高さを感じさせない操縦安定性や乗り心地の良さを実現
・フロントアブソーバーロッドやリヤアブソーバーのサイズアップなどによる高剛性化を行い、安定性を向上。さらにウレタンバンプスプリングの採用やスタビライザーの標準装備により、コーナリング時のロールを抑制し、操縦安定性と乗り心地を高い次元で融合した、安心感のある走行性能を実現

◆直進安定性を高める空力フィンの採用
・空気の流れに着目し、ダイハツ車で初めて空力フィンを採用することで、直進安定性を向上

◆軽量化による重心高の抑制
・ルーフパネルなどの板厚最適化や外板の樹脂化で、重心より上の部品を軽量化し、タントと比較して、全高85mmアップに関わらず、重心高は約10mmのアップに抑制

◆上質な室内空間を演出すべく、高い静粛性を実現
・トルクコンバーターのダンパー特性変更(TC車※5)による音源の改善や、シェルボディの板合わせからの音漏れ防止など侵入経路の遮断、ダッシュパネル板厚アップや吸遮音材の最適配置などを行い、高い静粛性を実現
※5:turbo charger engine(ターボエンジン)

圧倒的な荷室の使い勝手の良さ「ミラクルラゲージ」

◆大容量ラゲージアンダートランクを設定
・約90L※6の大容量ラゲージアンダートランクには、2Lペットボトルが24本積載でき、高い室内高と合わせれば、ゴルフバッグなどを立てて積むなど、リヤシートを畳むことなく、長尺物を積載することが可能
※6:4WD車は約16L。社内測定値

◆上下2段調節式デッキボード(固定フック付)で変幻自在の収納力
・G、G“SA”グレードに標準装備の上下2段調節式デッキボード(固定フック付)※7の脚を立てると、ラゲージアンダートランクの容量がアップ。デッキボード上にも荷物の積載が可能
※7:D、L、X(“SA”を含む)グレードにメーカーオプション

◆リヤシート背面のスライドレバー設定や撥水加工シートの採用
・荷室側からもリヤシートのスライド操作が可能なスライドレバーを設定し、利便性を向上
・シートは撥水加工のフルファブリックシートを採用し、さらにリヤシート背面は塩化ビニール加工で、水濡れや汚れも簡単に拭き取り可能

◆充実したポケッテリアで抜群の収納力
・助手席前に約6.6L※8の大型インパネトレイを設定し、一眼レフカメラやタブレットなどを収納
・その他インパネセンターポケットや助手席アンダーボックスなど大小様々なポケッテリアを採用して、使い勝手の良さをさらに向上
※8:社内測定値

◆開発段階からレジャー・プロフェッショナルによる評価を行い、レジャーに最適なクルマを実現
・想定していた45シーンの中でもレジャー人口の多い6ジャンル(キャンプ、釣り、登山、サイクリング、サーフィン、スキー/スノーボード)のレジャー・プロフェッショナルと開発段階からコミュニケーションを図り、荷室の使い勝手を向上するための仕様変更や、多数のオプション用品設定など、レジャー使用時の利便性を向上
・ラゲージの積載力を大幅に向上すべく、上下2段調節式デッキボード(固定フック付)※9やユーティリティフック、荷室床面フック、固定ベルトを組み合わせた「レジャーベースパック」を全車にメーカーオプションで設定。大きな荷物をしっかりと固定し、荷崩れを防ぐ
・レジャーベースパックのユーティリティフックを利用して、ディーラーオプションの「ラゲージボード」を取り付けると、荷室高さを活かした効率的な収納が可能
※9:G、G“SA”グレードに標準装備

存在感と多用途性を感じる塊感のあるスタイリング「WAKUWAKU BOX」
◆エクステリアデザイン
・フード高さや立てたバックドアにより「存在感」を表現。また、フロントバンパーのコーナーを大きく面取ることで「塊感」を醸成。2トーンカラーのバンパーとメッキ加飾したフォグランプや、縦長のクォーターウィンドゥ、プロテクター風サイドターンベゼルで「個性」を表現
・全車LEDヘッドランプを採用し、さらに面発光のクリアランスランプが個性的な表情を演出
・「ウェイク」専用のフロントエンブレムを設定
・カラーバリエーションは全8色に加え、3種類の2トーンカラーを設定

◆インテリアデザイン
・フラットなインパネ上面で見晴らしの良さを表現し、メーターは金属加飾をほどこし※10、堂々とした印象の立体センターメーターを採用
※10:X、G(“SA”グレード含む)グレードに標準装備

25.4km/Lの低燃費やスマートアシストの採用、さらにワンタッチオープン機能付のスライドドアなど快適装備も充実

◆軽最大の室内空間を実現しながら、25.4km/L※11でエコカー減税「免税」レベルに適合
・クールドi-EGRやCVTサーモコントローラー、エコ発電制御などe:Sテクノロジーを採用し、25.4km/L と軽自動車にふさわしい低燃費を実現
・エコドライブアシスト照明を採用し、燃費の良い運転をすることで、「見えるエコ」を実感
※11:JC08 モード走行燃費。国土交通省審査値。2WD NA車

◆スマートアシストを採用、さらにVSC&TRCは全車標準装備
・スマートアシストは「低速域衝突回避支援ブレーキ機能」「誤発進抑制制御機能」「先行車発進お知らせ機能」の3つの要素で構成
・全車にVSC&TRC、エマージェンシーストップシグナル、SRSサイドエアバッグを標準装備

◆充実の快適装備
・パワースライドドアのアウターハンドルには、ワンタッチスイッチを内蔵し、約80cm以内で電子カードキーを所持していれば、ワンタッチでドアの自動解錠と自動ドアオープンが可能
・スーパーUV&IRカットガラス(フロントドア)とスーパークリーンエアフィルターをセットにしたコンフォータブルパックをG、G“SA”グレードに標準装備※12
・ダイハツ車初となる後席(左右)のシートベルト締め忘れ警告灯を設定し、メーター内のインジケーター表示で、全席のシートベルト締め忘れを警告
※12:D、L、X(“SA”を含む)グレードにメーカーオプション

*販売概要*

国内月販目標台数:5,000台
発表展示会 :2014年11月15、16日

*メーカー希望小売価格(消費税込み)*
▼【ウェイク】
■D:1,350,000円
■D“SA”:1,393,200円
■L:1,522,800円~1,647,000円
■L“SA”:1,566,000円~1,690,200円
■X:1,620,000円~1,744,200円
■X“SA”:1,663,200円~1,787,400円
■G:1,706,400円~1,830,600円
■G“SA”:1,749,600円~1,873,800円

◎北海道地区の2WD車D、D“SA”グレードは、10,800円(消費税込み)高、 L、X、G(“SA”含む)グレードは14,040円(消費税込み)高。 価格にリサイクル料金含まず

クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】ボルボ 新型XC40リチャージプラグインハイブリッド T5 インスクリプション|電動化戦略第1弾における最後の1台が登場(2020/11/29)
美力を上げたモダンスポーツ JAGUAR F-TYPE CONVERTIBLE【Car as Art !】(2020/11/21)
【試乗】レクサス 新型LCコンバーチブル|待望のオープンが登場。優雅でエレガントな佇まいと走りが魅力(2020/11/18)
【試乗】アウディ 新型e-tronスポーツバック|満を持して日本のプレミアム電気自動車市場に登場したアウディのピュアEV(2020/11/17)
【試乗】新型 メルセデスベンツ GLS|長距離、大雨で真価を発揮したフラグシップSUV(2020/11/12)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027