新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧NISSAN GT-R 15年モデルを発売 / navi

クルマニュース

NISSAN GT-R 15年モデルを発売 / navi

(2014/11/25)


日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、社長:カルロス ゴーン)は11月25日、「NISSAN GT-R」の15年モデルを、同日より全国一斉に発売すると発表しました。

Premium Edition

Track Edition engineered by nismo


「NISSAN GT-R」は、2007年の発売以降、圧倒的なパフォーマンスを誇るスーパースポーツカーとして認知され、「今までなかったワクワクを」体現したモデルです。

「NISSAN GT-R」は、「GT:グランツーリスモ」の精神に則ったより上質な乗り心地、どこまでも気持ち良く走り続けられる性能と、「R:レーステクノロジー」に基づく圧倒的な速さという、2つの要素の高次元での両立を目指しています。これは「NISSAN GT-R」が標榜してきたマルチパフォーマンスを追求することと同義であり、ワインディングロードでも、高速道路での巡航でも、市街地でのドライブでも、ドライバーは「NISSAN GT-R」がもたらす最高の性能を楽しむことが可能です。

昨年マイナーチェンジを行ったNISSAN GT-R 14年モデルでは、圧倒的なパフォーマンスを維持しながら、より上質な大人の乗り味を実現しました。今回発売する15年モデルは、その乗り心地をさらに進化させ、成熟させたモデルです。その内容は、ドライバーが思い描くラインを思い通りにトレースできる性能を高め、低速域から高速域まですべての速度域での操縦安定性を向上させたこと、また、音・振動の特性を綿密に分析、徹底的に部品の見直しや細部にわたっての作りこみを行うことで、振動や騒音を低減し快適性も向上しました。

また、よりスポーティーな走りを楽しみたいお客さま向けとして、基準車をベースにGT-R NISMOのテクノロジーを融合させた新グレード「Track edition engineered by nismo」を追加しました。

「NISSAN GT-R」15年モデルの概要は以下の通りです。

1.メカニズム
サスペンション

・ショックアブソーバーの減衰力特性の変更やECUのチューニングを行うことで、意図しない車両の動きが抑えられ、コーナリング時にドライバーが狙った通りのラインを走行することが可能になりました。また、それにより荒れた路面などで修正舵を減少させることができ、安心感のある走りを実現しました。

タイヤ

・タイヤの材質や内部構造を見直すことで、路面追従性の向上とともに、轍などでもハンドルがとられにくくなり、走行時の安心感を高めました。また、併せて路面から受ける力も吸収し、乗り心地を向上させました。

ブレーキ

・ブレーキパッド及びパッドとピストンの間のシムの形状変更により、踏み始めからのフィーリングをスムーズでドライバーの意図に沿うようにコントロール性を向上。また、ブレーキ性能を維持しながら不快な音を低減しています。

ステアリング

・ステアリング・ダイナミック・ダンパーの設定を最適化し、アイドル時の振動や路面から伝わる振動を低減させました。

エンジン・トランスミッション・ドライブトレイン

・エンジンとトランスミッションの制御のチューニング及びトランスアクスルやドライブシャフト等の構造上の隙を最適化することで、アクセルペダルのオン・オフ時の振動を改善、走行時の音や振動を抑えました。
・フライホイールハウジング内のベアリングの仕様を変更し、静粛性を向上させました。

その他

・トランクカーペットの材質を見直し、静粛性を高めました。

2.仕様、装備

・これまで期間限定でディーラーオプションの設定(※)のみであったレイズ製ダブルスポークアルミ鍛造ホイール(ハイパーブルーブラッククロームカラーコート)を正式にメーカーオプションとして採用しました。
※Premium Editionのみ

3. Track edition engineered by nismo

・よりスポーティーな走りを楽しみたいお客さまのために、新しいグレード「Track edition engineered by nismo」を設定しました。本グレードでは、NISMOのテクノロジーを凝縮した「GT-R NISMO」の専用部品を使用することでよりスポーツ走行に適したパフォーマンスを実現しました。主な専用装備は下記の通りです。

・専用ボンディングボディ
・専用拡幅フロントフェンダー(アウトレットダクト付)
・専用サスペンション
・専用スタビライザー(フロント・リヤ 高バネレート)
・専用レイズ製アルミ鍛造ホイール
・専用タイヤ:DUNLOP SP SPORT MAXX GT 600 DSST

<全国希望小売価格(消費税込み)>(単位:円)
■GT-R Pure edition:9,477,000
■GT-R Black edition:10,400,400
■GT-R Premium edition:10,587,240
■GT-R Track edition engineered by nismo:11,700,720

「NISSAN GT-R」15年モデルの詳細情報はこちらからご覧ください。
http://www.nissan.co.jp/GT-R/(WEBカタログ)
https://www.youtube.com/watch?v=pfX8r80avnc(特別動画サイト)

クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】マツダ CX-8/CX-5/CX-30│まさかここまでとは! オフロード試乗でわかった、マツダSUVシリーズ真の実力(2020/02/28)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLCクーペ|力強い体躯を軽快にコントロールする新エンジン(2020/02/27)
【試乗】新型 スカイライン 400R|国産らしさをしっかり残した、職人の仕事場のようなモデルだ(2020/02/25)
【試乗】新型 ボルボ S60 T6 ツインエンジン AWD インスクリプション|モーターとエンジンが違和感なく調和して乗りやすい(2020/02/25)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
3
down
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
4
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
7
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
8
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
9
down
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
10
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027