新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧TOYOTA、コースターを一部改良 / navi

クルマニュース

TOYOTA、コースターを一部改良 / navi

(2014/12/25)


TOYOTAは、コースターを一部改良し、全国のトヨタ店(大阪地区は、大阪トヨペット)を通じて、2015年1月13日に発売する。

コースター LX(標準ボディ・ハイルーフ・26人乗り・6AT・ディーゼル車)<オプション装着車> コースター LX(標準ボディ・ハイルーフ・26人乗り・6AT・ディーゼル車)<オプション装着車>


今回の一部改良では、N04Cエンジン(4.0Lディーゼル)を改良し、燃費を向上。オートマチックトランスミッション(N04C-VJエンジン搭載)車は「平成27年度燃費基準*1」を達成。マニュアルトランスミッション(N04C-VJエンジン搭載)車は「平成27年度燃費基準*1+5%」を達成し、平成22年(ポスト新長期)排出ガス規制*2適合とあわせ、「エコカー減税」の対象とした。
また、「幼児専用車」を除く全グレードのシート*3に、リクライニング機構を採用し、ゲストに合った姿勢でくつろげる空間を提供するとともに、シートベルトを全シート(運転席・助手席・リヤシートはELR*4付3点式、補助シートはELR付2点式)に標準装備した。さらに、後部にラゲージスペースを確保し、バックドアに観音扉を採用した25人乗り仕様を「GX」、「LX」に新設定し、多人数乗車と積載性向上を両立した。

そのほか、「幼児専用車」は、『幼児専用車の車両安全性向上のためのガイドライン*5』に対応し、幼児席のシートバックを大型化するとともに、幼児席最前列シート前などのパイプ部分にクッション材のプロテクターを装着。これにより、急ブレーキや衝撃などが生じた際に、幼児の前方座席への接触による衝撃の緩和や前方への飛び出し防止に寄与する。

*1 省エネ法に基づき定められている燃費目標基準
*2 国土交通省の低排出ガス車認定制度
*3 補助シートなどの一部シートを除く
*4 ELR: Emergency Locking Retractor
*5 2013年3月に、車両安全対策検討会(座長 : 鎌田実東京大学教授)がまとめ、国土交通省へ報告したガイドライン

【メーカー希望小売価格】(北海道、沖縄のみ価格が異なる。単位 : 円/消費税込み)
<ディーゼル車>
バス
■LX:5,477,563~6,535,963
■GX:6,126,545~7,441,200
■EX:8,018,509~8,480,945
■幼児専用車:5,331,273~6,034,255
ビッグバン
■LX:5,801,563~6,379,855

<LPG車>
バス
■LX:5,368,582~5,928,218

* 価格にはリサイクル料金は含まれない

コースター車両情報はこちら:http://toyota.jp/coaster/

クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型トヨタ RAV4 PHV|306psは伊達じゃない! 販売が絶好調なのにも納得の性能を楽しめる(2020/10/29)
【試乗】新型 スバル レヴォーグ (プロトタイプ)|タイヤをしっかり路面に接地させる走りと自動運転を見据えたEyeSight X(2020/10/28)
クロカンに現代的解釈を加えた、実にモダンなオフローダー LAND ROVER DEFENDER 110 S【Car as Art !】(2020/10/26)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLB|見た目も走りもマッチョなプレミアムSUV(2020/10/25)
【試乗】新型ランドローバー ディフェンダー|600万円程度でも安いと感じる乗り心地と質感の良さが印象的(2020/10/10)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027