新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧TOYOTA、アクアをマイナーチェンジ -クロスオーバースタイルの新グレード「X-URBAN」を設定- / navi

クルマニュース

TOYOTA、アクアをマイナーチェンジ -クロスオーバースタイルの新グレード「X-URBAN」を設定- / navi

(2014/12/08)


TOYOTAはアクアをマイナーチェンジし、全国のトヨタ店、トヨペット店、トヨタカローラ店、ネッツ店を通じて、12月8日に発売した。

今回のマイナーチェンジでは、アクアの個性を一層際立たせることを目指し、クロスオーバースタイルの新グレード「X-URBAN」を設定したほか、内外装の意匠を変更。外装は先進的かつアクティブな印象とし、内装は上質さを強調するデザインとした。また、自分だけのアクアを選べるように、外板色14色、内装色7色に、「X-URBAN」専用パーツカラーオプションを組み合わせ、174通りのカラーバリエーション*1を実現した。さらに、世界トップ*2のJC08モード走行燃費37.0km/L*3はそのままに、操縦安定性・快適性も向上させている。

アクア X-URBAN アクア X-URBAN
アクア S<オプション装着車> アクア S<オプション装着車>


<新グレード「X-URBAN」>

今回、アクアに新設定した「X-URBAN」は、「都会的なセンスのクロスオーバー」として、専用サスペンションの採用により最低地上高を20mmアップ。専用のフロントグリルやサイドマッドガード、ルーフモールなどの外装部品や16インチ専用アルミホイールを採用するなど、クロスオーバーらしいアクティブなイメージを体現している。また、外板色11色と専用パーツカラーを組み合わせ、33通りのカラーバリエーションを用意した。

内装は、ブラックを基調とし、合成皮革とファブリックを組み合わせた専用のシート表皮やオーナメントパネルを採用。さらに、上質かつ洗練された配色とした「アクセント : シルバー」とファッショナブルな配色とした「アクセント : オレンジ」の2色を専用内装色として設定、スタイリッシュなイメージを強調している。

<主な改良点>

外装は、1灯の光源でロービームとハイビームを切り替え可能なBi-Beam(バイビーム) LEDヘッドランプ*4や新意匠のフロントバンパーによって、アクアの親しみやすさはそのままに、よりシャープな表情のフロントデザインとした。リヤに縦基調のリヤコンビネーションランプを採用することでワイド感を強調したほか、ターンシグナルランプ部にメッキ加飾を施し、質感を高めている。

また、「G」、「S」には、動きのあるデザインの15インチホイールキャップを新たに採用したほか、ドアミラー、ドアハンドル、バックドアガーニッシュにメッキ加飾を施した「シャイニーデコレーション」をオプション設定した。

外板色は、新色オレンジパールクリスタルシャインとフレッシュグリーンマイカメタリックのほか、シャイニーデコレーション専用色であるチェリーパールクリスタルシャインおよびダークバイオレットマイカメタリックを含む全14色を設定している。

内装では、センタークラスターやサイドレジスターなどにピアノブラック塗装を施して質感を高めるとともに、「S」のインテリアカラーに先進感を表現したブルーブラックと華やかさを表すブリリアントレッドを新設定。さらに「G」では、シックで上質なディープブラウンの設定など、グレード毎の個性を際立たせている。

さらに、フロント・リヤフェンダーの後部にエアアウトレットを追加し、空力性能を向上させたほか、スポット溶接の増し打ちによるボディ剛性の向上、サスペンションのチューニングなどにより、世界トップのJC08モード走行燃費37.0km/Lを維持しながら高い操縦安定性・快適性を確保。「G」にクルーズコントロールを標準装備するなど、利便性も高めている。

あわせてウェルキャブ(メーカー完成特装車)についても、ベース車同様の改良を施している。

*1 「シャイニーデコレーション」オプション選択時のメッキ加飾車も含めてカウント
*2 2014年12月現在。トヨタ自動車調べ。量産ガソリン乗用車(除くプラグインハイブリッド車)での比較
*3 国土交通省審査値。X-URBAN除く
*4 LEDヘッドランプパッケージ選択時。除く「L」


【メーカー希望小売価格】(北海道、沖縄のみ価格が異なる。単位 : 円)
■L:1,761,382
■S:1,887,055
■G:1,953,818~2,036,291
■X-URBAN:2,046,109
(消費税込み)
* 価格にはリサイクル料金は含まれない

【ウェルキャブ メーカー希望小売価格】(北海道、沖縄のみ価格が異なる。単位 : 円)
■助手席回転シート車“Aタイプ”:1,995,055~2,061,818*2
■助手席回転シート車“Bタイプ”:1,937,000~1,999,000
■フレンドマチック取付用専用車“タイプⅠ”:1,990,145~2,056,909*3
■フレンドマチック取付用専用車“タイプⅡ”:2,181,000~2,243,000
■フレンドマチック取付用専用車“タイプⅢ”:2,362,000~2,424,000
■フレンドマチック取付用専用車“タイプⅣ”:2,703,000~2,765,000
(消費税は非課税)
*1 価格にはリサイクル料金は含まれない
*2 助手席回転シート車“Aタイプ”は消費税込み
*3 フレンドマチック取付用専用車“タイプⅠ”は車両購入時に指定の運転補助装置を取り付けた場合のみ消費税が非課税


スポーツコンバージョン車シリーズ“G’s”は、ベース車のボディ剛性向上に伴い、サスペンションに専用チューニングを施すなど、操縦安定性とよりしなやかな乗り心地を追求したほか、G’s専用のLEDヘッドランプやリヤコンビネーションランプを採用、よりスポーティなデザインとしている。

なお、アクア“G’s”は、2015年1月9日(金)から11日(日)の3日間*、幕張メッセで開催のTOKYO AUTO SALON 2015 with NAPAC(東京オートサロン2015)に出展を予定している。

* 1月9日業界・報道関係者招待日、10日、11日一般公開日

【“G’s”メーカー希望小売価格】(北海道、沖縄のみ価格が異なる。単位 : 円)
■“G’s”:2,377,963
(消費税込み)
* 価格にはリサイクル料金は含まれない


アクア車両情報はこちら:http://toyota.jp/aqua/
アクア“G’s”車両情報はこちら:http://toyota.jp/aqua/gs/

クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
4
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
5
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
7
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
8
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
10
up
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027