新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧TOYOTA、ハイエースならびにレジアスエースを一部改良 / navi

クルマニュース

TOYOTA、ハイエースならびにレジアスエースを一部改良 / navi

(2014/12/16)


TOYOTAは、ハイエース(バン・ワゴン・コミューター)、レジアスエース(バン)を一部改良するとともに、ハイエース、レジアスエースのバンに特別仕様車スーパーGL“DARK PRIME”を設定し、ハイエースは全国のトヨペット店(東京地区は東京トヨタおよび東京トヨペット、大阪地区は大阪トヨタ)、レジアスエースは全国のネッツ店を通じて、1月6日に発売する。

ハイエース ワゴンGL 2WD 2700ガソリン<オプション装着車> ハイエース ワゴンGL 2WD 2700ガソリン<オプション装着車>
レジアスエース 特別仕様車 スーパーGL“DARK PRIME” 2WD 3000ディーゼル<オプション装着車> レジアスエース 特別仕様車 スーパーGL“DARK PRIME” 2WD 3000ディーゼル<オプション装着車>


今回の一部改良では、ガソリンエンジンへのDual VVT-i*1採用などにより、ガソリン車全車の燃費性能を向上。「平成27年度燃費基準+10%*2」を達成*3するとともに、「平成17年度基準排出ガス50%低減レベル*4」の認定とあわせ、「エコカー減税」の対象*3とした。また、ガソリン車のトランスミッションを従来の4速オートマチックから6速オートマチック(シーケンシャルシフトマチック付)に多段化。よりスムーズな走行を実現するとともに、マニュアル感覚のシフトチェンジを可能とした。さらに、リヤシートベルト(外側3点式・中央席2点式)をバンに全車標準装備とした。

特別仕様車スーパーGL“DARK PRIME”は、最上級グレードの「スーパーGL」をベースに、外装では、ダークメッキを施したメッキフロントグリル、メッキバックドアガーニッシュを採用するなど、より力強い印象を演出。内装では、シート表皮に合成皮革&ダブルステッチを採用したほか、運転席周りに黒木目マホガニー調加飾やダークシルバー加飾を施すなど、より質感を向上させた。さらに、LEDヘッドランプ(クリアスモーク加飾)、スマートエントリー&スタートシステム、ステアリングスイッチを標準装備とし、より魅力的な仕様とした。外板色には、高級感と上質感をプラスする特別設定色スパークリングブラックパールクリスタルシャイン(オプション設定)を含む全5色を設定している。

【特別仕様車の概要】

特別仕様車スーパーGL“DARK PRIME”
■外板色
スパークリングブラックパールクリスタルシャイン(特別設定/オプション設定) 他4色
■内装
▽ スマートエントリー&スタートシステム(スマートキー×2)
▽ 4本スポークステアリングホイール: 本革巻き+黒木目マホガニー調加飾
▽ ステアリングスイッチ(オーディオ)
▽ ステアリングスイッチベゼル: ダークシルバー加飾
▽ シフトノブ: 本革+黒木目マホガニー調加飾
▽ シフトベゼル: ダークシルバー加飾
▽ シート表皮: トリコット(ダークグレー)+合成皮革&ダブルステッチ
▽ インストルメントパネルアッパー部: 黒木目マホガニー調加飾
▽ フロントドアトリム: 合成皮革
▽ パワーウィンドウスイッチベース: 黒木目マホガニー調加飾
▽ フロントオートエアコン+プッシュ式コントロールパネル: ダークシルバー加飾
■外装
▽ メッキフロントグリル: ダークメッキ
▽ メッキバックドアガーニッシュ: ダークメッキ
▽ LEDヘッドランプ(ロービーム)[オートレベリング機能付]: クリアスモーク加飾

あわせて、ウェルキャブならびにTECS(メーカー完成特装車)についても、ベース車と同様の改良を施すとともに、幼児バスは『幼児専用車の車両安全性向上のためのガイドライン*5』に対応し、幼児席の背もたれを高くしたうえ、幼児席上部後面にクッション材を追加。さらに、幼児席最前列シート前や乗降口付近のシート前のパイプ部分にクッション材のプロテクターを装着することで、急ブレーキや衝撃などが生じた際に、幼児の前方座席への接触による衝撃の緩和や前方への飛び出し防止に寄与している。

*1 Dual VVT-i: Dual Variable Value Timing-intelligent(吸・排気連続可変バルブタイミング機構)
*2 省エネ法に基づき定められている燃費目標基準
*3 仕様によって異なる
*4 国土交通省の低排出ガス車認定制度
*5 2013年3月に、車両安全対策検討会(座長 : 鎌田実東京大学教授)がまとめ、国土交通省へ報告したガイドライン

【主要車型 メーカー希望小売価格】(北海道、沖縄のみ価格が異なる。単位 : 円)
<ハイエース(バン)、レジアスエース(バン)>
■DX:2,262,109~2,861,018
■スーパーGL:2,856,109~3,380,914

<ハイエース(ワゴン)>
■DX:2,672,509
■GL:2,930,727
■グランドキャビン:3,792,763

<ハイエース(コミューター)>
■DX:3,000,437
■GL:3,451,885
※消費税込み

【特別仕様車 メーカー希望小売価格】(北海道、沖縄のみ価格が異なる。単位 : 円)
<ハイエース特別仕様車、レジアスエース特別仕様車>
■スーパーGL“DARKPRIME”:2,993,563~3,822,218
※消費税込み

【ウェルキャブ 主要車型 メーカー希望小売価格】(北海道、沖縄のみ価格が異なる。単位 : 円)
<ハイエース、レジアスエース(ウェルキャブ 車いす仕様車)>
■Aタイプ:3,523,000
■Eタイプ:4,955,000
※消費税は非課税

<ハイエース(ウェルキャブ)>
■送迎仕様車:2,861,018
※消費税込み
■福祉タクシー仕様車:4,754,000
※消費税は非課税

【TECS 主要車型 メーカー希望小売価格】(北海道、沖縄のみ価格が異なる。単位 : 円)
<ハイエース(バン)、レジアスエース(バン)積載系>
■2室2温冷凍(低温、中温)バン:4,432,816
■低温冷凍バン:4,353,522
■中温冷凍バン:3,351,927
■クーリングバン:3,523,792
■保冷バン:2,702,945
■リフト付バン:2,830,582

<ハイエース(幼児バス)>
■ワゴン:3,263,563
■コミューター:4,035,272
※消費税込み

*価格にはリサイクル料金は含まれない


ハイエース車両情報はこちら:http://toyota.jp/hiace/
ハイエース スーパーGL“DARK PRIME”車両情報はこちら:http://toyota.jp/hiace/dark/
ハイエース ウェルキャブ車両情報はこちら:http://toyota.jp/welcab/hiace/
レジアスエース車両情報はこちら:http://toyota.jp/regiusace/
レジアスエース スーパーGL“DARK PRIME”車両情報はこちら:http://toyota.jp/regiusace/dark/
レジアスエース ウェルキャブ車両情報はこちら:http://toyota.jp/welcab/regiusace/

クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 BMW 1シリーズ|FR至上主義を卒業させてくれる、歓びが体現されたホットハッチ(2020/01/10)
【試乗】光岡自動車 ロックスター|ベースのロードスターと異なりゆったりとしたドライブが似合う(2020/01/07)
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
【試乗】新型 スバル インプレッサスポーツ|しなやかな乗り心地は評価できるが、あまり変化を感じないビッグマイナーチェンジだ(2020/01/02)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
3
up
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
4
down
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
5
down
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
6
keep
【試乗】新型 スバル インプレッサスポーツ|しなやかな乗り心地は評価できるが、あまり変化を感じないビッグマイナーチェンジだ(2020/01/02)
7
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
8
keep
トヨタ アルテッツァ AS200 【プレイバック試乗記】(2008/09/19)
9
keep
【試乗】新型 ダイハツ タント|凄いぞ、DNGA! 恐らく売れるのはカスタム。だが移動手段として優秀なのはNAだ(2019/08/27)
10
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027