新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧スズキ、軽乗用車「ハスラー」に RJC カー オブ ザ イヤー受賞記念 特別仕様車「J STYLE」を発売 / navi

クルマニュース

スズキ、軽乗用車「ハスラー」に RJC カー オブ ザ イヤー受賞記念 特別仕様車「J STYLE」を発売 / navi

(2014/12/25)

RJC カー オブ ザ イヤー受賞記念 特別仕様車「J STYLE」



スズキ株式会社は、軽乗用車「ハスラー」に、RJC カー オブ ザ イヤー受賞記念※1 特別仕様車 「J STYLE」を設定し、1月9日より発売する。なお、ハスラーは今年1月の発売開始以来、累計販売台数10万台※2を達成した。

回発売するRJC カー オブ ザ イヤー受賞記念 特別仕様車「J STYLE」は、専用色のホワイト 2トーンルーフ車を設定し、車体色に合わせたインテリアカラーを採用するなど、ハスラーの魅力をより一層引き立てた特別仕様車である。
外装は、赤・カーキ・黒の車体色へ白色のルーフを組み合わせた専用の2トーンカラーに、車体色との対比を強調する白色のスチールホイールやバンパーガーニッシュを採用した。
内装は、白色に加え、新たに車体色に合わせた赤・カーキの専用色インテリアを含め計3色設定し、インパネとドアトリムのカラーパネルやシートパイピングで遊び心をくすぐるカラフルなインテリアとした。
また、「J STYLE」共通の装備として、LEDフロントフォグランプや運転席・助手席シートヒーター、プレミアムUV&IRカットガラス等の機能と装備を充実させた。
※1 NPO法人 日本自動車研究者ジャーナリスト会議(RJC)が主催する「2015年次RJCカー オブ ザ イヤー」を受賞。
※2 スズキ調べ

車体色と内装色の組み合わせ

■ボディー/ルーフ/カラーパネル/シートパイピング/スチールホイール
・フェニックスレッドパール/ホワイト2トーン/レッド/レッド/ホワイト
・クールカーキパールメタリック/ホワイト2トーン/カーキ/カーキ/ホワイト
・ブルーイッシュブラックパール3/ホワイト2トーン/ホワイト/ホワイト/ホワイト

メーカー希望小売価格(消費税8%込み)

ハスラー
RJC カー オブ ザ イヤー 受賞記念 特別仕様車 「J STYLE」:1,479,600~1,605,960円
* バックアイカメラ装着車は10,800円高。
* 価格には、リサイクル料金、保険料、税金(除く消費税)、届出等に伴う費用は含まれない。

RJC カー オブ ザ イヤー受賞記念 特別仕様車「J STYLE」の主な特別装備

エクステリア

・HUSTLERアルファベットエンブレム(フロントグリル)
・HUSTLERホワイトエンブレム(バックドア)
・J STYLEエンブレム(左右フロントドア)
・専用色フロントバンパーガーニッシュ・リヤバンパーガーニッシュ[ホワイト]
・LEDフロントフォグランプ
・プレミアムUV&IRカットガラス(フロントドア)
・15インチスチールホイール[ホワイト]
・RJC カー オブ ザ イヤーエンブレム※3

インテリア

・専用フロアマット[ラバー] ※3
・運転席・助手席シートヒーター*運転席側はベース車に標準装備
・専用携帯リモコンカバー※3
・専用色ステアリングガーニッシュ・エアコンガーニッシュ・エアコンルーバーリング・スピーカーリング[ガンメタ]
・専用色ステアリングステッチ[シルバー]
・ステアリングオーディオスイッチ
・専用色インテリア
・(インパネカラーパネル、ドアトリムカラーパネル、シートパイピング)*車体色によって色が異なる。
・バックアイカメラをメーカーオプション設定
*バックアイカメラのご使用には、対応するスズキ純正ナビゲーションおよび電源ボックスが別途必要。

※3 販売会社装着品


「ハスラー J STYLE」WEBカタログ

クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
【試乗】新型 BMW 1シリーズ|FR至上主義を卒業させてくれる、歓びが体現されたホットハッチ(2020/01/10)
【試乗】光岡自動車 ロックスター|ベースのロードスターと異なりゆったりとしたドライブが似合う(2020/01/07)
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
up
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
4
up
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
5
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
6
keep
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
7
keep
トヨタ アルテッツァ AS200 【プレイバック試乗記】(2008/09/19)
8
up
【試乗】新型 レクサス RX|静粛性と乗り心地がもう一段向上されたラグジュアリーSUV(2019/11/29)
9
down
【試乗】新型 スバル インプレッサスポーツ|しなやかな乗り心地は評価できるが、あまり変化を感じないビッグマイナーチェンジだ(2020/01/02)
10
down
【試乗】新型 ダイハツ タント|凄いぞ、DNGA! 恐らく売れるのはカスタム。だが移動手段として優秀なのはNAだ(2019/08/27)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027