新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧LEXUS、北米国際自動車ショーに新たな“F”モデル「GS F」を出展 / navi

クルマニュース

LEXUS、北米国際自動車ショーに新たな“F”モデル「GS F」を出展 / navi

(2015/01/07)


LEXUSは、米国・デトロイトで1月12日~25日に開催される2015年北米国際自動車ショー*1(デトロイトモーターショー)において、新たな“F”モデルとなる高性能スポーツセダン「GS F」を出展する。2014年にデビューしたスポーツクーペRC Fに続き、“F”モデルのラインアップにGS Fを加えることで、LEXUSのスポーツイメージを一層強化することを目指す。

LEXUS GS F(北米仕様) LEXUS GS F(北米仕様)



GS Fは、GSをベースにしており、クルマの心臓部にあたるパワートレーンには、V型8気筒5.0L自然吸気エンジンを採用。トランスミッションの8-Speed SPDS*2は、Mポジション選択時に最短0.1秒での変速を可能とし、本格的なスポーツドライビングを楽しめる優れたレスポンスを実現している。

【GS F エンジン主要諸元】(北米仕様)
▼2UR-GSE
総排気量(cc):4,969
最高出力(kW[PS]/r.p.m.):348[473]/7,100
最大トルク(N・m[kgf・m]/r.p.m.):527[53.7]/4,800~5,600


また、RC Fと同様に駆動力制御システムTVD*3を採用し、コーナリング時に後輪左右の駆動力を最適に電子制御し、理想的な車両挙動を実現する。TVDには3つのモードが設定され、「STANDARD」は俊敏さと安定性の最適なバランスを維持、「SLALOM」はステアリングレスポンスを重視、そして「CIRCUIT」は高速サーキットでの安定性を重視している。

サスペンションを専用設計とし、スポーツドライビング時の路面に吸い付くような高い操縦安定性と、一般道での快適な乗り心地を両立している。GS Fは、街中や高速道路での安定感を実感する内に、峠道やサーキット走行も味わってみたいと、ドライバーに思わせるようなクルマである。

LEXUS GS F(北米仕様) LEXUS GS F(北米仕様)

【GS F 主要諸元】(北米仕様)
全長(mm):4,915
全幅(mm):1,845
全高(mm):1,440
ホイールベース(mm):2,850
トレッド前/後(mm):1,555/1,560
車両重量(kg):1,830
タイヤ&ホイール 前:255/35R19 & 19×9J
タイヤ&ホイール 後:275/35R19 & 19×10J


*1 正式名称は、「North American International Auto Show 2015」
1月12日(月)・13日(火)プレスデー、14日(水)、15日(木)関係者招待日、16日(金)チャリティプレビュー、17日(土)~25日(日)一般公開日
*2 8-Speed SPDS8-Speed Sport Direct Shift
*3 TVDTorque Vectoring Differential

クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 アウディ RS4アバント│単なる移動時間を、最高のひとときへと変えてくれるモデルだ(2019/10/14)
【試乗】新型 日産 GT-R(2020年モデル)│「さすがにもう進化は難しいのでは……?」そんな不安は乗ってすぐに払拭された(2019/10/09)
【試乗】新型 シトロエン C3エアクロスSUV/C5エアクロスSUV│守り抜く哲学を体現する車(2019/10/06)
【新型】BMW Z4|BMWのオープンスポーツが約2年ぶりに復活(2019/09/27)
【新型】BMW X5|プレミアムSUVの先駆者が4代目へと進化(2019/09/26)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027