新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ミニバン『デリカD:5』の特別仕様車「CHAMONIX(シャモニー)」を発売 / navi

クルマニュース

ミニバン『デリカD:5』の特別仕様車「CHAMONIX(シャモニー)」を発売 / navi

(2014/12/25)


三菱自動車は、ミニバン『デリカD:5(ディーファイブ)』に、ナビゲーションを標準装備し上質感ある内外観としながら、お求めになりやすい価格とした特別仕様車「CHAMONIX(シャモニー)」を設定し、全国の系列販売会社を通じて2月16日(月)から販売を開始します。メーカー希望小売価格は3,780,000円(消費税込)。
平成21年排出ガス規制に適合したクリーンディーゼルエンジンを搭載したことで、エコカー減税(免税)及び平成26年度クリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金(上限額5万円)*1の対象車となっています。
*1・・・一般社団法人 次世代自動車振興センターに申請して交付決定されることにより、平成25年度は上記を上限として補助金交付が受けられます。

【主な商品特長】
・クリーンディーゼルエンジン搭載グレード「D-Power package(8人乗り)」をベースに、以下の装備を採用しながら、お求めになりやすい価格としました。
・高画質かつ高精度の7インチWVGAディスプレイメモリーナビゲーションMMCS*2を標準装備。また、運転席パワーシート(スライド、リクライニング、ハイト、チルト)を採用し、利便性を高めています。
・ボディカラーは、2トーンを2色(ウォームホワイトパール/クールシルバーメタリック[有料色*3]、クールシルバーメタリック/アイガーグレーメタリック)、モノトーンを2色(ウォームホワイトパール[有料色*3]、ダイヤモンドブラックマイカ)の4色展開となります。
・メッキのアウタードアハンドル・ウィンカー付電動リモコンドアミラーを採用して、フロントグリル、前後バンパーのアンダーカバー、ドアガーニッシュとのコーディネートを図ったほか、「CHAMONIX」のエンブレムをテールゲートに装着し、プレミアム感を演出しました。
・人気の高いブラック内装、本木目&本革巻ステアリングホイール、各種木目調パネル(インパネセンター、アッパーグローブボックス、フロアコンソールリッド、パワーウインドウスイッチ)、リラックスルームイルミネーション(ホワイト天井照明)を採用し、上質感あるインテリアとしています。
*2・・・Mitsubishi Multi Communication System(三菱マルチコミュニケーションシステム)
*3・・・有料色は32,400円(消費税込)

『デリカD:5』は、ミニバンの優しさとSUVの力強さを融合させた従来にないユニークなミニバンとして2007年1月に発売。『デリカ』らしさを体現したスクエアで逞しいエクステリア、環状骨格構造のリブボーンフレームにより高い安全性を実現したボディ、路面状況や走行状況に応じて前後輪の駆動力配分を適正化する電子制御4WD、ラフロードでも優れた走破性を発揮する最低地上高と対地障害角、多彩なシートアレンジと豊富な収納スペースなどを特長としています。長距離移動や多人数乗車というミニバンとしての用途、アウトドアレジャーなどSUVとしての用途に最適な燃費性能と動力性能を実現するセミキャブワゴンクラス*4唯一の2.2L クリーンディーゼルエンジン搭載車(4WD)のほか、動力性能に優れる2.4L MIVECエンジン搭載車(4WD)、アイドリングストップ機能などにより燃費性能に優れる2.0L MIVECエンジン搭載車(2WD)をラインアップし、お客様の多様なご要望にお応えしています。
*4 ・・・1800cc以上でボンネットのある車高の高い3列シートワゴン (2014年12月時点自販連区分に基づく自社調べ)

デリカD:5 CHAMONIX(シャモニー)


デリカD:5 CHAMONIX(シャモニー)


メーカー希望小売価格(リサイクル料金、保険料、消費税を除く税金、登録等に伴う費用は含まれません)(消費税込)
CHAMONIX:3,780,000円

クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
【試乗】新型 BMW 1シリーズ|FR至上主義を卒業させてくれる、歓びが体現されたホットハッチ(2020/01/10)
【試乗】光岡自動車 ロックスター|ベースのロードスターと異なりゆったりとしたドライブが似合う(2020/01/07)
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
up
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
4
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
5
keep
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
6
keep
【試乗】新型 スバル インプレッサスポーツ|しなやかな乗り心地は評価できるが、あまり変化を感じないビッグマイナーチェンジだ(2020/01/02)
7
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
8
keep
トヨタ アルテッツァ AS200 【プレイバック試乗記】(2008/09/19)
9
keep
【試乗】新型 ダイハツ タント|凄いぞ、DNGA! 恐らく売れるのはカスタム。だが移動手段として優秀なのはNAだ(2019/08/27)
10
up
【試乗】新型 レクサス RX|静粛性と乗り心地がもう一段向上されたラグジュアリーSUV(2019/11/29)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027