新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧TOYOTA、マークX“GRMN”を100台限定発売 -同時に、マークX G'sに外板色を追加- / navi

クルマニュース

TOYOTA、マークX“GRMN”を100台限定発売 -同時に、マークX G'sに外板色を追加- / navi

(2014/12/18)


TOYOTAは、GAZOO Racing*1が開発したスポーツコンバージョン車*2マークX“GRMN*3”を2015年3月1日から注文を受け付け、6月上旬に全国のトヨペット店*4を通じて100台限定で発売する。価格は540万円*5。同時に、マークX 350S“G's”および250G“Sパッケージ・G's”の外板色にアウェイクンイエローを追加した。また、2015年1月9日(金)から11日(日)の3日間*6幕張メッセで開催予定のTOKYO AUTO SALON 2015 with NAPAC(東京オートサロン2015)ほか、各地でこれらの車両を出展する。

マークX“GRMN”<オプション装着車> マークX“GRMN”<オプション装着車>



マークX“GRMN”は、「走る楽しさ」と「操る喜び」を追求し、「大人のスポーツFRセダン」をコンセプトに、マークX 350Sをベースとして開発。国内で販売している国産FRセダンとしては、唯一となる6速マニュアルトランスミッションを採用したほか、足回りの専用チューニングなどにより運動性能に磨きをかけ、一般道からサーキット走行まで幅広く、走りを楽しめるモデルとしている。

具体的には、V6・3.5Lエンジンから生じるパワーをダイレクトに操ることができる6速マニュアルトランスミッションを採用。サスペンションの専用チューニングのほか、補強用ブレース、ドアスタビライザーの追加によるボディ剛性の向上、専用トルセン®LSD*7および前後で異なるタイヤサイズの採用のほか、ブレーキ部品の軽量化などにより、GRMNならではの「走りの味」を演出。さらに、CFRP*8製ルーフパネルやスポイラー(フロント・リヤ)を採用し、軽量化を図るなど、走行性能を一層向上させている。

エクステリアは、フロントのバンパーやスポイラーを空力性能に配慮したデザインとしたほか、ライセンスガーニッシュをボディと同色とし、サイドミラーカバーをブラックとするなど、スポーティさを強調。また、前後にGRMN専用エンブレムを採用し、個性を際立たせている。

インテリアは、6速マニュアルトランスミッションの採用に合わせ、専用デザインのシフトレバーを採用し、ペダル配置を変更したほか、サイドブレーキを手引き式とするなど、ドライバーが自らの操作でクルマを操る楽しさを追求した。また、専用スポーツシートの採用やステアリングの小径化などでスポーツドライビング時の操作性を向上している。

また、内装色は黒を基調としたほか、インストルメントパネルガーニッシュやメーター周辺などにピアノブラック塗装を施し、シートやドアトリムなどにウルトラスエード®*9表皮を採用。さらに、専用コンビネーションメーター、GRMNのロゴ入りのエンジンスタートスイッチなどを装備し、特別感を付与している。

マークX 350S“G's”および250G“Sパッケージ・G's”は、マークX特別仕様車“Yellow Label”(イエローレーベル)の外板色に特別設定されたアウェイクンイエローを追加した。

*1 お客様にクルマの楽しみを提供する“GAZOO”から生まれた活動の一環。トヨタのテストドライバーがレースへの参戦や車両開発を行う「もっといいクルマづくり」とともに、参加型モータースポーツを通じた「クルマの楽しさづくり」を推進
*2 外装や内装、走行性能などを特別仕様とし、少量生産方式で生産したクルマ。持ち込み登録が必要な改造自動車扱い
*3 GRMN:GAZOO Racing tuned by MN
*4 クルマ好きのお客様に満足いただける対応・サービスを提供する専門ショップAREA86を中心に展開
*5 価格は消費税込みでリサイクル料金は含まれない。沖縄のみ価格が異なる
*6 1月9日 業界・報道関係者招待日、10日~11日 一般公開日
*7 “トルセン®”は(株)JTEKTの商標。LSD Limited Slip Differential
*8 CFRP:Carbon Fiber Reinforced Plastic(炭素繊維強化樹脂)
*9 “ウルトラスエード®”は東レ株式会社の商標

【マークX“GRMN” メーカー希望小売価格】(沖縄のみ価格が異なる。単位 : 円)(消費税込み)
■マークX“GRMN”:5,400,000
*価格にはリサイクル料金は含まれない

【マークX“G's” メーカー希望小売価格】(沖縄のみ価格が異なる。単位 : 円)(消費税込み)
■350S“G's”:4,320,000
■250G“Sパッケージ・G's”:3,692,572
*価格にはリサイクル料金は含まれない

【参考:マークX“GRMN”主要諸元*】
■ベース車両:マークX 350S
■ボディカラー:ホワイトパールクリスタルシャイン(オプション) ブラック
■全長(mm)/全幅(mm)/全高(mm):4,810/1,795/1,420
■ホイールベース(mm):2,850
■車両重量(kg):1,550
■乗車定員(人):5
■駆動方式:2WD(FR)
■エンジン:2GR-FSE
・排気量(L):3,456
・最高出力(kW[PS]/rpm):236[321]/6,400
・最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm):380[38.7]/4,800
■トランスミッション:6速マニュアル
■サスペンション:GRMN専用チューニング
■フロントブレーキ:ベンチレーテッドディスク (対向4ポットキャリパー・軽量2ピースローター装着)
■タイヤ:(フロント)235/40R19  (リヤ)255/35R19
■ホイール:(フロント)19-8.0J+40  (リヤ)19-9.0J+50
*マークX“GRMN”の主要諸元は参考値であり、登録の際は実測値が適用される

マークX車両情報はこちら:
http://toyota.jp/markx/
マークX 350S“G’s”/250G“Sパッケージ・G’s”車両情報はこちら:
http://toyota.jp/markx/gs/
マークX 250G“Sパッケージ・Yellow Label”/250G“Yellow Label”/250G Four“Yellow Label”車両情報はこちら:
http://toyota.jp/markx/yellow/

クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
4
up
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
5
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
7
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
8
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
9
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
10
down
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027