新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧2015年北米国際自動車ショーでAcura新型「NSX」を世界初披露 / navi

クルマニュース

2015年北米国際自動車ショーでAcura新型「NSX」を世界初披露 / navi

(2015/01/19)


Hondaの米国現地法人であるアメリカン・ホンダモーター(本社:カリフォルニア州トーランス 社長:山田 琢二)は、2015年1月12日に以下を発表しましたので、その内容をご案内いたします。

Acuraは、米国ミシガン州デトロイトで開催中の2015年北米国際自動車ショー(プレスデー:1月12日〜13日、一般公開日:1月17日〜25日)にて、Acura新型「NSX」を世界初披露しました。

新型NSXは、軽量なボディーに新開発の直噴V型6気筒ツインターボエンジンをミッドシップレイアウトで配置するとともに、走りと燃費性能を両立した高効率・高出力の3モーターハイブリッドシステム「SPORT HYBRID SH-AWD®(Super Handling-All Wheel Drive)」を搭載した新しい価値を提案するスーパースポーツモデルです。新型NSXのSPORT HYBRID SH-AWD®は、エンジンと高効率モーターを内蔵した9速デュアル・クラッチ・トランスミッションを組み合わせるとともに、前輪の左右を独立した2つのモーターによる、四輪の駆動力を自在に制御するトルクベクタリング※1を可能とする、電動式の四輪駆動システムを搭載したハイブリッドシステムです。

革新的な初代NSXの登場から25年目という節目を迎え、新型NSXは米国オハイオ州にあるホンダR&Dアメリカズを中心に開発されました。Acuraは米国オハイオ州のメアリズビル四輪車工場の隣接地に位置する「パフォーマンス・マニュファクチュアリング・センター」で新型NSXを量産し、2015年後半に米国での発売を予定しています。今回、デザインやスペックの詳細に加え、米国での販売価格を約15万ドルからとし、今年夏からオーダー受付を開始することも発表しました。

※1 左右駆動輪に伝達する駆動力の配分をコントロールする制御や機構

Acura新型NSX

■新型NSXの主な特徴

・ エクステリアデザインは「Interwoven Dynamic」をテーマに、エキゾチックなフォルムと、スーパーカーの機能性を高次元で融合しており、キャビンフォワードなパッケージングを実現しました。またエクステリアデザインを構成する各部は、安定性を高めるダウンフォースの発生や、エンジン冷却のための効果的なエアフローマネジメントなどの機能性を表現しており、オハイオにある最先端の風洞実験施設でテストを重ね、高い空力性能を達成しています。

・ インテリアのコンセプトは「Human-Support Cockpit」とし、ドライバーが運転に集中できるデザインを実現しています。格段に優れた前方視界や、カラー液晶ディスプレイによる優れた視認性を実現したメーターパネル、シンプルで直感的なインターフェース、サポート性や乗降性に優れた人間工学に基づくシートなど、「human-centered supercar」という開発コンセプトを具現化しています。

・ 新型NSXに搭載した「SPORT HYBRID SH-AWD®」は、ドライサンプ潤滑方式を採用した直噴V型6気筒ツインターボエンジンと、高効率モーターを内蔵した9速デュアル・クラッチ・トランスミッションをミッドシップレイアウトに配置し、前輪の左右を独立した2つのモーターで駆動するTMU(ツインモーターユニット)を組み合わせ、四輪の駆動力を電動で制御するシステムを搭載したハイブリッドシステムです。TMUは、プラスのトルク(駆動力)のみならず、マイナスのトルク(減速力)をも自在に制御する高度なトルクベクタリングを実現しており、全速度域でのライントレース性を画期的に高めています。これらにより、ドライバーの能力を最大限に引き出すという初代NSXのフィロソフィーを継承し、ドライバーの意思に極めて忠実に呼応する新時代のスポーツカー体験(New Sports eXperience)を提供します。

・ 新型NSXは、世界初のオールアルミニウムボディーのスーパーカーである初代NSXのDNAを継承し、革新的な複合素材ボディーを採用しています。アルミニウムや超高強度鋼板、その他の先進素材などを革新的な結合技術によりユニット化したスペースフレームデザインは、ねじれ・曲げ剛性を大幅に高めています。また、強度な鍛造素材と柔軟性のある素材の結合を実現した世界初※2の鋳造技術により、アルミニウムと超高強度鋼板によるボディーパネルがカーボンファイバー製フロアーと高精度に結合され、ボディーの大幅な軽量化を実現しています。

・ オールアルミニウム製の独立懸架前後サスペンションは、フロント19インチ、リア20インチサイズのタイヤ、アルミホイールと組み合わされ、極めて高い動力性能を発揮します。また、フロント6ポット、リア4ポットのモノブロックキャリパーとカーボンセラミックブレーキディスクは、強力かつナチュラルなフィールの制動力を実現します。

・ 「Integrated Dynamic System」は、ドライバーの要求に応えて「Quiet」、「Sport」、「Sport+」、「Track」の各モードをダイアル操作で切り替え可能で、エンジン、モーター、トランスミッションやシャシーのレスポンスを高精度に制御します。Trackモードでは、新型NSXの極限の動力性能を発揮することができます。また、Quietモードでは、低速域において電動走行のみによる静粛走行も可能にします。さらに、新型NSXは、発進時にエンジンと3モーターをフル活用した加速を実現する「ローンチモード」も備えています。

・ 米国オハイオ州のメアリズビル四輪車工場の隣接地に位置する四輪車生産工場「パフォーマンス・マニュファクチュアリング・センター」では、高度に熟練したおよそ100名の従業員がボディー製造、塗装、最終組み立てまでを担当します。外部サプライヤーによるボディー製造が一般的なスーパーカーの世界において、ボディー製造から最終組み立てまでを完全内製化することで、Acuraは極めて高品質な商品を提供します。

※2 Honda調べ(2015年1月現在)

クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
【試乗】新型 BMW 1シリーズ|FR至上主義を卒業させてくれる、歓びが体現されたホットハッチ(2020/01/10)
【試乗】光岡自動車 ロックスター|ベースのロードスターと異なりゆったりとしたドライブが似合う(2020/01/07)
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
up
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
3
down
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
4
keep
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
5
up
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
down
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
7
up
トヨタ アルテッツァ AS200 【プレイバック試乗記】(2008/09/19)
8
down
【試乗】新型 スバル インプレッサスポーツ|しなやかな乗り心地は評価できるが、あまり変化を感じないビッグマイナーチェンジだ(2020/01/02)
9
keep
【試乗】新型 ダイハツ タント|凄いぞ、DNGA! 恐らく売れるのはカスタム。だが移動手段として優秀なのはNAだ(2019/08/27)
10
up
【試乗】新型 レクサス RX|静粛性と乗り心地がもう一段向上されたラグジュアリーSUV(2019/11/29)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027