新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ダイハツ軽オープンスポーツカー「コペン」 上級グレード「Robe S」を新設定 / navi

クルマニュース

ダイハツ軽オープンスポーツカー「コペン」 上級グレード「Robe S」を新設定 / navi

(2014/12/25)

コペン ローブ S※1 コペン ローブ S※1


ダイハツ工業(株)(以下、ダイハツ)は、軽オープンスポーツカー「コペン」の上級グレードとなる「コペン ローブ S」を12月24日から全国一斉に発売する。

新型コペンは「感動の走行性能」と「自分らしさを表現できるクルマ」を新骨格構造「D-Frame」、内外装着脱構造「DRESS-FORMATION」の採用により実現し、2014年6月19日に1つ目の意匠となる「コペン ローブ」を発売。11月19日には、2つ目の意匠となる「コペン エクスプレイ」を発売した。

今回発売する「コペン ローブ S」は、コペン ローブをベースに、初代コペンのアルティメットエディションと同様の位置づけとして、従来からご好評頂いたスポーツプレミアムブランドの装備を新型コペン用として新設計し、さらなる操舵の正確性向上と、より引き締まった上質な乗り心地の両立を図った。
足回りには、ダイレクト感溢れるハンドリング、操縦安定性とフラットな乗り心地を追求した専用設計のビルシュタイン製ショックアブソーバーを採用。内装には、手ざわりと意匠にこだわり、スエード調生地を使用したレカロシート(内装色に合わせベージュ/ブラック※2の2色を設定)と、MOMO製革巻きステアリングを専用設計として採用した。さらにCVT車にはステアリングから手を離さずマニュアル感覚のシフト操作ができるパドルシフトをダイハツ初採用し、「クルマって楽しい」を一層磨き上げた。
また、コペン専用デザインのBBS製鍛造16インチアルミホイールはメーカーオプションとすることで、車両価格設定を低く抑え、お客様の嗜好で選べるようにした。
なお、2015年1月9日(金)から1月11日(日)まで、幕張メッセ(千葉県千葉市)で開催される「東京オートサロン2015 with NAPAC※3」のダイハツブースで展示を行う。

※1:BBS製鍛造16インチアルミホイールはメーカーオプション
※2:ブラックインテリアパックはメーカーオプション
※3:主催/東京オートサロン事務局(TASA)、共催/日本自動車用品・部品アフターマーケット振興会(NAPAC)

*コペン ローブ Sの主な標準装備*

・パドルシフト(CVT車)
・レカロシート
・MOMO製革巻きステアリング
・ビルシュタイン製ショックアブソーバー(リヤオーナメント付)
・マルチリフレクターハロゲンフォグランプ
・メッキ加飾(ドアインナーハンドル、サイドブレーキボタン、エアコンレジスターノ

*メーカー希望小売価格(消費税込み)*
【コペン ローブ S】
1,998,000円~2,019,600円
◎北海道地区の2WD車は、10,800円(消費税込み)高。価格にリサイクル料金含まず

クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
down
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
7
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
keep
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
9
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
10
up
【試乗】新型 レクサス RX|静粛性と乗り心地がもう一段向上されたラグジュアリーSUV(2019/11/29)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027