新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧光岡自動車 コンパクトセダン「Viewt」(ビュート)に新グレード『12ST プレミアム』が登場 / navi

クルマニュース

光岡自動車 コンパクトセダン「Viewt」(ビュート)に新グレード『12ST プレミアム』が登場 / navi

(2015/01/27)


株式会社光岡自動車(代表取締役社長:光岡章夫 本社:富山県富山市)は、主力のコンパクトセダン「Viewt」(ビュート)に、新グレード『12T プレミアム』を追加設定し、平成27年1月30日(金)より全国一斉発売いたします。

今回、「Viewt」(ビュート)に追加設定した『12T プレミアム』は、「12T」をベースに、メッキドアハンドルや運手席周りのシルバーフィニッシャーを装備し、更にシート生地には最上位グレード「12LX」と同様のエンボススエード調トリコットを採用する等、質感の向上を図っております。今回の追加設定によってお客様の選択肢が拡がり、これまで以上に要望に応じたご提案が可能となります。「Viewt」(ビュート)特有の楽しみや喜びを一人でも多くの方へ伝えてまいります。

「Viewt」(ビュート)は、1993年1月に誕生し今年で22年が経ちました。 現行モデルは2012年5月に発売をした3代目モデルとなりますが、基本的なデザイン変更は行っておりません。これだけのロングセラーとなったのもクルマの魅力のみならず、田舎の小さな工場が、誰もが不可能だと思われた自動車メーカーへの挑戦や、自由な発想でモノ作りを行う弊社のスピリッツにご共感くださいました皆様方のお心添えであると、あらためて感謝申し上げる次第でございます。

Viewt 12ST プレミアムのエクステリア Viewt 12ST プレミアムのエクステリア

Viewt 12ST プレミアムのインパネ1 Viewt 12ST プレミアムのインパネ1
Viewt 12ST プレミアムのインパネ2 Viewt 12ST プレミアムのインパネ2
Viewt 12ST プレミアムのシート Viewt 12ST プレミアムのシート


● ビュート 『12ST プレミアム』 車輌概要

◇ 【装備品】(「12T」比較)
・メッキドアハンドル ・メッキインナードアハンドル
・リヤ可倒式シート(6:4 分割) ・エンボススエード調トリコットシート生地 (カラー:プラム)
・シルバーフィニッシャー(エアコン吹き出し口、シフトベース、フロントパワーウインドスイッチベース、ステアリング、シフトノブ)
・メッキエアコンセンター吹き出し口ノブ※1
※1 ウッドタイプインパネ装着時は非装着とまります。

◇ 【発売日】 平成27年1月30日(金)

◇ 【グレード及び車輌本体価格】(税込)
■12ST:¥2,278,800
■12ST プレミアム:¥2,397,600
■12DX:¥2,543,400
■12LX:¥2,867,400
■12DX 4WD:¥2,700,000
■12LX 4WD:¥3,007,800
◎写真のナビゲーションはオプション装着です。
◎表記価格は工場出荷渡し車輌本体価格(消費税8%込み)です。輸送費、税金(消費税除く)、保険料、登録諸費用等は含まれておりません。
◎車輌本体価格には付属品のフロアマット代金\17,280(消費税込み)は含まれておりません。
◎別途リサイクル料金が必要となります。

クリックでタグの選択
最新ニュース
メガーヌR.S.は抜群の旋回性能を誇るFF超速ホットハッチ(2018/09/19)
ホンダ レジェンドのマイナーチェンジから半年。ところで、スポーツサルーンはどう進化していたのか(2018/09/12)
買うなら断然こっちだ! こだわりしか感じないノート/セレナ「オーテックモデル」(2018/09/10)
S660 モデューロXは動きがいまいちだったサスペンションがランクアップ!(2018/09/06)
深みある乗り心地に感服である。日本最高峰の高級車『トヨタ センチュリー』に乗る(2018/09/05)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027