新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧マツダ、「Mazda6」と「Mazda CX-5」の改良モデルを世界初公開 / navi

クルマニュース

マツダ、「Mazda6」と「Mazda CX-5」の改良モデルを世界初公開 / navi

(2014/11/20)


マツダ株式会社(以下、マツダ)は本日、ロサンゼルスオートショー*1にて『Mazda6(日本名:マツダ アテンザ)』および『Mazda CX-5』の改良モデルを世界初公開しました。『Mazda6』および『CX-5』の改良モデルは、2015年1月の米国、日本を始めとして、グローバル販売を順次開始します。

「Mazda6」改良モデル(米国仕様車)
「Mazda CX-5」改良モデル(米国仕様車)


新しい『Mazda6』および『CX-5』は、より洗練されたデザイン表現、上質さと快適性を高めたダイナミック性能、カーコネクティビティシステム「Mazda Connect(マツダ コネクト)」*2や先進安全技術「i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」の採用など、マツダの最新の技術や思想を反映し深化・熟成を図っています。また、これら改良モデルには、夜間走行におけるドライバーの認知支援を強化する新世代ヘッドランプ「アダプティブ・LED・ヘッドライト(ALH)」*3をマツダ車で初めて採用しています。

『Mazda6』および『CX-5』は、新型コンパクトクロスオーバーSUV『Mazda CX-3』および2人乗り小型オープンスポーツカー・新型『Mazda MX-5(日本名:マツダ ロードスター)』とともにロサンゼルスオートショーに出品しています。

小飼 雅道(こがい・まさみち)代表取締役社長兼CEOは、次のように語っています。「マツダの新世代商品は、導入以降、お客様からご好評をいただいております。このたび、マツダブランドを象徴する『MX-5』、マツダ最新の技術と思想を反映した『Mazda6』と『CX-5』の改良モデル、そして成長著しいコンパクトSUVセグメントに投入する『CX-3』と、より多くのお客様のニーズに対応するラインアップとしました。今後も、新世代商品をさらに進化させていき、これらの商品により、お客さまの人生をより豊かにし、長く続く強い絆をお客様との間に築いていきたいと考えています。」

*1 正式名称は「Los Angeles Auto Show」。プレスデーは11月18日から20日、一般公開日は11月21日から30日まで。
*2 日本、米国、カナダ、メキシコでの名称。その他の市場での名称は「MZD Connect」。
*3 装備の採用は国や市場によって異なります。

クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 日産 キックス|e-POWERの制御は素晴らしいが、インテリアの質感には課題が残る(2020/09/10)
【試乗】新型 ダイハツ タフト|ギア感あふれる見た目にふさわしい力強い走りの軽(2020/09/02)
【試乗】新型 トヨタ ハリアー|価格と高級感がバランスし、デザインと走りがともに成熟(2020/08/30)
【Car as Art !】メルセデス・ベンツ GLE 450 4MATIC Sports(2020/08/26)
【試乗】新型 三菱 eKクロススペース|外観とは裏腹な、しなやかな乗り心地に好感(2020/08/20)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 トヨタ ハリアー|価格と高級感がバランスし、デザインと走りがともに成熟(2020/08/30)
2
keep
【試乗】新型 アウディ SQ2│小さくても侮ることなかれ! 300馬力のエンジンは高いパフォーマンスを発揮する(2020/06/07)
3
keep
【試乗】新型 日産 キックス|e-POWERの制御は素晴らしいが、インテリアの質感には課題が残る(2020/09/10)
4
keep
【試乗】マツダ MAZDA3ファストバックとミニ ミニ ジョン・クーパー・ワークス|和洋ハッチバックに乗って感じた、対極に思えるモデルでも共通点があるのだと(2020/08/11)
5
up
【試乗】ホンダ フリード+ クロスター│滑らかな走りと広々室内が魅力の1台(2020/04/29)
6
up
【試乗】新型 ダイハツ タフト|ギア感あふれる見た目にふさわしい力強い走りの軽(2020/09/02)
7
up
【試乗】新型 日産 ルークス|競合スーパートールワゴンより確実に高い「質」を用意した1台(2020/08/17)
8
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス ガソリン&ハイブリッド│ボディ剛性と静粛性が高い! ついスポーティな走りがしたくなる(2020/05/30)
9
down
【試乗】トヨタ 86GR|新車価格にも納得のクオリティの高さ! さすがメーカーの息がかかったチューニングモデルだ(2020/07/11)
10
up
【試乗】新型 三菱 eKクロススペース|外観とは裏腹な、しなやかな乗り心地に好感(2020/08/20)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027