新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧LEXUS、北米国際自動車ショーに新たな“F”モデル「GS F」を出展 / navi

クルマニュース

LEXUS、北米国際自動車ショーに新たな“F”モデル「GS F」を出展 / navi

(2015/01/07)


LEXUSは、米国・デトロイトで1月12日~25日に開催される2015年北米国際自動車ショー*1(デトロイトモーターショー)において、新たな“F”モデルとなる高性能スポーツセダン「GS F」を出展する。2014年にデビューしたスポーツクーペRC Fに続き、“F”モデルのラインアップにGS Fを加えることで、LEXUSのスポーツイメージを一層強化することを目指す。

LEXUS GS F(北米仕様) LEXUS GS F(北米仕様)



GS Fは、GSをベースにしており、クルマの心臓部にあたるパワートレーンには、V型8気筒5.0L自然吸気エンジンを採用。トランスミッションの8-Speed SPDS*2は、Mポジション選択時に最短0.1秒での変速を可能とし、本格的なスポーツドライビングを楽しめる優れたレスポンスを実現している。

【GS F エンジン主要諸元】(北米仕様)
▼2UR-GSE
総排気量(cc):4,969
最高出力(kW[PS]/r.p.m.):348[473]/7,100
最大トルク(N・m[kgf・m]/r.p.m.):527[53.7]/4,800~5,600


また、RC Fと同様に駆動力制御システムTVD*3を採用し、コーナリング時に後輪左右の駆動力を最適に電子制御し、理想的な車両挙動を実現する。TVDには3つのモードが設定され、「STANDARD」は俊敏さと安定性の最適なバランスを維持、「SLALOM」はステアリングレスポンスを重視、そして「CIRCUIT」は高速サーキットでの安定性を重視している。

サスペンションを専用設計とし、スポーツドライビング時の路面に吸い付くような高い操縦安定性と、一般道での快適な乗り心地を両立している。GS Fは、街中や高速道路での安定感を実感する内に、峠道やサーキット走行も味わってみたいと、ドライバーに思わせるようなクルマである。

LEXUS GS F(北米仕様) LEXUS GS F(北米仕様)

【GS F 主要諸元】(北米仕様)
全長(mm):4,915
全幅(mm):1,845
全高(mm):1,440
ホイールベース(mm):2,850
トレッド前/後(mm):1,555/1,560
車両重量(kg):1,830
タイヤ&ホイール 前:255/35R19 & 19×9J
タイヤ&ホイール 後:275/35R19 & 19×10J


*1 正式名称は、「North American International Auto Show 2015」
1月12日(月)・13日(火)プレスデー、14日(水)、15日(木)関係者招待日、16日(金)チャリティプレビュー、17日(土)~25日(日)一般公開日
*2 8-Speed SPDS8-Speed Sport Direct Shift
*3 TVDTorque Vectoring Differential

クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ スペーシアギア|デザインだけじゃなく走りもちゃんと力強いアクティブな軽自動車(2019/03/27)
【試乗】アウディ R8|異次元の走りをみせるR8。パワー・エンジン音・安定性すべてが最高峰(2019/03/26)
【雪上試乗】日産 人気現行モデル|雪上で感じる人気現行各モデルの安定性や楽しさ!(2019/03/26)
【試乗】新型 BMW 3シリーズ│ドライバーの心も濡れた路面もがっちりつかむ次世代スポーツセダン(2019/03/24)
【試乗】キャデラック XT5 クロスオーバー|欧州車に引けを取らない繊細なアメ車だった(2019/03/21)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027