新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧スバル フォレスター 【フルモデルチェンジ】 / navi

クルマニュース

スバル フォレスター 【フルモデルチェンジ】 / navi

(2007/12/25)

シャーシもエンジンもオールニュー
SUVらしい迫力と広くて快適な室内を手に入れた

(Photo/尾形和美)
スバル フォレスター
↑従来モデルと較べると全長で+75mm、全幅で+45mm、全高で+85mm(ルーフレールなし)、ホイールベースで+90mmとされた
コンセプト
パッケージの徹底的な作り込みに加え
上質な走りと優れた環境性能を追求
フォレスターはワゴンとSUVの良いところを併せ持ったモデルとして1997年にデビュー。そして02年には二代目へと進化。今回のフルモデルチェンジで三代目となる。今回、掲げられたテーマは3つ。ボディをむやみに大型化せず、広い居住空間を作り出すこと。SIシャーシやシンメトリカルAWDなどで、上質な走りを達成すること。そして優れた燃費と環境性能を実現すること、である。そして「より安全に、より快適に、より楽しく」というスバルの車作りの思想を具現化するクロスオーバーとして開発されている。
バリエーション
フラット4は新設計のNAとターボ
またSIドライブや新リアサスを採用
バリエーションは3グレード。148psを発生する2.0L水平対向4気筒の2.0Xと2.0XS。そして230psを発生する、2.0L水平対向4気筒ターボの2.0XT。両エンジンとも新設計のDOHCヘッドが採用されたほか、NAは吸気側にAVCS(可変バルブ)を備え、ターボはバルブ周りやインタークーラーの改良などによって、ともに燃費や性能を格段に向上せている。ちなみに最高出力は従来モデルと較べると、NAで8psアップ、ターボで10psアップである。
組み合わされるトランスミッションは、スポーツシフトを備えたゲート式4ATと5MT。最上級グレードの2.0XTの4ATには3つのエンジン特性を選べるSIドライブが装備される。ちなみに5MT車にはヒルスタートアシストが採用されている。
4WDシステムは、ATにアクティブトルクスプリット式、MTにビスカスLSD付きセンターデフ式と使い分けられている。そのほかVDC(横滑り防止装置)が標準装備、リアサスペンションは低床式のダブルウィッシュボーンが新たに採用された。
ボディカラーはカメリアレッドパールやセージグリーンメタリックなどの新色を含む、全8色(一部グレードを除く)。
内外装
サッシュ付きドアの採用や
ドア開口部拡大で乗降性をアップ
エクステリアデザインでは、鷹の目をモチーフにした異型一体型4灯式ヘッドライトや、フロントからリアに入るキャラクターライン、そして大きく張り出したホイールアーチなど、SUVらしい力強さが巧みに表現されている。また16/17インチのアルミホイールは質感のある5本スポークだ。
インテリアはモダンでクールなプラチナタイプ、上質でスポーティなジェットブラックタイプの2つのバリエーションが用意され、大型ガラスサンルーフもメーカーオプションで選択可能に。またホイールベースの延長とリアオーバーハングの短縮により室内が広くなっている。
装備面では、A4サイズのノートパソコンも収納できる大型コンソールボックスが備わる。また2.0XSと2.0XTには外部入力端子が用意されるなど、携帯オーディオに対応している。 そのほかでは、リアの中央シートにも3点式シートベルトが装備されたほか、イモビライザーや盗難防止アラームは標準装備。またクラッシュの際にドアが開かなくなるケースを防ぐ構造もとられている。
POINT

[1]ボディ上部のシャープなラインと
    下部の力強さがバランスされた外観
スバル フォレスター リアエクステリア
[2]XSやXTにMP3/WMA対応の
    オーディオ+外部入力端子を装備
スバル フォレスター インパネ
[3]ソフトフラットに代表される
   シートアレンジも豊富
スバル フォレスター シート
[4] ターボも平成17年基準排出ガス
    50%低減レベルを達成
スバル フォレスター エンジン


グレード 2.0X2.0XS2.0XT
駆動方式 4WD
トランスミッション 4AT5MT4AT5MT4AT5MT
全長×全幅×全高(mm) 4560×1780×1675
ホイールベース(mm) 2615
車両重量(kg) 145014301450143014801480
乗車定員(人) 5
エンジン種類 水平対向4DOHC水平対向4DOHCターボ
総排気量(cc) 1994
最高出力[kW(ps)rpm] 109(148)/6000 169(230)/5600
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm] 191(19.5)/3200319(32.5)/2800
10・15モード燃費(km/L) 13.814.013.814.013.013.0
ガソリン種類/容量(L) レギュラー/60 プレミアム/60
車両本体価格(万円) 204.75 199.5 220.5 215.25 257.25 252.0
発表日:平成19年12月25日 取り扱い:スバル店
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】マツダ CX-8/CX-5/CX-30│まさかここまでとは! オフロード試乗でわかった、マツダSUVシリーズ真の実力(2020/02/28)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLCクーペ|力強い体躯を軽快にコントロールする新エンジン(2020/02/27)
【試乗】新型 スカイライン 400R|国産らしさをしっかり残した、職人の仕事場のようなモデルだ(2020/02/25)
【試乗】新型 ボルボ S60 T6 ツインエンジン AWD インスクリプション|モーターとエンジンが違和感なく調和して乗りやすい(2020/02/25)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
3
down
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
4
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
7
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
8
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
9
down
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
10
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027