新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧東京オートサロン2015 出展概要(スバル) / navi

クルマニュース

東京オートサロン2015 出展概要(スバル) / navi

(2015/01/07)


富士重工業は、同社のモータースポーツ統括会社であるスバルテクニカインターナショナル株式会社*1と共同で、2015年1月9日~11日に幕張メッセ(千葉県千葉市)で開催される「東京オートサロン2015 with NAPAC*2」に出展します。

スバルブースには、スバルのデザインコンセプトモデルである「LEGACY B4 BLITZEN CONCEPT」や「SUBARU XV SPORT CONCEPT」、STIパフォーマンスチューニングモデルの「LEVORG S CONCEPT」など、スバルの新しいカスタマイズの世界を提案するモデルを展示します。

また、2015年のモータースポーツ参戦予定車として、ニュルブルクリンク24時間耐久レース参戦予定車である「WRX STI NBR CHALLENGE 2015」や、SUPER GT参戦予定車の「SUBARU BRZ GT300 2015」の展示も行います。参戦予定車の詳細など来季モータースポーツ参戦体制については、1月9日のプレスカンファレンスにて発表します。

SUBARUオフィシャルWEBサイトでは、オートサロン特設WEBサイト(http://www.subaru.jp/tas2015/)を開設し、参加型のコンテンツやスバルブースに関する情報を配信します。

スバルブースの様子は、「SUBARU-USTREAM」(http://www.ustream.tv/channel/subaru-ustream)*3、ニコニコ動画(http://ch.nicovideo.jp/subaru-channel)*4のライブ配信を行います。

*1:スバルテクニカインターナショナル(株)(代表:平川良夫、東京都三鷹市、略称:STI)
*2:日本自動車用品・部品アフターマーケット振興会
*3:Ustreamは、Ustream Asia株式会社が運営するライブ動画配信サイトです
*4:ニコニコ動画は株式会社ニワンゴが運営するライブ動画配信サイトです

スバルブース(イメージ図)


【主な出品車両】
◆ LEGACY B4 BLITZEN CONCEPT ≪参考出品車≫

新型レガシィB4の高品位で逞しいスタイリングをベースに、スポーツ性を高め、独自の存在感を打ち出した過去のレガシィ BLITZENモデルのコンセプトを継承することで、スバルのフラッグシップセダンとしての個性をより際立たせました。
エクステリアは、外装色にBLITZENのイメージカラーである「プレミアムレッド」を設定。フロントは、ワイド&ローをテーマにBOXERエンジンをイメージしたデザインとし、ホイールやリヤスポイラーには力強い走りを彷彿とさせるデザインを採用。インテリアには、カーブキルトを施した風合い豊かなベージュ色の革に、ボディカラーとコーディネートしたピアノブラックと赤ラインによるアクセントで引締めるなど、BLITZENが持つシンプルながら機能美を追求した力強いエッセンスを盛り込んだデザインコンセプトモデルです。

◆ SUBARU XV SPORT CONCEPT ≪参考出品車≫

ヴィヴィッドなサンライズイエローのSUBARU XVの車高を下げ、イエローストライプを施したスポイラー類を装着することで、低い構えを強調し、スポーティな印象を高めました。また、グリルやホイールをブラックアウト化することで、鮮やかなイエローとのコントラストを強め、より迫力あるスパルタンな印象としました。インテリアはブラック内装にボディ色に合わせたイエローステッチやラインを随所に織り込むことで、引締まった印象を高め、よりスポーティさを強調。カジュアル&スポーティなSUBARU XVの世界観を広げ、スバルの愉しさをより際立たせたデザインコンセプトモデルです。

◆ LEVORG S CONCEPT ≪参考出品車≫

STIコンプリートカーの最高峰モデルである「S」シリーズのコンセプトを、スポーツツアラーであるレヴォーグで実現したコンセプトモデル。
吸排気系を含めSTIで独自にチューニングすることで、圧倒的なパフォーマンスを発揮する2.0L水平対向直噴ターボ“DIT”エンジンに、6速マニュアルミッションを組み合わせました。また、フレキシブルタワーバーをはじめとするSTIオリジナルパーツを装着することで、シャシー、ボディをさらに強化し、質感高い乗り味と、高い直進安定性、気持ちの良いコーナリング性能を両立。「走る愉しさ」と「所有する悦び」を突き詰めた「S」シリーズに相応しいSTIパフォーマンスチューニングのコンセプトモデルです。

【出品車両一覧】

▼参考出品車
(1)LEGACY B4 BLITZEN CONCEPT
(2)SUBARU XV SPORT CONCEPT
(3)LEVORG S CONCEPT
(4)WRX S4 Customized by PROVA
▼市販車
(5)FORESTER tS
▼モータースポーツ参戦予定車
(6)SUBARU BRZ GT300 2015
(7)WRX STI NBR CHALLENGE 2015
(8)WRX STI 全日本ラリー参戦予定車
▼SUPER GT 提供車
(9)OUTBACK SUPER GT 2015 FRO(First Rescue Operation)
▼技術展示
(10)SUBARU BRZ GT300 エンジンモデル

【イベント期間中の主な取り組み】

・WEB配信
Ustream、ニコニコ動画でのライブ配信に加え、#subaru #tas2015のハッシュタグをつけてTwitterでリクエスト頂ければ、現地スタッフが会場の最新の写真やVine動画をオートサロン特設WEBサイト(http://www.subaru.jp/tas2015/)にアップします。

・モータースポーツトークショー
モータースポーツという極限の世界で「安心と愉しさ」を信念に戦い続ける2015年モータースポーツ総監督、参戦ドライバーによるトークディスカッションを実施します。

・新型LEGACY B4 Limitedプレゼント
「クルマが当たる!!アンケートプレゼント(http://www.tokyoautosalon.jp/2015/index-present.php)」の特賞として、新型LEGACY B4 Limitedを提供します。

・SUBARU/STIグッズ販売コーナー
4種類のSUBARUオリジナルベアを数量限定で販売する他、オートサロン会場限定品を含むSUBARU/STIグッズの物販を実施します。

クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】日産 フェアレディZ/GT-R/ノート e-POWER│思わずギリギリまで攻めたくなった! 低・中速域のコントロール性を雪上コースでテスト(2020/03/28)
【試乗】日産 NV350キャラバン/スカイライン│雪上でクルクル定常円旋回! 全く異なる2台を、ドリフト状態に持ち込みテスト(2020/03/25)
【試乗】日産 スカイライン400R/リーフe+/デイズ│雪上でのフルブレーキ&スラローム走行でわかった! モデルごとの車両制御性能の良しあし(2020/03/24)
【試乗】新型 ホンダ フィット│心地よさと走行性能を両立させ、先代より大幅な進化を感じる車だ(2020/03/18)
【試乗】スバル WRX STI タイプRA-R|最後のSTIコンプリートモデルだけあって納得の完成度の高さだ(2020/03/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 ホンダ フィット│心地よさと走行性能を両立させ、先代より大幅な進化を感じる車だ(2020/03/18)
3
keep
【試乗】マツダ CX-8/CX-5/CX-30│まさかここまでとは! オフロード試乗でわかった、マツダSUVシリーズ真の実力(2020/02/28)
4
up
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
5
up
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
6
up
トヨタ アルテッツァ AS200 【プレイバック試乗記】(2008/09/19)
7
down
【試乗】スバル WRX STI タイプRA-R|最後のSTIコンプリートモデルだけあって納得の完成度の高さだ(2020/03/15)
8
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLCクーペ|力強い体躯を軽快にコントロールする新エンジン(2020/02/27)
10
up
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027