新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧特別仕様車 スバル サンバーバン「ブラックインテリアセレクション」を発売 / navi

クルマニュース

特別仕様車 スバル サンバーバン「ブラックインテリアセレクション」を発売 / navi

(2014/12/19)


富士重工業は、スバル サンバーバンに特別仕様車「ブラックインテリアセレクション」を追加し、本日より発売します。サンバーバンは広い荷室、快適なキャビンに加え、抜群の機動力と走行安定性に優れ、乗り心地の良さ、低燃費を実現したモデルです。

ブラックインテリアセレクションは、これに加えてデザイン性やクオリティ、耐久性を高め、日常での使い勝手を充実させるアイテムを備えたモデルで、トランスポーター、VC、VCターボに設定しました。

インテリアでは撥水加工を施したファブリックシートを全席に採用し、シート表皮とドアトリムをブラック色に統一。また、エクステリアは、ボディカラーにカラフルな特別色を設定し、ブルーのフロントウインドゥトップシェードを採用するなど、スタイリッシュな外観とし、幅広いシーンで活用しやすい内外装としました。

さらに、ABS(EBD付)の全車標準装備化や、LEDカーゴルームランプの新設により、安全性・利便性を向上させました。

※サンバーバンは、ダイハツ工業株式会社よりOEM供給を受ける商品です。

スバル サンバーバン VC ブラックインテリアセレクション


【サンバーバン 特別仕様車「ブラックインテリアセレクション」の主な特別装備/仕様】
<インテリア>

・全車のシート表皮に撥水加工を施したファブリック素材を採用し利用シーンを広げました。
・専用ブラックシート、専用ブラックドアトリムを新採用し、ブラック色で統一したシックな内装としました。
・センターパネルとメーターフードに専用のシルバー塗装を施し、質感を高めました。
・オーディオスペースを200mm幅に拡大し、ナビ&オーディオの選択肢を広げました。

<エクステリア>

・ブルーのフロントウインドゥトップシェードを全車標準装備とし、スタイリッシュな外観を演出しました。
・ボディカラーはベース車に加えて特別色として、トニコオレンジ・メタリック、ブルー・マイカメタリック、オフビートカーキ・メタリックのカラフルな3色を設定し、乗用車感覚で車体色をお選び頂けるようにしました。

<機能性>

・LEDカーゴルームランプを追加し、夜間の荷物積み下ろしを行いやすくしました。(VC、VCターボに設定)
・ボディ外板穴あきサビ保証5年、ボディ外板表面サビ保証3年に延長し、クラストップレベル*1の防錆保証期間としました。
ABS(EBD付)を全車標準装備とし、安全性を向上しました。

*1:軽キャブバンクラス、2014年12月現在(自社調べ)

【販売計画】

月販 200台 (サンバーバン全体で540台)

【メーカー希望小売価格】価格(単位:円)/消費税込
サンバーバン
■トランスポーター ブラックインテリアセレクション:1,060,971~1,270,440
■VC ブラックインテリアセレクション:1,126,543~1,348,972
■VCターボ ブラックインテリアセレクション:1,224,257~1,467,257

※AWD車は全車寒冷地仕様、2WD車の寒冷地仕様車は14,040円高(消費税込)となります。
【ボディカラー】 グレードにより選択できる色が異なります。
トニコオレンジ・メタリック★、ブルー・マイカメタリック★、オフビートカーキ・メタリック★、ブラック・マイカメタリック、ブライトシルバー・メタリック、ホワイトIII、パール・ホワイトIII※ <★:ブラックインテリアセレクション特別色、※:有料色27,000円高(消費税込)>

SUBARUオフィシャルwebサイト

サンバー バン http://www.subaru.jp/sambar/van/


クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 BMW 1シリーズ|FR至上主義を卒業させてくれる、歓びが体現されたホットハッチ(2020/01/10)
【試乗】光岡自動車 ロックスター|ベースのロードスターと異なりゆったりとしたドライブが似合う(2020/01/07)
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
【試乗】新型 スバル インプレッサスポーツ|しなやかな乗り心地は評価できるが、あまり変化を感じないビッグマイナーチェンジだ(2020/01/02)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
3
up
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
4
down
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
5
down
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
6
keep
【試乗】新型 スバル インプレッサスポーツ|しなやかな乗り心地は評価できるが、あまり変化を感じないビッグマイナーチェンジだ(2020/01/02)
7
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
8
keep
トヨタ アルテッツァ AS200 【プレイバック試乗記】(2008/09/19)
9
keep
【試乗】新型 ダイハツ タント|凄いぞ、DNGA! 恐らく売れるのはカスタム。だが移動手段として優秀なのはNAだ(2019/08/27)
10
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027