新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧「マツダ タイタン」を一部商品改良 / navi

クルマニュース

「マツダ タイタン」を一部商品改良 / navi

(2014/11/28)



−主要モデルは「平成27年度燃費基準+10%」を達成−

マツダ株式会社は、『マツダ タイタン』を一部商品改良し、全国のマツダ系、マツダアンフィニ系販売店を通じて、本日より発売します。

マツダ タイタン(3.0Lディーゼル・2WD・標準キャビン・平ボディ・フルワイドロー・2.0t積載・デラックス)



今回の一部商品改良では、エンジン本体の改良に加え、補機類の刷新といった商用車における新技術を採用することで、重量車モード燃費*1を向上*2。全車で「平成27年度燃費基準達成」と「低排出ガス車*3」の認定を受けました。

また主要モデル*4においては、新アイドリングストップ&スタートシステム「ecostop(エコストップ)*5」を標準装備することで、「平成27年度燃費基準達成」を上回る、「平成27年度燃費基準+10%」を達成。エコカー減税(自動車取得税および自動車重量税の免税)の対象となりました。

■「マツダ タイタン」一部商品改良の概要は以下のとおり
低燃費に貢献する装備の見直しを行い、燃費を向上

・3.0Lディーゼルエンジンは低圧縮比化を行い、新インジェクターを採用。
・新アイドリングストップ&スタートシステム「ecostop」を平ボディ車・バンシャシ車に標準装備。重量車モード燃費値で5%程度の燃費向上が見込まれるとともに、「ecostop」付車は重量車モード燃費の向上により、減税ランクがアップ(一部車型を除く)。
・積載状態や道路勾配を判別し、自動的に馬力制御や加速度制御を行う「ECONOモード」をディーゼルMT車に追加。きめ細かくエンジンを制御し低燃費運転が可能。
・可変容量パワーステアリングポンプの採用や6速トランスミッションギヤ比を見直し、燃費を向上。

エクステリアデザイン、インテリアデザインを変更

・ラジエーターグリルを刷新し、より先進性を強調するとともに、躍動感をイメージしたフロントマスクに変更。
・インテリアのシートデザインも変更。

■「マツダ タイタン」の特徴は以下のとおり
全車で「平成27年度燃費基準」を達成

・平ボディの「ecostop」付車(車両形式「TRG-」車)では、「平成27年度燃費基準+10%」を達成。低排出ガス認定制度とあわせて自動車重量税・自動車取得税が免税となります。
・車両形式「TPG-」車では、「平成27年度燃費基準+5%」を達成。低排出ガス認定制度とあわせて自動車重量税が75%減税、自動車重量税が80%減税となります。
・上記以外の車両形式においても、「平成27年度燃費基準」を達成。低排出ガス認定制度とあわせて自動車重量税が50%減税、自動車重量税が60%減税となります。

「マツダ タイタン」代表車型のメーカー希望小売価格(東京地区の一例:消費税込)は以下のとおり
■DX:4,291,920円~4,472,280円
- 上記メーカー希望小売価格に加えて、購入時にリサイクル料金(標準キャビン車:8,430円、ミドルキャビン、ワイドキャビン車:9,620円、ダブルキャブ車:10,880円)が別途必要。

*1 エンジン燃費を実測し、代表的な標準車型に置き換えてシミュレーションにより算出した国土交通省審査値。
*2 写真掲載のモデルで、0.8km/Lの燃費向上(重量車モード燃費)
*3 低排出ガス車の認定は、世界で最も厳しい水準である平成22年排出ガス規制に対し、さらにNOx・PMとも10%以上低減する低排ガス基準を満した車両に与えられる制度。
*4 平ボディのエコストップ付車(2~3トン積2WD全車および4WD車両型式「TRG-」車)
*5 車両停止時にクラッチペダルの操作のみでエンジンの自動停止&再始動が可能となる技術。従来のアイドリングストップ&スタートシステムでは必要だったパーキングレバーの操作が不要となるため、アイドリングストップがより実践し易くなり、いっそうの燃費向上、排出ガス削減に貢献します。

クリックでタグの選択
最新ニュース
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)
【試乗】新型 ミニ クラブマン ジョンクーパーワークス|初期のミニを思わせるエッセンスが取り入れられた最上位グレード(2020/02/13)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
7
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ Aクラスセダン|ハッチバックを凌駕する!? 小さなセダンがもつ大いなるゆとり(2020/01/28)
10
up
【試乗】新型 ダイハツ タント|凄いぞ、DNGA! 恐らく売れるのはカスタム。だが移動手段として優秀なのはNAだ(2019/08/27)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027