新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ダイハツ軽福祉車両 「ムーヴ フロントシートリフト」をフルモデルチェンジ ~新たにカスタム・ターボ車を設定、昇降機構も一新~ / navi

クルマニュース

ダイハツ軽福祉車両 「ムーヴ フロントシートリフト」をフルモデルチェンジ ~新たにカスタム・ターボ車を設定、昇降機構も一新~ / navi

(2014/12/12)

ムーヴ フロントシートリフト カスタムX“SA”


ムーヴ フロントシートリフト Xターボ“SA”



ダイハツ工業(株)(以下ダイハツ)は、フレンドシップシリーズ(福祉車両)「ムーヴ フロントシートリフト」をフルモデルチェンジし、「ムーヴ」「ムーヴカスタム」と同時に、12月12日から全国一斉に発売する。

軽自動車の福祉車両は、コンパクトで取り回しのしやすいボディサイズや、優れた経済性、利便性が評価され、販売台数が増加している。ダイハツの「フレンドシップシリーズ」は軽福祉車両の中でも約50%※1のシェアを獲得するなど、お客様から大変ご好評いただいている。

今回の改良では、近年増加する登録車からのダウンサイザーを含め、より幅広いニーズにお応えするべく、ムーヴフロントシートリフトにカスタムを追加・ターボ車を初めて設定すると共に、ムーヴと同じ全 21 色の豊富なカラーバリエーションを設定。

また、シート昇降機構を一新し、足元スペースや昇降時の開口高さを拡大するとともに、昇降時間を短縮。介助のしやすさとお客様の快適性向上を実現した。さらに価格の見直しを行い、入り口価格を従来より 4 万円引き下げ、一層お求めやすい設定とした。

※1 2014年度前半期実績(ダイハツ調べ)

*概要*
カスタムグレードやターボ車にもフロントシートリフトを設定し、福祉機能も強化
◇豊富なグレード・カラーバリエーション設定

ダウンサイザーや幅広いニーズに応えるカスタムグレードやターボ車を新設定。
また昇降シート車では初の2トーンカラーを設定(ムーヴ同様、全 21 色)

◇福祉機能を改善

シート昇降ユニットを一新。足元スペースや昇降時開口高さの拡大により、快適性を向上。また最大シート突出量を減らすことで昇降時間を短縮化、介助のしやすさも向上

◇お求めやすい価格設定

入口グレードの価格を 4 万円値下げし、ベース車両(税込み)プラス 14 万円以下※2でお求めいただける価格
※2:ベース車両価格(税込み)と非課税のシートリフト車の差額

*販売概要*

月間販売目標台数: 200台

*メーカー希望小売価格*/価格(円)
【ムーヴ フロントシートリフト(消費税非課税)】
■L:1,270,000
■L“SA”:1,320,000~1,435,000
■X“SA”:1,430,000~1,545,000
■X ターボ“SA:1,490,000
■カスタムX“SA”:1,570,000

◎価格にリサイクル料金含まず

クリックでタグの選択
最新ニュース
“ザ・上質モデル”の6シリーズGTで、東京→京都間を500km走って分かったこと。(2018/08/24)
DS新時代を切り開く、フラッグシップSUV『DS 7 CROSSBACK』誕生(2018/08/18)
軽バン市場に変革をもたらす1台! それがホンダ N-VANだ!(2018/08/16)
ただの若者向けラインと思うなかれ。BMWの挑戦が詰まったX2に乗った。(2018/08/13)
メルセデス・ベンツ新型G-Classが脅威のオンロード性能を備えて誕生! デザイン、力強さ、乗り心地……神っている。(2018/08/12)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027