新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧TOYOTA、ハリアー、プリウスαに“G's”を設定 / navi

クルマニュース

TOYOTA、ハリアー、プリウスαに“G's”を設定 / navi

(2014/12/22)


TOYOTAは、ハリアー、プリウスαに、“G SPORTS(通称 : G's)”を設定し、ハリアー ELEGANCE“G's”は全国のトヨペット店を通じて2015年1月30日に、プリウスα S“ツーリングセレクション・G's”は全国のトヨタ店、トヨペット店、トヨタカローラ店、ネッツ店を通じて2015年2月23日に発売する。

“G's”とは、より幅広いお客様に「走りの味」「クルマの楽しさ」を提供するために、GAZOO Racingのテストドライバーがトータルチューニングを施し、「意のままに操れる」ハンドリング性能を実現するとともに、架装工程のインライン化などにより、お求めやすい価格設定を実現したスポーツコンバージョン車シリーズである。

ハリアー ELEGANCE“G's” <オプション装着車> ハリアー ELEGANCE“G's” <オプション装着車>


プリウスα S“ツーリングセレクション・G's” <オプション装着車> ツーリングセレクション・G's” <オプション装着車>


<ハリアー ELEGANCE“G's”>

全高を約35mmダウンさせた専用スポーツサスペンションに加え、床下剛性アップパーツやスポット溶接打点の追加などによるボディ剛性の向上のほか、ブレーキにはG's専用キャリパー(フロント)や高μ(ミュー)パッドを採用することで、制動力を向上させ、スポーティで安心感のある走りを実現。
外装では、G's専用のフロントバンパーやアッパーグリル、ラジエーターグリルなどを採用することで、スポーティな印象を付与。内装では、G's専用スポーティシート(G'sエンブレム+シルバーダブルステッチ)をフロントに採用し、インストルメントパネルやセンタークラスターパネルにダークメッキ調塗装加飾を施すなど、上質な室内空間を創出している。
これにより、ハリアー ELEGANCE“G's”はハリアー独自の高級感や洗練されたデザインに、SUVでありながら操る喜びを感じる「走りの楽しさ」を付与した魅力あるクルマとしている。

<プリウスα S“ツーリングセレクション・G's”>

G's専用スポーツサスペンションを採用し、全高を約15mmダウンさせたほか、床下剛性アップや空力パーツの装着により、本来の環境性能を維持しながら上質感とスポーティさを両立する走りを実現。
外装ではサイドに大型フォグベゼルを配しワイド&ローを強調した専用フロントバンパーやブラックを基調にダークメッキを施したラジエーターグリルなどを採用することで、高級感を表現した。内装では、シート表皮がスエード調+合成皮革のG's専用スポーティシート(フロント)を採用したほか、ブラックで統一されたインテリアにラメ入りピアノブラック塗装やメッキ加飾、シルバーステッチを配置するなど、上質感を付与している。


なお、ハリアー ELEGANCE “G's”およびプリウスα S“ツーリングセレクション・G's”は、2015年1月9日(金)から11日(日)の3日間*1、幕張メッセで開催のTOKYO AUTO SALON 2015 with NAPAC(東京オートサロン2015)に出展を予定している。


*1 1月9日業界・報道関係者招待日、10日、11日一般公開日

<G'sメーカー希望小売価格>(北海道、沖縄のみ価格が異なる。単位 : 円)(消費税込み)
■ハリアー ELEGANCE“G's”:3,291,055~3,485,455
■プリウスα S“ツーリングセレクション・G's”:3,292,037~3,497,237
* 価格にはリサイクル料金は含まれない

【ハリアー ELEGANCE“G's”主要装備】
■発売日:2015年1月30日
■ベースグレード:ハリアー ELEGANCE(2WD/4WD)
■G's専用装備
▽アルミホイール(ブラック塗装+切削光輝、タイヤサイズは235/50R19)
▽チューニングサスペンション
▽剛性アップパーツ
▽アッパーグリル(メッキ加飾+黒艶塗装)
▽フロントバンパー&ラジエーターグリル
▽LEDイルミネーションビーム
▽リヤバンパー
▽マフラー(大径バッフル/サウンドチューニング)
▽本革巻き3本スポークステアリングホイール(ディンプル+シルバーステッチ)
▽エンジンスイッチ(レッド/G'sロゴ付)
▽フロントスポーティシート(G'sエンブレム+シルバーダブルステッチ)
▽インストルメントパネル&ドアトリム(ダークメッキ調塗装+シルバーステッチ)
など
■販売店:全国のトヨペット店

【プリウスα S“ツーリングセレクション・G's”主要装備】
■発売日:2015年2月23日
■ベースグレード:プリウスα S“ツーリングセレクション”(5人乗り/7人乗り)
■G's専用装備
▽アルミホイール(ハイグロスブラック塗装+切削光輝、タイヤサイズは225/45R18)
▽チューニングサスペンション
▽剛性アップパーツ・空力パーツ
▽フロントバンパー&ラジエーターグリル(ダークメッキ加飾/黒艶塗装)
▽LEDイルミネーションビーム
▽マフラー(大径バッフル/サウンドチューニング)
▽本革巻き4本スポークステアリングホイール(ディンプル+シルバーステッチ)
▽パワースイッチ(レッド/G'sロゴ付)
▽フロントスポーティシート(G'sエンブレム付)
▽センターレジスター&センタークラスター&ドアスイッチベース(ラメ入りピアノブラック塗装)
▽助手席側インストルメントパネル(シルバーダブルステッチ+クロームメッキモール+G'sロゴ付メッキレバー)
▽センターメータ-(専用初期画面+タコメーター)
など
■販売店:全国のトヨタ店、トヨペット店、トヨタカローラ店、ネッツ店


ハリアー車両情報はこちら:http://toyota.jp/harrier/
ハリアー ELEGANCE“G’s”車両情報はこちら:http://toyota.jp/harrier/gs/
プリウスα車両情報はこちら:http://toyota.jp/priusalpha/
プリウスα S“ツーリングセレクション・G’s”車両情報はこちら:http://toyota.jp/priusalpha/gs/

クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】ベントレー ミュルザンヌ|ドライブして初めて知ることができる“優雅さ”という独自の高級思考(2019/12/11)
【試乗】新型 BMW M5 Competition|サーキットでもロングドライブでも高次元の歓びを実現させるスポーツセダン(2019/12/11)
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
【試乗】新型 レクサス LS/LC|年次改良でいよいよ成熟を迎えたフラッグシップモデル(2019/12/05)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
2
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
3
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラスポーツ|登場からわずか1年で大人な乗り味に進化したスポーツハッチ(2019/11/05)
4
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラ|イメージ一新! 欧州で育て上げられた新世代セダン(2019/11/11)
5
keep
【試乗】新型 マツダ MAZDA2|デミオが名前を変えて進化! 厚みをもった味付けとなり、ワンランク上のコンパクトモデルになった(2019/11/18)
6
keep
【新型】マツダ MAZDA3セダン|高級感を増したのびやかで美しい新世代セダン(2019/08/22)
7
up
【試乗】新型 レクサス RX|静粛性と乗り心地がもう一段向上されたラグジュアリーSUV(2019/11/29)
8
up
【試乗】新型 レクサス LS/LC|年次改良でいよいよ成熟を迎えたフラッグシップモデル(2019/12/05)
9
down
【試乗】新型 ダイハツ タント|凄いぞ、DNGA! 恐らく売れるのはカスタム。だが移動手段として優秀なのはNAだ(2019/08/27)
10
up
【試乗】新型 フォルクスワーゲン シャランTDI|熟成したプラットフォームに相性ぴったりなディーゼルエンジン(2019/10/27)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027