新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧「ジューク」に「NISMO RS」を追加--「ジューク」の頂点を極め、クラストップレベルのパフォーマンスを実現-- / navi

クルマニュース

「ジューク」に「NISMO RS」を追加--「ジューク」の頂点を極め、クラストップレベルのパフォーマンスを実現-- / navi

(2014/11/11)


日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、社長:カルロス ゴーン)は11日、「ジューク」に新グレード「NISMO RS」を追加し、26日より全国一斉に発売すると発表しました。

NISMO RS


NISMOブランドのラインナップは、「マーチNISMO」、「ノートNISMO」、「フェアレディZ NISMO」、そして「NISSAN GT-R NISMO」と、コンパクトカーからSUV、スポーツカーまで広がりを見せています。

本年7月にマイナーチェンジした「ジューク」に、今回、パフォーマンスをより追求するお客さまに向けて、「ジューク」のラインナップの頂点を極める新グレード「NISMO RS」を追加し、発売します。「NISMO RS」は、従来の「ジュークNISMO」からのさらなるエンジン出力向上によりクラス内*1量産車トップレベルの出力を実現したほか、車体剛性の向上、ブレーキ性能の強化、サスペンションや電動パワーステアリングの専用チューニングを行うとともに、その高いパフォーマンスに見合うシート剛性とホールド性をもつRECARO製スポーツシートにもNISMO専用チューニングを施しました。

「NISMO RS」 の特長は以下の通りです。

○クラストップレベルの馬力、トルクを誇るハイパフォーマンス
「NISMO RS」のベース車「16GT FOUR」ではロープレッシャークールドEGR*2の採用により燃費性能を向上させたのに対し、「NISMO RS」ではECUセッティングのさらなる改良により最高出力を向上させた「NISMO RS」専用の1.6リッター直噴ターボエンジンとしました。コンロッドベアリングの耐久性を向上し、高回転域でも力強いトルクを持続することを可能にしました。これに、8速マニュアルモード付エクストロニックCVTとパドルシフトを組み合わせることで、「ジューク」の頂点を極めるのにふさわしい走る歓びを実現しています。

○制動フィーリングと耐フェード性能を高めた専用ブレーキシステム
フロントブレーキローター径を拡大し、リヤにベンチレーテッドディスクを採用しました。キャリパーの性能やブレーキパッドの耐フェード性なども向上しています。これによりスポーツドライビング時の高レベルな制動フィーリングを実現しました。さらに、キャリパーには「NISMO RS」を象徴する赤塗装を施し、お客さまが「NISMO RS」を所有する歓びを喚起します。

○「NISMO RS」ならではの高い出力を受け止め、よりドライバーの意図に沿った走り
ベース車の17インチから18インチへのサイズアップをしながらも形状最適化による軽量化を実現したアルミホイールにより、ばね下重量の軽減を実現。運動性能と乗り心地の両立を実現しました。出力の向上した「NISMO RS」の走りの特性に合わせて、サスペンションのチューニングを施し、より幅広いシーンで楽しめる足回りとしました。また、「ALL MODE 4X4-i」のトルクベクトル機能はエンジン出力の向上に伴い、「NISMO RS」のために高められたトルクを最適に配分し、ドライバーの狙い通りのコーナリング性能を発揮します。さらに、車速感応式電動パワーステアリングのチューニングにより、従来の「ジューク」の取り回しの良さと、ワインディング路や高速走行時におけるしっかりした手ごたえを両立しました。これらの専用チューニングにより、「NISMO RS」ならではのスポーティな操縦感覚を実現しました。

○完成車メーカーのファクトリーチューンでしかできない質量バランスまで考え抜いた効果的な車体剛性
強靭なボディを作り上げることにより、エンジン、ブレーキ、タイヤ、サスペンションの高いポテンシャルを最大限に引き出します。日産追浜工場における車体組み立て段階で車体各部に補強を追加し、車体ねじり剛性を向上しました。これにより精緻でクイックなステアリングレスポンスとしっかりとした質感の高い乗り心地を高い次元で両立しています。

○最新の空力解析装置による最適なエアロチューンを実施
NISMOならではのレーシング活動の中からのフィードバックを受けた、より空力に優れたデザインを採用。高速走行時は空気の流れをコントロールし、空気抵抗(Cd値)を犠牲にすることなくダウンフォースを向上させることで、車両の姿勢変化を抑えて走行時の安心感を高めました。ワインディング路や悪天候時においてもダウンフォースを最適化することで、タイヤのグリップ力が向上しました。

○スポーツドライビングに集中できる環境を実現した、NISMO専用チューニングRECARO製スポーツシート
車両の高出力化、車体強化、ブレーキ強化に伴う、シート性能を高めた、日産とRECARO社の共同開発によるNISMO専用チューニングRECARO製スポーツシートを採用しました。シェル構造で高レベルのシート剛性やホールド性を誇るRECARO製シートをベースに、NISMO専用のチューニングを施しました。

<全国希望小売価格(消費税込み)>(単位:円)
■NISMO RS:3,434,400

<「NISMO RS」車両概要>

主要特別装備

○究極のパフォーマンスを生み出すパワートレイン
・エンジン性能向上
出力 157kW(214PS) ← 140kW(190PS)
トルク 250N・m(25.5kgf・m) ← 240N・m(24.5kgf・m)
・トランスミッション
エクストロニックCVT-M8 ← エクストロニックCVT-M7

○エアロダイナミクスデザインとNISMOレッドを活かしたひと目でNISMOと分かるスタイリッシュなエクステリア
・フロントコンビランプ
・LEDハイパーデイライト(車幅灯連動)
・225/45R18 タイヤ&NISMO専用18インチアルミホイール(18×7J)
・NISMO専用フロントグリル
・NISMO専用フロントバンパー
・NISMO専用リヤバンパー
・NISMO専用サイドシルプロテクター
・NISMO専用オーバーフェンダー
・NISMO専用ルーフスポイラー(ハイマウントストップランプ付)
・NISMO専用エキゾーストフィニッシャー
・NISMO RS専用サスペンション
・NISMO RS専用フロントブレーキローター
・NISMO RS専用リヤベンチレーテッドディスクブレーキ
・NISMO RS専用赤塗装ブレーキキャリパー
・サイドターンランプ付電動格納式リモコンカラードドアミラー
(ドアロック連動自動格納機能付、NISMO専用レッド)
・キセノンヘッドランプ(ロービーム/オートレベライザー付、プロジェクタータイプ)
・NISMO RS専用エンブレム(フロントグリル&バックドア)
・ボディカラーは、ブリリアントホワイトパール(3P)、ブリリアントシルバー(M)、スーパーブラックの3色を設定
* フロントフォグランプは装着されません

○NISMOスピリッツを感じさせるインテリア
・NISMO専用本革・アルカンターラ®*3巻3本スポークステアリング(レッドセンターマーク、レッドステッチ付)
・NISMO専用タコメーター(nismoロゴ入り、レッド文字盤)
・NISMO RS専用スピードメーター(RSロゴ入り、240㎞/hスケール)
・プッシュエンジンスターター(NISMO専用レッドリング)
・NISMO専用フィニッシャー(センタークラスター、エアコン吹き出し口、メーター周り、シフトノブ、シフトベース周り、パワーウインドウ、インテリジェントコントロールディスプレイダイヤルスイッチ)
・パドルシフト(メタル調)
・フロントセンターコンソール(メタル調)
・NISMO専用チューニングRECARO製スポーツシート(nismoロゴ入り)
・ルーフトリム(ブラック)
・Sパック(SRSサイドエアバッグシステム<運転席・助手席>、SRSカーテンエアバッグシステム、後席アシストグリップ
<左右>)
・内装色はブラック<X> (NISMO専用)のみの設定
*助手席シートバックポケットは装着されません

○メーカーオプション
・アラウンドビューモニター(MOD〔移動物 検知〕機能付)&ディスプレイ付自動防眩式ルームミラー
*アラウンドビューモニターを装着した場合、サイドアンダーミラーは非装着となります。

*1: 1.6Lガソリンターボ車。
*2: ロープレッシャークールドEGR: エキゾーストマニホールド触媒通過後のクリーンな排気ガスを冷却した後、ターボチャージャー手前に再循環させる世界初採用のEGRシステム。
*3: アルカンターラ®はアルカンターラ社のスエード調人工皮革で、アルカンターラ社の登録商標です。

「ジュークNISMO」の詳細情報はこちらよりご覧ください。

「ジュークNISMO」WEBカタログ

クリックでタグの選択
最新ニュース
ぶつかるー! と心で叫んでもジェントルに停止するトヨタの先進安全機能『Toyota Safety Sense』第2世代(2018/06/18)
新型カローラハッチバック(プロトタイプ)がすごい!走りもデザインもスポーティに磨かれた!(2018/06/17)
クラウン(プロトタイプ)がお披露目されました! 先進装備はもちろん優れた走りと洗練されたデザインへと進化しました!!(2018/06/17)
ロードスターRF(プロトタイプ)は、見た目は変わらずも中身は全く違う車になった!(2018/06/16)
間違いなく史上最強! キープコンセプトながら中身は刷新された3代目カイエン(2018/05/11)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027