新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧軽自動車『eKワゴン』『eKカスタム』『eKスペース』の安全機能を強化 / navi

クルマニュース

軽自動車『eKワゴン』『eKカスタム』『eKスペース』の安全機能を強化 / navi

(2014/12/04)


三菱自動車は、軽自動車『eKワゴン』『eKカスタム』『eKスペース』に、前方車両への衝突を回避または衝突被害を軽減する低車速域衝突被害軽減ブレーキシステム(FCM-City)および誤発進抑制機能を採用した先進の予防安全技術「e-Assist」搭載グレードを設定し、全国の系列販売会社を通じて12月4日(木)から販売を開始します。車両本体のメーカー希望小売価格は1,080,000円~1,856,520円(消費税込)。

【主な変更点】
低車速域衝突被害軽減ブレーキシステム(FCM-City)と誤発進抑制機能の2つの先進予防安全技術を採用した「e-Assist」搭載車をeKシリーズの全グレードに展開。また、「e-Assist」搭載車には、アクティブスタビリティコントロール(ASC)を標準装備しました。

(1)低車速域衝突被害軽減ブレーキシステム(FCM-City)

・約5km/h~約30km/hの低速走行時に、レーザーレーダーが前方車両を検知し、衝突の危険があるときは、ブザー音とメーター内の警告灯で注意喚起するとともに、自動ブレーキで衝突の回避または衝突被害の軽減を図ります。

(2)誤発進抑制機能

・停車時~約10㎞/h以下の走行時に、レーザーレーダーが前方(約4m以内)に車両や障害物を検知している状態で、踏み間違いなどの操作ミスによって、アクセルペダルを素早く、強く踏み込んだときは、ブザー音とメーター内の警告灯で注意喚起するとともに、エンジン出力を抑制。発進をゆるやかにし、衝突被害の軽減を図ります。

(3)アクティブスタビリティコントロール(ASC)

・滑りやすい路面での走行や急なハンドル操作などにより、車両の不安定な動きや車輪のスリップを感知すると、車輪にブレーキをかけるとともにエンジン出力を自動的にコントロールすることで、安定した走行をサポートします。

eKワゴン G e-Assist 2WD

eKスペース カスタムT e-Assist 2WD


『eKワゴン』『eKカスタム』は、昨年6月の発売以来、軽自動車の枠を超える上質感、運転のしやすさと優れた燃費性能で好評を博しており、本年11月末までに累計約69,000台を販売。本年2月にはスーパーハイトワゴンタイプの『eKスペース』を発売し、同じく累計販売台数は約22,500台となっています。

メーカー希望小売価格 ※消費税込
(リサイクル料金、保険料、消費税を除く税金、登録等に伴う費用は含まれません)

eKワゴン
■E:1,080,000円~1,121,040円
■M:1,157,760円~1,297,080円
■G:1,275,480円~1,414,800円

eKカスタム
■M:1,305,720円~1,346,760円
■G:1,407,240円~1,546,560円
■T:1,470,960円~1,631,880円

eKスペース
■E:1,259,280円~1,420,200円
■G:1,416,960円~1,567,080円
■カスタムG:1,564,920円~1,715,040円
■カスタムT:1,706,400円~1,856,520円

クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
down
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
7
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
keep
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
9
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
10
up
【試乗】新型 レクサス RX|静粛性と乗り心地がもう一段向上されたラグジュアリーSUV(2019/11/29)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027