新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧6人乗りの新型乗用車「JADE(ジェイド)」を発売 / navi

クルマニュース

6人乗りの新型乗用車「JADE(ジェイド)」を発売 / navi

(2015/02/12)


Hondaは、セダン並みの低全高で美しいフォルムの中に、ミニバンクラスの居住性とユーティリティーを実現し、パワフルで上質な走りを備えた6人乗りの新型乗用車「JADE(ジェイド)」を2月13日(金)に発売します。

ジェイドは、足回りや床下部品の小型化を徹底し、効率良くレイアウトした超高密度低床プラットフォームを採用。多くの立体駐車場に対応した低全高でスタイリッシュなデザインに、3列シートを備えました。見晴らしの良い爽快な1列目、快適な前方視界が得られる新しいシートスライド機構を採用した2列目、多彩に使える3列目空間を実現しました。

さらに、歩行者まで検知対象※1とした先進の安全運転支援システムである「Honda SENSING(ホンダ センシング)」や、1.5L直噴DOHC i-VTECエンジンをベースとしたハイブリッドシステム「SPORT HYBRID(スポーツ ハイブリッド)i-DCD」※2を搭載。低速から高速まで上質で気持ちの良い走りと、クラストップレベル※3となる25.0km/L(JC08モード)※4という低燃費を両立しました。

<ネーミングに込めた想い>
JADE(ジェイド)とは、英語で「翡翠(ひすい)」を意味します。宝石のような美しさと不変の価値を持つ新しい時代のニーズに応えるクルマを創造するという想いをネーミングに込めました。

※1 道路状況、天候状況によっては、作動しない場合や十分に性能を発揮できない場合があります
※2 i-DCDは、Intelligent Dual Clutch Drive(インテリジェント・デュアル・クラッチ・ドライブ)の略
※3 乗用ミニバンクラス(2015年2月現在。Honda調べ)
※4 HYBRID。国土交通省審査値

ジェイド HYBRID X

ジェイド HYBRID X オプション装着車

●販売計画台数(国内・月間) シリーズ合計 3,000台

●全国メーカー希望小売価格(消費税8%込み)
【ジェイド】
■HYBRID:2,720,000円
■HYBRID X:2,920,000円
※ 価格には、保険料、税金(消費税を除く)、登録などに伴う費用は含まれません
※ 自動車リサイクル法の施行によりリサイクル料金が別途必要。リサイクル料金は、リサイクル預託金(シュレッダーダスト、エアバッグ類、フロン類のリサイクルなどに必要な費用、情報管理料金)および資金管理料金の合計金額
※ ホワイトオーキッド・パール、スーパープラチナ・メタリック、プレミアムディープロッソ・パール、プレミアムブルーオパール・メタリックは37,800円(消費税抜き 35,000円)高

【ジェイドの主な特長】

■さまざまなシーンに応える居住性と使い勝手の良さを追求した室内空間とパッケージ

・ 1列目シートは爽快なドライビングゾーンを目指し、セダンと同等のドライビングポジションを実現。路面からの情報をドライバーに伝え、安定したドライビングフィールをもたらします。
・ 2列目シートの「Vスライドキャプテンシート」は、リアのホイールハウスを避け、斜め後方へ大きくスライドさせる新機構で、足元に広いスペースを創り出します。シートを後ろに下げるほどシート位置が内側に寄っていくため、2列目シートでも快適な前方視界が得られます。
・ 3列目シートは、用途や積む物に合わせて左右独立してシートを倒すことができる「5:5分割床下格納機構」を採用。ストラップを引くだけの簡単操作で、フラットで使いやすいラゲッジスペースが生まれます。
・ ハイブリッドシステムの「IPU(インテリジェントパワーユニット)」を、Hondaのハイブリッド車としては初めてセンターコンソール内に配置することで、広い荷室空間と3列目シートのゆとりを確保しました。

■よりコンパクトに、より薄く。超高密度低床プラットフォーム

・ 低全高のスタイリングでありながら、ゆとりあるキャビンスペースを確保するため、プラットフォームの密度を高めて低床化。燃料タンクや排気システムをコンパクトに薄型化し、低床化に寄与するダブルウィッシュボーンサスペンションを採用。さらに、リアサスペンションのアッパーアームを湾曲させることにより、3列目のフラットな足元空間を実現しました。

■オーナーの所有する喜びを満たすセダン並みの低全高エクステリアデザイン

・ フロントマスクは、グリルとヘッドライトを横基調で結んだHondaのデザインアイデンティティー「ソリッド・ウイング・フェース」を採用しました。
・ 1,530mmの低全高を実現したジェイドは、多くの立体駐車場に対応。ゆとりあるキャビンスペースと取り回しの両立を考え、全長を4,650mmに設定し、街中での扱いやすさに配慮しています。
・ リアコンビランプは、リアウインドウと連続性のあるグラフィック処理で一体感を保ちつつ、テールランプとストップランプにLEDを採用し、上質感を演出しました。

■上質感と先進感を追求したインテリアデザイン

・ ステアリングホイールの奥には、助手席と左右対称となる大胆な平面を創出。シルバー加飾で縁取りした木目加飾パネルを配置することで、上質な家具を思わせるデザインとしました。
・ 素材の質感にこだわり、シートサイド部には、汚れに強く手入れが楽で、しっとりと手に馴染むプライムスムースを採用※5。座面と背もたれのファブリックには、スポーツウェアなどに用いられる、通気性と耐摩耗性に優れた素材を使用し、機能性と美しさを備えたシートとしています。

※5 タイプ別設定

■クラストップレベル※6の低燃費と力強い走りを実現するSPORT HYBRID i-DCD

・ 1.5L直噴DOHC i-VTECエンジンに高出力モーターを内蔵した7速DCTと、リチウムイオンバッテリー内蔵のIPUを組み合わせたSPORT HYBRID i-DCDを採用。クラストップレベル※6となる25.0km/L(JC08モード)の低燃費を実現しています。

※6 乗用ミニバンクラス(2015年2月現在。Honda調べ)

■先進の安全運転支援システムHonda SENSINGを装備

・ フロントエンブレム裏に設置したミリ波レーダーと、フロントウインドウ内上部に設置した単眼カメラという、特性の異なる2種類のセンサーで構成。ミリ波レーダーは、さらに性能を向上させ、対象物体の位置や速度だけでなく、検知が難しいとされてきた電波の反射率が低い歩行者まで検知対象を拡大しました※7。また、単眼カメラは車両前方約60mまでの歩行者や対象物体の属性、大きさなどを識別、より精度の高い認識を可能としました。

※7 各機能の能力(認識能力・制御能力)については限界があります。道路状況、天候状況によっては、作動しない場合や十分に性能を発揮できない場合があります。

■より高い安心をもたらす先進装備と安心性能

・ 助手席ドアミラー外側下部に装備したカメラの画像をナビ画面に表示する「LaneWatchTM」を装備※8。車線変更や合流、左折時に見えにくい助手席側後方の状況を表示し、安全な運転をサポートします。
・ Honda独自のGコントロール技術による自己保護性能と、相手車両への攻撃性低減を両立した「コンパティビリティー対応ボディー」や、万が一の際に歩行者へダメージを与えやすいボディー前部に、衝撃をやわらげる構造の「歩行者傷害軽減ボディー」を採用。
・ 事故の未然防止を目指すアクティブセーフティーは、「VSA(車両挙動安定化制御システム)」や「ヒルスタートアシスト機能」に加え、急ブレーキ時に後続車へ注意を促す「エマージェンシーストップシグナル」を全タイプに標準装備。

※8 Hondaインターナビとセットでメーカーオプション設定

クリックでタグの選択
最新ニュース
間違いなく史上最強! キープコンセプトながら中身は刷新された3代目カイエン(2018/05/11)
魔法の絨毯のようなロールス・ロイス ファントムは、運転席こそが特等席だ(2018/05/09)
ライバルひしめくDセグに乗り込んだジュリアは、イタリア車の既成概念を打ち破る1台だ(2018/05/05)
情熱にも冷静にも対応できる車、それがアウディ Q5だ(2018/05/01)
ディーゼル車はパワーを、ガソリン車はインテリジェンスを手に入れたマツダ CX-5(2018/04/30)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027